113 : 疑問に遠い揺らぎ

 

 

- 更新 It is an update on January 1, 2020. -

……………………………………………………………………………………………………………………

■ CAUTION : ご注意 |  当方のURL検索において表示される他不正サイトについて
OFFICE KANKE / ARTWORK : Weblog pen of the falcon
→ http://office-kanke.com/blog/061-:-刹那と変化を望刻に結びつつ-24657.html

……………………………………………………………………………………………………………………

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2020 )

 

 

 

Retrato de un erudito (¿Arquímedes?); Archimedes Thoughtful, circa 1620, Domenico Fetti, Gemäldegalerie Alte Meister, Dresden, Germany.

 

 

Man has always learned from the past. After all, you can’t learn history in reverse!

 

Archimedes

 

 

人は常に過去から学んできた 結局のところ 歴史を逆に学ぶことはできないのだ!

 

 

 

 

ARTWORK : 113 「  疑問に遠い揺らぎ 」

 

 

Mond und Menschen    

 

Solang wir auf der Erde sind,erblicken wir
Den Mond in seinem Märchenglanz,der nie vergeht.

So wie das Wasser still des Flusses Laufe folgt,
So wandert er in jeder Nacht die sichre Bahn.

Nie sehen wir,daß er auf seiner Wandrung stockt,
Noch daß er einen kleinen Schritt sith rückwärts kehrt.

Dagegen wir verwirrte Menschen: unstet ist
Und ruhlos alles,alles,was wir denken,was wir tun.

 

Mond und Menschen Op.27-34 Stücke für gemischten Chor
Hans Bethge
Arnold Schonberg

 

 

月と人間

 

この地上にある限り 我らは見る
月が その幻想的な輝きを 褪せることなく照らし出すのを

ちょうど水が静かに 川の流れに従って行くように
月は毎晩 決まった軌道を進んで行くのだ

我らは決して見ることはない 月がその流離いの途中で止まったり
ほんの小さな一歩でも 後ろに下がったりすることなど

その一方 我ら惑える人間たちは 不安定で
落ち着きないのだ すべてに すべてにおいて 考えることも 行うことも

 

 

 

 

春江花月夜

 

春江潮水連海平
海上明月共潮生
灩灩隨波千萬里
何處春江無月明
江流宛轉遶芳甸
月照花林皆似霰
空裏流霜不覺飛
汀上白沙看不見
江天一色無繊塵
皎皎空中孤月輪
江畔何人初見月
江月何年初照人
人生代代無窮已
江月年年祗相似
不知江月待何人
但見長江送流水

白雲一片去悠悠
青楓浦上不勝愁
誰家今夜扁舟子
何處相思明月樓
可憐樓上月裴回
應照離人妝鏡臺
玉戸簾中卷不去
擣衣砧上拂還來
此時相望不相聞
願逐月華流照君
鴻雁長飛光不度
魚龍潛躍水成文
昨夜閒潭夢落花
可憐春半不還家
江水流春去欲盡
江潭落月復西斜
斜月沈沈藏海霧
碣石瀟湘無限路
不知乘月幾人歸
落月搖情滿江樹

 

「春江花月夜」
張若虚 Tschan-Jo-Su

 

 

…… 江(かわ)の水も空も 一色に澄み渡って
白々と冴え渡るのは ただ空の月輪だけ
江べりで初めて月を見た人は どんな人だったんだろうか
この江を照らす月が 初めて人を照らしたのは
いった いつのことだったのだろうか
人の一生は 代々替わって 留まることは 決して無いが
この江の月は 決して変わることは無い
知らない この月が いったい誰を待っているのか
私が 見ることが出来るのは 
ただ この長江が ひたすら流れるありさまばかりなのだ ……

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

112 : 離れて遠く時回り

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2019 )

 

 

 

Rehearsal of the Pasdeloup Orchestra at the Cirque d’Hiver, 1878. John Singer Sargent, OriginParis, The Art Institute of Chicago Chicago’s Grant Park、South Michigan Avenue, Chicago.

 

 

 

 

ARTWORK : 112 「 離れて遠く時回り 」

 

 

A Psalm of Life( What the heart of the young man said to the Psalmist )  

 

Tell me not, in mournful numbers,
Life is but an empty dream!
For the soul is dead that slumbers,
And things are not what they seem.
 
Life is real! Life is earnest!
And the grave is not its goal;
Dust thou art, to dust returnest,
Was not spoken of the soul.
 
Not enjoyment, and not sorrow,
Is our destined end or way;
But to act, that each tomorrow
Find us farther than today.
 
Art is long, and Time is fleeting,
And our hearts, though stout and brave,
Still, like muffled drums, are beating
Funeral marches to the grave.
 
In the world’s broad field of battle,
In the bivouac of Life,
Be not like dumb, driven cattle!
Be a hero in the strife!
 
Trust no Future, howe’er pleasant!
Let the dead Past bury its dead!
Act,―act in the living Present!
Heart within, and God o’erhead!
 
Lives of great men all remind us
We can make our lives sublime,
And, departing, leave behind us
Footprints on the sands of time;―
 
Footprints, that perhaps another,
Sailing o’er life’s solemn main,
A forlorn and shipwrecked brother,
Seeing, shall take heart again.
 
Let us, then, be up and doing,
With a heart for any fate;
Still achieving, still pursuing,
Learn to labor and to wait.

 

A Psalm of Life( What the heart of the young man said to the Psalmist ), 1838.  
Henry Wadsworth Longfellow

 

 

人生讃歌( 若者の心が讃美歌作者に語ったこと )

 

言わないでくれ 悲しげな調子で
人生は 儚い夢だとなんか
眠りこける魂なら 死んでいるも同然だ
外見とは違う その魂が見るものは 真実ではない
 
人生は 現実だ 人生は 厳粛だ 本質だ
そして 人生のゴールは 墓場ではない
塵から生まれ 塵に還るのだ 汝塵なれば塵に帰るべしとは
魂のことではない 魂についての汝の教えではない魂のことではない
 
最終の目的地 進むその先は
歓楽に喜びでもなく 悲哀に悲しみでもない
我らの定めは 行動すること 今日の行動が 明日を導き
明日の行動がさらなる明日を生む 今日よりも進んだ者となるように
 
芸術は長く 光陰は忽ち過ぎ 人生は短く 時の流れは速い
我らの心臓は 逞しく頑健で勇敢に勇ましくとも
常に くぐもった太鼓さながら ビートを刻む
それは 墓場へと向かう葬送行進曲を打ち続く
 
この世界の広い戦場で
人生の野営地で
黙って追い立てられる家畜のようになるな
断乎として戦う勇士となれ 英雄であれ
 
いかに心地良くとも 未来を信じて頼ることより 今を楽しめ
死たる過去は その過去に死にたる者と葬らしめよ
行動あるのみ 生きている今 現在に活動せよ
心に勇気を 頭上に神を抱いて
 
偉大な人々の生涯は 教えてくれる
我らも 気高くなして人生を昇華できると
死んだ時には この世を去る時には
時の砂の上に 足跡を残していけることを
 
その足跡を あわよくば 他の誰かが
人生の厳粛な大海原に 船を進め
寄るべくなくして侘しく難破した仲間が 同胞が
見つけ 目にとめて 勇気を奮い起こすことだろう
 
されば 我ら 奮起して励もう
いかなる運命が待ち受けようが 勇気を持って
必ずやり遂げ 絶えず追い求め
刻苦して力を尽くし あとは待つことを学ぼう

 

 

 

 

 

portion : Rehearsal of the Pasdeloup Orchestra at the Cirque d’Hiver, 1878. John Singer Sargent, OriginParis, The Art Institute of Chicago Chicago’s Grant Park、South Michigan Avenue, Chicago.

 

 

 

 

Mezzo Camminin( the middle of the journey of our life )

 

Half of my life is gone, and I have let
The years slip from me and have not fulfilled
The aspiration of my youth, to build
Some tower of song with lofty parapet.
Not indolence, nor pleasure, nor the fret
Of restless passions that would not be stilled,
But sorrow, and a care that almost killed,
Kept me from what I may accomplish yet;
Though, half-way up the hill, I see the Past
Lying beneath me with its sounds and sights,—
A city in the twilight dim and vast,
With smoking roofs, soft bells, and gleaming lights,—
And hear above me on the autumnal blast
The cataract of Death far thundering from the heights.

 

Mezzo Camminin, 1842.
( “the middle of the journey of our life”, La Divina Commedia, Dante Alighieri )
Henry Wadsworth Longfellow

 

 

人生の半ばで

 

私の人生の 半分は過ぎ去り
そして 自身が 月日が 私から滑り落ちるように 満たされず過ぎていき
高く堂々とした胸壁とともに いくつかの詩の塔を建てるという
私の若き日の夢が 未だ果たされていない ということを容認してきた
鎮められないほどに激しいのは 情熱に身を任せることを怠ったことへの後悔とか
喜びとか苛立ちではなくて 悲しみと そして もうほとんど押し殺されたのだが 懸念であり
それらの感情は 私がこれから成し遂げようとしている若き日の夢から 私を遠ざけてしまう
私は 丘の中腹にいて 丘の麓に蹲る過去を見渡している
私の遥か下方に その音と光景とともに 私の下に じっと横たわる過去を
薄暗く広大な黄昏どきの街
その中に 煙に塗れた屋根や 柔らかい鐘の音 そして煌めく微かな光がある
にもかかわらず 私は 秋の風の一吹きを この耳に聴き
靄に包まれた死 未来は 遥か高みから 轟いているように感じられる

 

 

 

 

…… O my beloved, my sweet Hesperus! My morning and my evening star of love! ……

 

Sonnet ” The Evening Star “, 1845. Henry Wadsworth Longfellow

 

 

…… おお 私の愛するいとしい金星! 私の朝のそして夜の愛の星!……

 

 

 

 

 

Rehearsal of the Pasdeloup Orchestra at the Cirque d’Hiver, between circa 1879 and circa 1880. John Singer Sargent, Museum of Fine Arts in Boston, Massachusetts.

 

 

 

 

Christmas Bells ( I Heard The Bells On Christmas Day )

 

I Heard the Bells on Christmas Day 
Their old familiar carols play,
And wild and sweet the words repeat
Of peace on earth, good will to men.

I thought how, as the day had come,
The belfries of all Christendom
Had rolled along the unbroken song
Of peace on earth, good will to men.

And in despair I bowed my head:
“There is no peace on earth,” I said,
“For hate is strong and mocks the song
Of peace on earth, good will to men.”

Then pealed the bells more loud and deep:
“God is not dead, nor doth he sleep;
The wrong shall fail, the right prevail,
With peace on earth, good will to men.”

Till, ringing singing, on its way,
The world revolved from night to day,
A voice, a chime, a chant sublime,
Of peace on earth, good will to men!

 

” Christmas Bells “( I Heard The Bells On Christmas Day ), 1863.
Henry Wadsworth Longfellow

 

 

クリスマスの鐘

 

クリスマスの日 聞こえてきる鐘の音
お馴染みのキャロルが流れ
激しく 優しく 繰り返し
世に平和あれ 人に友愛あれ と

わたしは思う その日になると
キリストの鐘楼が 挙って
変わらぬその歌を 鳴り響かせてきたことを
世に平和あれ 人に友愛あれ と

絶望に打ち拉がれ わたしは呟く
この世に 平和などあるものか
憎しみが蔓延り 嘲笑っている
世に平和 人に友愛という その歌を

鐘の音は鳴り響く さらに大きく さらに深く
神は死なず 眠りもしない
邪悪は滅び 正義は栄える
世の平和 人の友愛とともに

鳴り続け 歌い続ける その中で
世界は 夜から昼へと 回りゆく
荘厳な鐘の音 その歌声 
世に平和あれ 人に友愛あれ

 

 

 

 

…… Such is the cross I wear upon my breast
These forty five years, through all the changing scenes
And seasons, changeless since the day she died. ……

 

Sonnet ” Cross of Snow “, 1879. Henry Wadsworth Longfellow

 

 

…… これが 私が胸につける十字架
この四十五年間 景色がいくら変わり
季節がいくら変わろうと 彼女の死の日より変わらずに ……

 

 

 

 

 

portion : Rehearsal of the Pasdeloup Orchestra at the Cirque d’Hiver, between circa 1879 and circa 1880. John Singer Sargent, Museum of Fine Arts in Boston, Massachusetts.

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

111 : 一つの不思議なエモーション

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2019 )

 

 

 

La Meditazione / Melancholy ; Meditation, 1618. Domenico Fetti, Gallerie dell’Accademia, Venice, Italy.

 

 

 

 

ARTWORK : 111 「 一つの不思議なエモーション 」

 

 

L’amour et le crâne  

 

L’amour est assis sur le crâne
De l’Humanité
et sur ce trône le profane,
Au rire effronté,

Souffle gaiement des bulles rondes
Qui montent dans l’air,
Comme pour rejoindre les mondes
Au fond de l’éther.

Le globe lumineux et frêle
Prend un grand essor,
Crève et crache son âme grêle
Comme un songe d’or.

J’entends le crâne à chaque bulle
Prier et gémir:
– “Ce jeu féroce et ridicule,
Quand doit-il finir?

Car ce que ta bouche cruelle
Eparpille en l’air,
Monstre assassin,c’est ma cervelle,
Mon sang et ma chair!”

 

L’amour et le crâne, Charles Baudelaire
L’amour et le crâne Op.20, Vincent d’Indy

 

 

アモールと頭蓋骨

 

アモールは腰かけている 頭蓋骨の上に
人類の
この王座の上で不敵に
生意気に笑っている

吹いている 楽しそうにシャボン玉を
空に向かって
まるで 様々な別世界と合体させようとしているように
エーテルの奥底で

輝く 壊れやすいその球は
とても高く昇って行き
弾けて吐き出すのだ 奴のひょろっとした魂を
まるで 黄金の夢のように

聞こえてくる 玉が弾けるたびにその頭蓋骨が
祈り 呻いているのが:
「この残酷で馬鹿げたゲームは
いったいいつ終わるのだ?

お前の残酷な口が
空気中にばら撒いてるのは
人殺しの化け物め それは俺の脳みそと
俺の血と俺の肉なんだぞ!」と

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

110 : 畏れ無き緊迫

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2019 )

 

 

 

Gamaun / The prophetic bird, 1897. Viktor Mikhaylovich Vasnetsov.
Description : В. М. Васнецов «Гамаюн, птица вещая», 1897 г. Дагестанский музей изобразительных искусств им. П. С. Гамзатовой.
Collection : Institution / Daghestan Museum of Fine Arts
Source / Photographer : internet

 

 

 

 

ARTWORK : 110 「 畏れ無き緊迫 」

 

 

Gamajun pita veshchaja Op.127-2  

 

Na gladjakh beskonechnykh vod,
Zakatom v purpur oblechjonnykh,
Ona veshchajet i pojot,
Ne v silakh kryl podnjat’ smjatjonnykh…

Veshchajet igo zlykh tatar,
Veshchajet kaznej rjad krovavykh,
I trus,i golod,i pozhar,
Zlodejev silu,gibel’ pravykh…

Predvechnym uzhasom ob”jat,
Prekrasnyj lik gorit ljubov’ju,
No veshchej pravdoju zvuchat
Usta,zapekshijesja krov’ju!

 

Gamajun pita veshchaja Op.127-2 7 Stikhi Aleksandr Bloka
Aleksandr Aleksandrovich Blok
Dimitry Shostakovich

 

 

予言の鳥 ” ガマユーン ” / アレクサンデル・ブロークの詩による7つのロマンス

 

限りなく広がる 大海原の果て
紫色に染まった夕日が沈む
一羽の鳥が歌う 予言する
力なく 震える羽根を上げることすらできず

鳥は予言する タタールのくびきを
血を流した あまたの処刑者のことを
戦乱を 飢えを 災害を
そしてまた 悪の隆盛を 正義の喪失を

予言の恐ろしさを 包み隠そうと
鳥の美しい顔は 愛に燃えている
だが 恐ろしい予言を 告げ続ける
その嘴は 血に染まるのだ

 

 

 

 

 

Gamaun / The prophetic bird, Drawings. 1895. Viktor Mikhaylovich Vasnetsov.
Description : В. М. Васнецов. «Гамаюн, птица вещая». 1895 год. Картон, акварель, бронзовый порошок, графитный карандаш. 46х33 см.
Source : Пресс-релиз галереи «Элизиум»

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

109 : 心のありよう

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2019 )

 

 

 

The Libyan Sibyl, 1508-12. fresco, Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni, from the ceiling of the Sistine Chapel, Vatican City, Vatican Museums.

 

 

 

 

 

The Libyan Sibyl, 1508-12. fresco, Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni, from the ceiling of the Sistine Chapel, Vatican City, Vatican Museums.

 

 

 

 

ARTWORK : 109 「 心のありよう 」
こころの叫び ” 情熱の蛇状と炎昇の捻じれ ”
maniera / Manierismo : マニエラ / マニエリスム

 

 

Istina Op.145-1 Sjuita na slova Mikelandzhelo Buonarroti

 

Signor,se vero è alcun proverbio antico,
questo è ben quel,che chi può,mai non vuole.
Tu hai creduto a favole e parole,
e premiato chi èl del ver nimico.

Io sono,e fui già tuo buon servo antico;
a te son dato come i raggi al sole;
e del mio tempo non t’incresce o duole,
e men ti piaccio se più m’affatico.

Già sperai ascender per la tuo altezza;
e ‘l giusto peso,e la potente spada
fassi al bisogno,e non la voce d’ecco.

Ma ‘l cielo è quel ch’ogni virtù disprezza
locarla al mondo,se vuol ch’altri vada
a prender frutto d’un arbor ch’è secco.

 

Istina Op.145-1 Sjuita na slova Mikelandzhelo Buonarroti
Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni
Dimitry Shostakovich

 

 

真実 / ミケランジェロの詩による組曲

 

ああ 主よ もし古い諺に 真理があるのなら
それは 正に こういうことなのか できる者は それをしたがらないということか
あなたは 戯言や甘言を信じになり
真理の敵に報いられた

わたしは 今も そして ずっと昔から あなたの忠実な召使だった
あなたと共にあった まるで 光が太陽と共にあるかのように
わたしは 限りない時間を費やし それでも あなたは満足されない
一所懸命に努めるほどに あなたの不興を買う

わたしは あなたの高みに 登りたいと望み
正義の裁きと強力な剣を
ずっと求めてきまた こんな虚しい こだまではなく

だが 天は すべての美徳を馬鹿にして
このような世だけを遣わされた
枯れた木から 果実を取れとばかりに

 

 

 

 

 

Deckenfresko zur Schöpfungsgeschichte in der Sixtinischen Kapelle, Szene in Lünette: Die Libysche Sibylle, 1508-1512. fresco, Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni, from the ceiling of the Sistine Chapel, Vatican City, Vatican Museums.

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

108 : 迷宮での踊り

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2019 )

 

 

 

Techo de la Capilla Sixtina, Lightmatter Sistine Chapel ceiling, 1508–1512. Fresco, Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni、Sistine Chapel, Vatican City, Vatican Museums.

 

 

 

 

 

Techo de la Capilla Sixtina, Lightmatter Sistine Chapel ceiling, 1508–1512. Fresco, Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni、Sistine Chapel, Vatican City, Vatican Museums.

 

 

 

 

 

Techo de la Capilla Sixtina, Lightmatter Sistine Chapel ceiling, 1508–1512. Fresco, Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni、Sistine Chapel, Vatican City, Vatican Museums.

 

 

 

 

 

The Sistine Chapel, Vatican City ; Interno della Cappella Sistina in Vatican City, Vatican Museums.
http://www.museivaticani.va/

 

 

 

 

” l’ho gia’fatto un gozzo in questo stento ” – Gustave Moreau –

 

I’ho già fatto un gozzo in questo stento,
coma fa l’acqua a’ gatti in Lombardia
o ver d’altro paese che si sia,
c’a forza ’l ventre appicca sotto ’l mento.
La barba al cielo, e la memoria sento5
in sullo scrigno, e’l petto fo d’arpia,
e’l pennel sopra ’l viso tuttavia
mel fa, gocciando, un ricco pavimento.

E’lombi entrati mi son nella peccia,
e fo del cul per contrapeso groppa,10
e’passi senza gli occhi muovo invano.
Dinanzi mi s’allunga la corteccia,
e per piegarsi adietro si ragroppa,
e tendomi com’arco sorïano.
Però fallace e strano15
surge il iudizio che la mente porta,
ché mal si tra’ per cerbottana torta.
La mia pittura morta
difendi orma’, Giovanni, e’l mio onore,
non sendo in loco bon, né io pittore.

 

Michelangelo : To Giovanni da Pistoia, 1508-1510.( or 1509. )

 

 

私は すでにこの困難に苦しんでおり この辛い仕事のために喉を大きく膨れ上がらせてしまっている
丁度 ロンバルデイアや何処か他の国で 猫たちが水のために喉を腫れらかすように
正に 力ずくで腹を顎の下にくっつけさせるような姿勢での仕事なのだ

髭は 空へと逆立ちをし 頭は 肩に押しやられて 駱駝の瘤みたいになり
胸は まるでハープのように弓なりに曲がってしまった
しかも 絵筆から滴り落ちる絵の具は
顔の上に広がり 色とりどりの模様を作り上げる

腰は 腹の中にめり込んでしまったので
尻で背中の釣り合いをとるしかない
足元が よく見えないので いたずらに足を動かすばかり

体の前面の皮膚は 突っ張り
後ろに体を反らせると 皮膚は 一団をなって垂れ下がり
それはまるでアーチのようで シリア人の弓みたいな格好になる
しかし 不思議なことに 知性というものは
当てにならない妙な考えを起こしてくれるものだ
曲がった吹き矢で 照点を合わせようというのだから

ああ ジョン お願いだ
生気が無いと言われても仕方のないこのような私のために
そして この私の名誉のためにも 弁護をしてほしい 
身動きも ままならない場所での仕事であるし 
それに 絵は もともと私の本職ではない 私は 画家ではないのであるから

 

 

 

 

 

Sonnet with a caricature. circa 1510. Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni, Casa Buonarroti in Florence.

 

 

 

 

ARTWORK : 108 「 迷宮での踊り 」
分岐のない秩序だった一本道 ” 情熱の蛇状と炎昇の捻じれ ”
maniera / Manierismo : マニエラ / マニエリスム

 

 

Noch’ Op.145-9 Sjuita na slova Mikelandzhelo Buonarroti

 

La Notte,che tu vedi in sì dolci atti
dormir,fu da un angelo scolpita
in questo sasso,e perchè dorme ha vita:
Destala,se nol credi,e parlerai. …… Giovanni Strozzi

Caro m’ è ‘l sonno,e più l’esser di sasso,
mentre che ‘l danno e la vergogna dura:
Non veder,non sentir,m’ è gran ventura;
però non mi destar,deh! parla basso. …… Mikelandzhelo Buonarroti

 

Noch’ Op.145-9 Sjuita na slova Mikelandzhelo Buonarroti
Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni, ” La Notte,che tu vedi in sì dolci atti “.
Dimitry Shostakovich

 

 

夜 / ミケランジェロの詩による組曲

 

夜は あなたにはとても安らかに
眠っているように見えていても 天使によって刻まれたのだ
この石の上に そして眠ってはいるがそれは生きている
目覚めさせよ 信じぬならば そして語りかけてみよ

眠りは 心地良い だが 石であることはもっと心地良い
破壊や恥辱が長く続いていても
それを見ず それを聞かずにいるのは なんと幸いなことか
だから 私を目覚めさせるな おお もっと低い声で話せ

 

 

 

 

Il n’y a qu’un héroïsme au monde : c’est de voir le monde tel qu’il est, et de l’aimer.

 

Romain Rolland ” Vie de Michel-Ange ”

 

 

世界には たった一つの英雄心( ヒロイズム )しかない
それは ありのままの世界を見つめ
それを 愛することだ

 

 

 

 

In questa tomba oscura WoO.133

 

In questa tomba oscura
Lasciami riposar;
Quando vivevo,ingrata,
Dovevi a me pensar.

Lascia che l’ombre ignude
Godansi pace almen
E non,e non bagnar mie ceneri
D’inutile velen.

 

In questa tomba oscura   WoO.133
Ludwig van Beethoven
Giuseppe Carpan

 

 

この暗い墓の中に

 

この暗い墓の中で
私を休ませてくれ
私が生きていた時に 不実な人よ
お前が私を思ってくれていたなら

儚い影となった者には
安らぎを与えてくれ
そして 決して 決して私の遺灰に注がないでくれ
その空しい毒で

 

 

 

 

Si la musique nous est chère, c’est qu’elle est la parole la plus profonde de l’âme, le cri harmonieux de sa joie et de sa douleur.

 

Romain Rolland

 

 

音楽が こんなにも 我々たちに大切なのは
音楽が心の最も深いところから湧き出る言葉であり
魂の喜びと悲しみの調和した叫びであるからだ

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

107 : 重要な通りすがり

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2019 )

 

 

 

Salomé dansant devant Hérode, 1871. Gustave Moreau. Musée national Gustave Moreau,
Paris.

 

 

 

 

” L’assembleur de rêves ” – Gustave Moreau –

 

…… On sent, on aime, on sait l’art, mais on n’en parle pas …
Aux bavards, aux critiques de profession, cette désolante dissection des lois, des conditions
de l’art. Et combien d’effroyables erreurs, de niaiseries, de contre-sens, à chaque mot, à chaque phase …
La divination, l’intuition des choses appartiennent à l’artiste et au poète seuls. ……

…… Tout ce qui est beau dans l’art, vraiment rare, tout ce qui relève de ce qu’il y a de plus noble, de plus précieux, de l’esprit et de l’âme, ne peut être copié sur nature … Celui qui ne s’inspire pas seulement de la nature, mais qui la copie, est perdu. ……

…… L’art s’appuyant sur la nature ne peut être réduit à en être l’imitation exacte et servile car, à ce compte, il n’est pas l’art, et la nature est préférable. Quel besoin, en effet, de reproduire sans transformation idéale, personnelle ou particulière? ……

…… L’art est mort le jour où dans la composition, la combinaison raisonnable de l’esprit et du bon sens est venue remplacer, chez l’artiste, la conception imaginative, presque purement plastique, en un mot l’amour de l’arabesque. ……

…… Consentez donc, véritables artistes-peintre, musicien, sculpteur ou poête-à passer pour un fossile aux yeux des gen aveuglés par leurs prétentions ou auprès de vos confrères ……

 

Gustave Moreau, ” L’assembleur de rêves ” 1984. Pierre-Louis Mathieu.

 

 

…… 我々は芸術というものを知っているが
我々は芸術を感じたり 愛したり 知ることはあっても それについて語ることはしない …
職業的な評論家や批評する者たちが担う芸術の法則や条件を分析する困った仕事や
好き嫌い程度のものなど 彼らに任せておけばいい
言葉の一つ一つ 文の一つ一つに 何と多くのお恐ろしい誤りや愚かさと
反感や誤解がこもっていることか …
物事の明察と直観は 芸術家と詩人だけのものだ ……

…… 芸術において 美しいもの 真に稀なもの そのすべて
精神と魂の最も高貴で最も貴重な部分のすべて それらは自然を写す模倣では在り得ない …
自然に触発されて自然から霊感を受けるだけに止まらず 自然を模倣する人は 駄目である ……

…… 自然に基づき 自然を支えにする芸術は 自然の性格で卑屈な模倣に陥ってはならないし
模倣であることに還元することはできない
何故ならば その見方からすると それは芸術ではなくて 自然の方が好ましいからだ
実際 観念 象徴的 総合的 主観的 装飾的なものとして
個人的または特定の理想的な変容無しに
抽象的な観念と表現するべきイマージュの間に形を与えること無しに
再現する必要が何処にあるのだろうか ……

…… 芸術家が作品を構築する際に 精神と常識との合理的な組み合わせが
殆ど純粋に造形的な概念や想像力による構想になってしまうなら
一言で言うならば アラベスクの愛情に取って代わってしまうなら
その日に芸術は死を迎えるのだ ……

…… だから 真の芸術家たちよ 画家 音楽家 彫刻家 または詩人たちよ 
自惚れで目が見えなくなった人々や同業の仲間たちの化石の目に 
そう化石のように映ることを覚悟できるのだろうか ……

 

 

 

 

 

Salome Dancing before Herod, oil on canvas, 1876. Gustave Moreau, Hammer Museum,
Los Angeles.

 

 

 

 

ARTWORK : 107 「 重要な通りすがり 」

 

 

The Decay Of Lying

 

…… Art begins with abstract decoration with purely imaginative and pleasurable work dealing with what is unreal and non-exist.This is the丘rst stage. Then Life becomes fascinated with this new wonder, and askes to be admitted into the charmed circle.…
The third stage is when Life gets the upper hand, and drives Art out into the wilderness. This is the true deca- dence, and it is from this that we are now suffering. ……

…… Paradox though it may seem-and paradoxes are always dangerous things-it is none the less true that Life imitates Art far more than Art imitates Life. ……

…… Scientifically speaking, the basis of life-the energy of life, as Aristotle would call it-is simply the desire for expression, and Art is always presenting various forms through which this expression can be attained. ……

…… What is Nature? Nature is no great mother who has borne us. She is our creation. It is in our brain that she quickens to life. Things are because we see them, and what we see, and how we see it, depends on the arts that have influenced us. To look at a thing is very different from a seeing. One does not see anything until one sees its beauty. Then, and then only, does it come into existence. ……

 

Oscar Fingal O’Flahertie Wills Wilde ” The Decay Of Lying ” 1889.

 

 

…… 架空の存在しないものを取り扱った 純粋に想像力に富んで
楽しい作品にほどこされた抽象的な装飾とともに 芸術は はじまる
これが第一段階である それから人生がこの新しい驚異に魅了され
その魔術界へ入れてもらうことを求める …
第三段階になると 人生のほうが優勢となり 芸術を荒野へと追いやる
これが真の退廃であり これによって 今や我々は 苦しみつつあるのである ……

…… 逆説的に見えるかもしれないが そしていつも逆説とは危険なものなのだが
それでもなお 芸術が人生を模倣するよりもはるかに 人生は芸術を模倣するのだ ……

…… 科学的にいえば 生の基礎は 一生のエネルゲイアは
アリストテレスならこう呼ぶだろうが ただ表現欲望につきる
そして 芸術は 常に この表現が達成しうる様々な形式を提示しているのだ ……

…… 自然とは何だ 自然とは我々を生んでくれた大いなる母なんかじゃない
我々が創ったものなのだ
それが生命をもってよみがえるのは 我々の脳髄の中なのだ
物は 我々がそれらを見るから存在するのであって
我々の見るもの またその見方は 我々に影響を与えてきたその芸術によるものなのだ
見るということは 見えるということとは 大違いなのだ
人は そのものの美が見えるまでは 何も見えてはいない
美を見るとき そして そのときにのみ ものは 実体をもってくるのだ ……

 

 

 

 

 

L’Apparition ; The Apparition oil on canvas, 1876 / 1877. Gustave Moreau, Harvard Art Museums
( Fogg Art Museum ), Harvard University、Cambridge. 

 

 

 

 

” Salomé ” verse drama III 1893. Oscar Fingal O’Flahertie Wills Wilde / H. Bachmann
” Salome ” Op.54 TrV 215 1905. Richard Georg Strauss / Oscar Fingal O’Flahertie Wills Wilde

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the hawk : ESQUISSE
→ http://www.office-kanke.com/workblog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

106 : 半分影

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2019 )

 

 

 

The Lady of Shalott, 1889-92. William Holman Hunt with Edward Robert Hughes,
Wadsworth Atheneum, Hartford, Connecticut.

 

 

 

 

うつせみの世を うつつに住めば 住みうからまし むかしも今も
うつくしき恋 うつす鏡に 色やうつろう 朝な夕なに

 

夏目漱石 「薤露行」 其の二 ” 鏡 ” より シャロットの女の歌

 

 

 

 

 

The Lady of Shalott, 1894. John William Waterhouse, Leeds Art Gallery in Leeds, West Yorkshire, England.

 

 

ARTWORK : 023 「 月読み( つくよみ )」 
→ http://office-kanke.com/blog/023-:-月読み-17464.html

The Lady of Shalott, 1888. John William Waterhouse, Tate Britain, Milbank, City of Westminster, London.
“I am half sick of shadows,” said the Lady of Shalott, 1915. John William Waterhouse, Art Gallery of Ontario, Toronto, Ontario, Canada.

 

 

 

 

ARTWORK : 106 「 半分影 」

 

 

The Lady of Shalott

 

Part I

On either side the river lie
Long fields of barley and of rye,
That clothe the wold and meet the sky;
And thro’ the field the road runs by
To many-tower’d Camelot;
And up and down the people go,
Gazing where the lilies blow
Round an island there below,
The island of Shalott.

Willows whiten, aspens quiver,
Little breezes dusk and shiver
Thro’ the wave that runs for ever
By the island in the river
Flowing down to Camelot.
Four gray walls, and four gray towers,
Overlook a space of flowers,
And the silent isle imbowers
The Lady of Shalott.

By the margin, willow-veil’d
Slide the heavy barges trail’d
By slow horses; and unhail’d
The shallop flitteth silken-sail’d
Skimming down to Camelot:
But who hath seen her wave her hand?
Or at the casement seen her stand?
Or is she known in all the land,
The Lady of Shalott?

Only reapers, reaping early
In among the bearded barley,
Hear a song that echoes cheerly
From the river winding clearly,
Down to tower’d Camelot:
And by the moon the reaper weary,
Piling sheaves in uplands airy,
Listening, whispers “‘Tis the fairy
Lady of Shalott”.

Part II

There she weaves by night and day
A magic web with colours gay.
She has heard a whisper say,
A curse is on her if she stay
To look down to Camelot.
She knows not what the curse may be,
And so she weaveth steadily,
And little other care hath she,
The Lady of Shalott.

And moving thro’ a mirror clear
That hangs before her all the year,
Shadows of the world appear.
There she sees the highway near
Winding down to Camelot:
There the river eddy whirls,
And there the surly village-churls,
And the red cloaks of market girls,
Pass onward from Shalott.

Sometimes a troop of damsels glad,
An abbot on an ambling pad,
Sometimes a curly shepherd-lad,
Or long-hair’d page in crimson clad,
Goes by to tower’d Camelot;
And sometimes thro’ the mirror blue
The knights come riding two and two:
She hath no loyal knight and true,
The Lady of Shalott.

But in her web she still delights
To weave the mirror’s magic sights,
For often thro’ the silent nights
A funeral, with plumes and lights,
And music, went to Camelot:
Or when the moon was overhead,
Came two young lovers lately wed;
“I am half-sick of shadows,” said
The Lady of Shalott.

Part III

A bow-shot from her bower-eaves,
He rode between the barley sheaves,
The sun came dazzling thro’ the leaves,
And flamed upon the brazen greaves
Of bold Sir Lancelot.
A redcross knight for ever kneel’d
To a lady in his shield,
That sparkled on the yellow field,
Beside remote Shalott.

The gemmy bridle glitter’d free,
Like to some branch of stars we see
Hung in the golden Galaxy.
The bridle bells rang merrily
As he rode down to Camelot:
And from his blazon’d baldric slung
A mighty silver bugle hung,
And as he rode his armour rung,
Beside remote Shalott.

All in the blue unclouded weather
Thick-jewell’d shone the saddle-leather,
The helmet and the helmet-feather
Burn’d like one burning flame together,
As he rode down to Camelot.
As often thro’ the purple night,
Below the starry clusters bright,
Some bearded meteor, trailing light,
Moves over still Shalott.

His broad clear brow in sunlight glow’d;
On burnish’d hooves his war-horse trode;
From underneath his helmet flow’d
His coal-black curls as on he rode,
As he rode down to Camelot.
From the bank and from the river
He flashed into the crystal mirror,
“Tirra lirra,” by the river
Sang Sir Lancelot.

She left the web, she left the loom;
She made three paces thro’ the room,
She saw the water-lily bloom,
She saw the helmet and the plume,
She look’d down to Camelot.
Out flew the web and floated wide;
The mirror crack’d from side to side;
“The curse is come upon me,” cried
The Lady of Shalott.

Part IV

In the stormy east-wind straining,
The pale yellow woods were waning,
The broad stream in his banks complaining,
Heavily the low sky raining
Over tower’d Camelot;
Down she came and found a boat
Beneath a willow left afloat,
And round about the prow she wrote
The Lady of Shalott.

And down the river’s dim expanse ­
Like some bold seër in a trance,
Seeing all his own mischance ­
With a glassy countenance
Did she look to Camelot.
And at the closing of the day
She loosed the chain, and down she lay;
The broad stream bore her far away,
The Lady of Shalott.

Lying, robed in snowy white
That loosely flew to left and right ­
The leaves upon her falling light ­
Thro’ the noises of the night
She floated down to Camelot;
And as the boat-head wound along
The willowy hills and fields among,
They heard her singing her last song,
The Lady of Shalott.

Heard a carol, mournful, holy,
Chanted loudly, chanted lowly,
Till her blood was frozen slowly,
And her eyes were darken’d wholly,
Turn’d to tower’d Camelot;
For ere she reach’d upon the tide
The first house by the water-side,
Singing in her song she died,
The Lady of Shalott.

Under tower and balcony,
By garden-wall and gallery,
A gleaming shape she floated by,
Dead-pale between the houses high,
Silent into Camelot.
Out upon the wharfs they came,
Knight and burgher, lord and dame,
And round the prow they read her name,
The Lady of Shalott

Who is this? and what is here?
And in the lighted palace near
Died the sound of royal cheer;
And they cross’d themselves for fear,
All the knights at Camelot:
But Lancelot mused a little space;
He said, “She has a lovely face;
God in his mercy lend her grace,
The Lady of Shalott”.

 

The Lady of Shallot, 1833. Alfred Tennyson / “ Donna di Scalotta ”

 

 

シャロットの妖姫

 

其の一

河の両辺に横はる
大麦及びライ麦の長やかなる畑地
此の畑 岡を覆ひ 又 空に接す
さて 此の畑を貫いて 道は走る
多楼台のカメロット城へ
さて 上にまた下に 人は行く
うちながめつゝ 蓮咲くあたりを
島根に添うて かなた下手の
シャロットの島といふ

垂柳はしろみ 白楊は顫ふ
そよ風は黒みてそよぐ
とこしなへに流れゆく河浪のうちに
河心の島根に添うて
流れ/\て カメロットへ
四のしらけたる障壁と 四の白けたる高楼と
一帯の花野見おろし
此の寂寥たる島が根は蔵すなり
彼のシャロットの妖しの姫を

岸のほとりを しだれ柳につゝまるゝ
重げなる大船ぞ すべる 牽かれて
徐歩の馬に さて 呼びかくる人もなく
此の船は飛ぶぞかし 綾の帆あげて
走りつゝ カメロットへと
しかはあれど 誰れかは見つる 彼の姫の其の手をば打揮るを
若しくは かの窓の下に誰が見つる 立つ彼れを
はた 彼れはしも知らるゝや なべて此のあたりの人に
彼のシャロットの妖しの姫は

ひとり只 麦を刈る男らが 朝まだき麦狩りて
髯のびし大麦のうちに
歌うたふ声を聞くとぞ そは生き/\とひゞくなり
清けくくねり流れゆく かなたなる河辺より
多楼台のカメロットへ
かくて 夜々の月の下に 疲れたる畑つ男が
束ねたる刈穂積みつゝ 風通ふ高き岡べに
其の耳をすまして聞きて ひそやかにつぶやくあり これぞかのシャロットの
あやしの姫と

其の二

そこに 彼の姫は よるも昼も
くしく怪しき綾を織る はでやかなる色したる
予(かね)ても彼れは聞きつ そこともなくさゝやく声を
身の上にまがつひあらんと 若し曾て手をとゞめば
かなたカメロットを見やらんとて
彼れは知らず そのまがつひのいかならんものかをも
されば たゆまずも綾織りて
ほかの心絶えてなし
此のシャロットの妖しの姫は

さて かゆきかくゆき 一の明鏡のうちに
年中つねに其が前にかゝる明鏡のうちに
いそがしき浮世の影ぞ あらはるゝ
そこに眼に見る ほどちかき大路をば
カメロットへ うねくれる
そこに 河水も 渦まきてまきめぐり
又 そこに あらくれる村のをのこも
きぬ赤き市の乙女も
いでてゆく 此の島より

あるときは うれしげなる乙女子の一むれ
さては やすらかに駒あゆまする老法師
あるときは 羊飼ふ ちゞれ毛のわらべ
若しくは 長髪の小殿原 くれないのきぬ着たる
通りゆく影ぞうつる 多楼台のカメロットへ
あるはまた 其の碧なす鏡のうちに
ものゝふぞ 駒に乗りくる ふたり また ふたり
あはれ まだひとりだに真心を傾けて此の姫にかしづく武士もなし
此のシャロットの妖しの姫に

さはれ 姫はいつも/\綾ぎぬを織ることを楽しみとす
鏡なる怪しの影を織りいだすことを
けだし ともすれば さびしき夜半に
亡き人の野べ送りする行列 喪の服に鳥毛を飾り松明をともしつらね
さてはとぶらひの楽を奏し カメロットさして練りゆきけり
又は 夕月の高うなれるころ
まだきのふけふ連れそひし若き男女の むつやかに打語りつゝ来たりけり
あはれ倦みはてつ影見るもと
妖しの姫はいへりけり

其の三

矢ごろばかりに 姫が住む たかどのゝ軒端より
彼の人は騎馬にてゆきぬ 大麦の穂の間を
日の光 まばゆくも葉越しに射して
きらめきぬ 黄銅の胸当の上に
勇敢なるサー・ランセロットが胸当の上に
一個の赤十字架のものゝふ 常に 一佳人の脚下に
跪座せり 彼れが持てる楯の面に
その楯 燦爛たり 黄ばめる畑に映じて
はるかなるシャロットの島外に

珠玉を鏤めたる手づなは くまもなくきらめきぬ
とある連なれる星のやうに 我れ人の
懸かるを見る 彼の黄金なす天の河に
此の手綱に附けたる鈴 心浮き立つやうに鳴りひゞきぬ
カメロットへ志して 彼れが駒を進めける時
また 其の盛飾せる革帯よりは つるされて
一のいみじき白がねの角ぶえぞ 懸かりたる
かくて 駒の進むにつれて 物の具は鏘々として鳴りわたりぬ
かなたシャロットの島辺までも

なべて 青空の 雲もなく晴れたる日に
しげく珠玉もて飾られて 輝けり 鞍のなめし革は
兜も 兜の羽根飾りも
炎々たり 合して一団の猛火の如く
カメロットへ志して 彼れが駒を進めける時
譬へば 折々に 彼の紫だつ夜半の雲を破りて
燦然たる 群星底に
さる長髯の光りものゝ かゞやく尾を長く牽きて
此の孤島頭を過ぐるに似たり

彼れが広やかなる麗しき額は 日の光にかゞやきぬ
美しく磨きたる蹄もて 彼れが軍うまは 踏歩しゆきぬ
彼れが兜の下よりは 石ずみにもまがふ黒きちゞれ毛
房々と垂れかゝり流るゝ如くゆらめきぬ 其の駒の進むにつれて
カメロットへとさしてゆく其の駒のすゝむにつれて
岸よりも また 河よりも
其の人の面影は ひらめきて映りけり 水晶の鏡のうちに
「テラ リラ」と 河辺にそうて
歌ひけりサー・ランセロットは

姫は織り物を打棄てつ 姫は機をも打棄てつ
姫は居間を三あしあゆみつ
咲く蓮の花をも見つ
兜をも羽根をも見つ
姫はカメロットを見わたしけり
突然 織り物はひるがへり 糸は八散してたゞよひぬ
憂然として明鏡は まったゞなかより割れてけり
天罰 我が身にくだりぬと
シャロットの姫は叫びけり

其の四

吹きしきるあらしだつ ひがし風に
青ぐろく黄ばめる森は 見るうちに 葉落ち痩せゆく
はゞ広き川の浪は 其の岸に 悲しくうめき
空はいと低うなりて すさまじく雨ふりそゝぐ
多楼台のカメロットに
姫は高どのをおりきて しだれたる柳のかげに
主もなくたゞよへる 小さき舟を見いだしつ
さて 其の舟の舳のめぐりに 姫は書きぬ
シャロットの島姫と

かくて 蒼茫たる川のあなたカメロットの方を
予め(あらかじめ)おのがわざはひを知悉せる ある膽太き予言者の
斯うと観念せる時のやうに
玻璃の如き面地して
姫はカメロットの方を見つめき
かくて その日のくれがたに
つなげるくさりを解きて 姫は舟底に 打臥しぬ
滔々たる河水は 姫を載せて はるかあなたへと流れ去りぬ
此のシャロットの姫を載せて

打臥して 雪よりも白き衣きて
右に左に ゆた/\とひるがへる
かろやかに散りかゝる木の葉のしたに
さはがしき夜宴のもなかに
姫はカメロットへ流れゆきぬ
さて 姫が乗れる舟の 垂柳の岡に添ひ麦畑の間を経て
めぐり/\て下りける時
城内の人々は いまはの歌をうたふ姫をきゝぬ
歌うたふシャロットの姫を

聴きぬ 神の徳たゝふる歌を かなしうもたふとげなる
はじめは高く 後には低く歌はれし歌を
つひに 血はやう/\こほりて
多楼台のカメロットを ながめつめし姫が目は
こと/″\く昏うなりにけり
蓋し流れ/\て とゞきしまへに
水涯なる第一屋に
いまはの歌をうたひつゝも 島姫はみまかりけり
シャロットの島姫は

高どのゝ下を 露台の下を
園のついぢのほとりを 長廊のほとりを
かすかにきらめく姿となりて しかばねはたゞよひぬ
土気色に青ざめて 高き家々のひまを
寂然と音もせで カメロットの城内まで
いでて来つ 波戸に 皆人
ものゝふも 市人も あて人も 女房も
かくて 船首に 皆読みぬ姫が名を
シャロットの姫といふ

これはたそ さてこゝにあるは何ぞ
かくて程近き ともしびのかゞやける館に
あて人らが 夜遊のさはぎも歇みつ
人々は おぢて十字を切りぬ
カメロットなる ものゝふは皆
しかはあれど ランセロットはしばし沈吟し
いひけらく このをみなのつら らうたし
神よ 大慈心もて 此の女子にめぐみを垂れてよ
此のシャロットの姫にと

 

坪内逍遙 訳 「 シャロットの妖姫 」

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the hawk : ESQUISSE
→ http://www.office-kanke.com/workblog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

105 : 霊魂をめぐる戦い

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2019 )

 

 

 

Saint Eulalia, first exhibited 1885. John William Waterhouse, Tate Britain, Millbank in the City of Westminster in London.

 

 

Isis Apollo Venus nihil est,
Maximianus et ipse nihil:
illa nihil, quia factu manu;
hic, manuum quia facta colit

 

Eulalia de Mérida, circa 290-304. / Aurelius Prudentius Clemens, circa 348-410.

 

 

イシス アポロン そして ウェヌスは滅びた
マクシミアヌスも誰もいない
彼らは何者でもなく 手で作られた細工品だった
手で作られた彼は 彼を作ったその仕業が崇拝されるのだ

 

 

 

 

 

Study for ‘Saint Eulalia’, circa 1885. John William Waterhouse, Tate Britain, Millbank in the City of Westminster in London.

 

 

 

 

ARTWORK : 105 「 霊魂をめぐる戦い 」/ Psychomachia

 

 

Todesmusik

 

In des Todes Feierstunde,
Wenn ich einst von hinnen scheide,
Und den Kampf,den letzten,leide,
Senke,heilige Kamöne,
Noch einmal die stillen Lieder,
Noch einmal die reinen Töne
Auf die tiefe Abschiedswunde
Meines Busens heilend nieder.

Hebe aus dem ird’schen Ringen
Die bedrängte,reine Seele,
Trage sie auf deinen Schwingen,
Daß sie sich dem Licht vermähle.
O da werden mich die Klänge
Süß und wonnevoll umwehen,
Und die Ketten,die ich sprenge,
Werden still und leicht vergehen.

Alles Große werd’ ich sehen,
Das im Leben mich beglückte,
Alles Schöne,das mir blühte,
Wird verherrlicht vor mir stehen.
Jeden Stern,der mir erglühte,
Der mit freundlichem Gefunkel
Durch das grauenvolle Dunkel
Meines kurzen Weges blickte,
Jede Blume,die ihn schmückte,
Werden mir die Töne bringen.

Und die schrecklichen Minuten,
Wo ich schmerzlich könnte bluten,
Werden mich mit Lust umklingen,
Und Verklärung werd’ ich sehen,
Ausgegossen über allen Dingen.
So im Wonne werd’ ich untergehen,
Süß verschlungen von der Freude Fluten.

 

” Todesmutig “ Franz Adolf Friedrich von Schobe
Franz Peter Schubert 「 Todesmusik 」 Op.108 D 758

 

 

死の音楽

 

死の祝祭の時に
私がいつかこの世と別れて
最後の戦いに臨むとき
送ってくれ 聖なるカメナよ
今一度 あの静かな歌を
今一度 あの清らかな調べを
この深い別れの傷から
私の胸を癒すために

この世の争いから引き揚げたまえ
この抑えつけられた清らかな魂を
それを御身の翼に乗せて運び
光と結婚させたまえ
おお そうすれば 私をあの調べが
甘く幸せ一杯に取り巻いて響き
そして 私が弾き飛ばしたあの鎖も
静かにたやすく消えていくだろう

あらゆる偉大なものを 私は見るだろう
人生で私を幸せにしたものを
私に花咲いたあらゆる美しいものが
私の前に また輝かしく現れるだろう
私に輝きかけたあらゆる星
やさしいきらめきで
恐ろしい暗闇の中
私のこの短い旅路を それもまたたくだろう
星を飾っていたすべての花たちも
この響きが私に運んできてくれるだろう

そして この恐ろしい時
そこでは 私が苦しみながら血を流すかも知れないが
その時も 喜びと共に私のまわりで鳴り響き
変容を私は見るだろう
すべての物事に起こる変容を
そんな風に 歓喜のうちに私は滅びるのだ
甘美に 喜びの洪水に 巻き込まれながら

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the hawk : ESQUISSE
→ http://www.office-kanke.com/workblog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

104 : 神々の愛でし人

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2019 )

 

 

ARTWORK_104

 

The Duel After the Masquerade / Suites d’un bal masqué, between 1857 and 1859. Jean-Léon Gérôme, The State Hermitage Museum.

 

 

 

 

ARTWORK : 104 「 Whom the gods love. 神々の愛でし人(空虚への音容) 」/ 解き 与えられなかった運命
< OMNIBUS > 見える音 / 音影の刻印 ” discriminate : 音価と色価の望刻 ”

 

 

L’éternel cyprès m’environne:
Plus pâle que le pâle automne,
Je m’incline vers le tombeau.

 

Évariste Galois ?

 

 

久遠の糸杉が 私を囲む
色褪せた秋よりも なお青ざめて
私は 自ら墓場へ赴く

 

 

 

 

Ne pleure pas, j’ai besoin de tout mon courage pour mourir à vingt ans!

 

Évariste Galois

 

 

僕には もう時間がない

泣かないでくれ
二十歳で死ぬのには
ありったけの勇気が要るのだから

 

 

 

 

MUSICS – MATHEMATICS

Musics is the mathematics of sense , mathematics is the music of reason.

James Joseph Sylvester

 

音楽は 感覚の数学であり 数学は 理性の音楽である

 

 

Weber’s law, Ernst Heinrich Weber.
Weber–Fechner law, Gustav Theodor Fechner.

difference threshold ; difference limen(D.L.)
just noticeable difference, jnd.

 

感覚について 刺激を与えたとき その違いを知覚できる弁別閾は 刺激の強さに比例する
ある空間の音容は distinctive : 弁別的な価値を持つ
すなわち 視感の違いは 意味の違いをもたらす
ある音楽を感じ取ることができる空間の実際の音容は
その周囲の音価と色価とが相貌する空間から 予測可能である

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the hawk : ESQUISSE
→ http://www.office-kanke.com/workblog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/