112 : 離れて遠く時回り

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2019 )

 

 

 

Rehearsal of the Pasdeloup Orchestra at the Cirque d’Hiver, 1878. John Singer Sargent, OriginParis, The Art Institute of Chicago Chicago’s Grant Park、South Michigan Avenue, Chicago.

 

 

 

 

ARTWORK : 112 「 離れて遠く時回り 」

 

 

A Psalm of Life( What the heart of the young man said to the Psalmist )  

 

Tell me not, in mournful numbers,
Life is but an empty dream!
For the soul is dead that slumbers,
And things are not what they seem.
 
Life is real! Life is earnest!
And the grave is not its goal;
Dust thou art, to dust returnest,
Was not spoken of the soul.
 
Not enjoyment, and not sorrow,
Is our destined end or way;
But to act, that each tomorrow
Find us farther than today.
 
Art is long, and Time is fleeting,
And our hearts, though stout and brave,
Still, like muffled drums, are beating
Funeral marches to the grave.
 
In the world’s broad field of battle,
In the bivouac of Life,
Be not like dumb, driven cattle!
Be a hero in the strife!
 
Trust no Future, howe’er pleasant!
Let the dead Past bury its dead!
Act,―act in the living Present!
Heart within, and God o’erhead!
 
Lives of great men all remind us
We can make our lives sublime,
And, departing, leave behind us
Footprints on the sands of time;―
 
Footprints, that perhaps another,
Sailing o’er life’s solemn main,
A forlorn and shipwrecked brother,
Seeing, shall take heart again.
 
Let us, then, be up and doing,
With a heart for any fate;
Still achieving, still pursuing,
Learn to labor and to wait.

 

A Psalm of Life( What the heart of the young man said to the Psalmist ), 1838.  
Henry Wadsworth Longfellow

 

 

人生讃歌( 若者の心が讃美歌作者に語ったこと )

 

言わないでくれ 悲しげな調子で
人生は 儚い夢だとなんか
眠りこける魂なら 死んでいるも同然だ
外見とは違う その魂が見るものは 真実ではない
 
人生は 現実だ 人生は 厳粛だ 本質だ
そして 人生のゴールは 墓場ではない
塵から生まれ 塵に還るのだ 汝塵なれば塵に帰るべしとは
魂のことではない 魂についての汝の教えではない魂のことではない
 
最終の目的地 進むその先は
歓楽に喜びでもなく 悲哀に悲しみでもない
我らの定めは 行動すること 今日の行動が 明日を導き
明日の行動がさらなる明日を生む 今日よりも進んだ者となるように
 
芸術は長く 光陰は忽ち過ぎ 人生は短く 時の流れは速い
我らの心臓は 逞しく頑健で勇敢に勇ましくとも
常に くぐもった太鼓さながら ビートを刻む
それは 墓場へと向かう葬送行進曲を打ち続く
 
この世界の広い戦場で
人生の野営地で
黙って追い立てられる家畜のようになるな
断乎として戦う勇士となれ 英雄であれ
 
いかに心地良くとも 未来を信じて頼ることより 今を楽しめ
死たる過去は その過去に死にたる者と葬らしめよ
行動あるのみ 生きている今 現在に活動せよ
心に勇気を 頭上に神を抱いて
 
偉大な人々の生涯は 教えてくれる
我らも 気高くなして人生を昇華できると
死んだ時には この世を去る時には
時の砂の上に 足跡を残していけることを
 
その足跡を あわよくば 他の誰かが
人生の厳粛な大海原に 船を進め
寄るべくなくして侘しく難破した仲間が 同胞が
見つけ 目にとめて 勇気を奮い起こすことだろう
 
されば 我ら 奮起して励もう
いかなる運命が待ち受けようが 勇気を持って
必ずやり遂げ 絶えず追い求め
刻苦して力を尽くし あとは待つことを学ぼう

 

 

 

 

 

portion : Rehearsal of the Pasdeloup Orchestra at the Cirque d’Hiver, 1878. John Singer Sargent, OriginParis, The Art Institute of Chicago Chicago’s Grant Park、South Michigan Avenue, Chicago.

 

 

 

 

Mezzo Camminin( the middle of the journey of our life )

 

Half of my life is gone, and I have let
The years slip from me and have not fulfilled
The aspiration of my youth, to build
Some tower of song with lofty parapet.
Not indolence, nor pleasure, nor the fret
Of restless passions that would not be stilled,
But sorrow, and a care that almost killed,
Kept me from what I may accomplish yet;
Though, half-way up the hill, I see the Past
Lying beneath me with its sounds and sights,—
A city in the twilight dim and vast,
With smoking roofs, soft bells, and gleaming lights,—
And hear above me on the autumnal blast
The cataract of Death far thundering from the heights.

 

Mezzo Camminin, 1842.
( “the middle of the journey of our life”, La Divina Commedia, Dante Alighieri )
Henry Wadsworth Longfellow

 

 

人生の半ばで

 

私の人生の 半分は過ぎ去り
そして 自身が 月日が 私から滑り落ちるように 満たされず過ぎていき
高く堂々とした胸壁とともに いくつかの詩の塔を建てるという
私の若き日の夢が 未だ果たされていない ということを容認してきた
鎮められないほどに激しいのは 情熱に身を任せることを怠ったことへの後悔とか
喜びとか苛立ちではなくて 悲しみと そして もうほとんど押し殺されたのだが 懸念であり
それらの感情は 私がこれから成し遂げようとしている若き日の夢から 私を遠ざけてしまう
私は 丘の中腹にいて 丘の麓に蹲る過去を見渡している
私の遥か下方に その音と光景とともに 私の下に じっと横たわる過去を
薄暗く広大な黄昏どきの街
その中に 煙に塗れた屋根や 柔らかい鐘の音 そして煌めく微かな光がある
にもかかわらず 私は 秋の風の一吹きを この耳に聴き
靄に包まれた死 未来は 遥か高みから 轟いているように感じられる

 

 

 

 

…… O my beloved, my sweet Hesperus! My morning and my evening star of love! ……

 

Sonnet ” The Evening Star “, 1845. Henry Wadsworth Longfellow

 

 

…… おお 私の愛するいとしい金星! 私の朝のそして夜の愛の星!……

 

 

 

 

 

Rehearsal of the Pasdeloup Orchestra at the Cirque d’Hiver, between circa 1879 and circa 1880. John Singer Sargent, Museum of Fine Arts in Boston, Massachusetts.

 

 

 

 

Christmas Bells ( I Heard The Bells On Christmas Day )

 

I Heard the Bells on Christmas Day 
Their old familiar carols play,
And wild and sweet the words repeat
Of peace on earth, good will to men.

I thought how, as the day had come,
The belfries of all Christendom
Had rolled along the unbroken song
Of peace on earth, good will to men.

And in despair I bowed my head:
“There is no peace on earth,” I said,
“For hate is strong and mocks the song
Of peace on earth, good will to men.”

Then pealed the bells more loud and deep:
“God is not dead, nor doth he sleep;
The wrong shall fail, the right prevail,
With peace on earth, good will to men.”

Till, ringing singing, on its way,
The world revolved from night to day,
A voice, a chime, a chant sublime,
Of peace on earth, good will to men!

 

” Christmas Bells “( I Heard The Bells On Christmas Day ), 1863.
Henry Wadsworth Longfellow

 

 

クリスマスの鐘

 

クリスマスの日 聞こえてきる鐘の音
お馴染みのキャロルが流れ
激しく 優しく 繰り返し
世に平和あれ 人に友愛あれ と

わたしは思う その日になると
キリストの鐘楼が 挙って
変わらぬその歌を 鳴り響かせてきたことを
世に平和あれ 人に友愛あれ と

絶望に打ち拉がれ わたしは呟く
この世に 平和などあるものか
憎しみが蔓延り 嘲笑っている
世に平和 人に友愛という その歌を

鐘の音は鳴り響く さらに大きく さらに深く
神は死なず 眠りもしない
邪悪は滅び 正義は栄える
世の平和 人の友愛とともに

鳴り続け 歌い続ける その中で
世界は 夜から昼へと 回りゆく
荘厳な鐘の音 その歌声 
世に平和あれ 人に友愛あれ

 

 

 

 

…… Such is the cross I wear upon my breast
These forty five years, through all the changing scenes
And seasons, changeless since the day she died. ……

 

Sonnet ” Cross of Snow “, 1879. Henry Wadsworth Longfellow

 

 

…… これが 私が胸につける十字架
この四十五年間 景色がいくら変わり
季節がいくら変わろうと 彼女の死の日より変わらずに ……

 

 

 

 

 

portion : Rehearsal of the Pasdeloup Orchestra at the Cirque d’Hiver, between circa 1879 and circa 1880. John Singer Sargent, Museum of Fine Arts in Boston, Massachusetts.

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/