073 : 地平の申し立て

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2018 )

 

 

Print

 

CLICK UP ! 「 Júpiter y Tetis 」
Jean-Auguste-Dominique Ingres ( 1811 )
Current location : Musée Granet

 

 

 

 

ARTWORK : 073 「 地平の申し立て ( 野放図との架け橋 / 大いなる脈略 ) 」

 

 

プロメテウス

 

お前の空を覆うがいい ゼウスよ
雲の霞で
そして 示すがいい お前の力を試してみるがいい
ちょうど少年が アザミを摘むように
樫の木や山の頂きに お前の力を
けれど 俺の大地は.
そなままにして置け
そして 俺の小屋
おまえが建てたものではない俺のこの小屋も
そして 俺の竈
そこの炎のために
お前が 俺を妬み 俺を羨んでいるこの竈も

俺は お前たち神々ほど これほどまでに哀れな者たちを 他には知らぬ
この太陽の下 お前たちほどの 神々よ
お前たちは かろうじて 哀れにも喰らっている
生贄の捧げものを
祈りの吐息を
お前たちの尊厳を養い 権威のため
そして 餓死するだろう もしも
子供や乞食のような
希望で一杯の愚か者たちがいなければ

俺が 子供の頃には
何もわからず 知らなかったのだ どこがどうなっているのかを
俺は 困惑して揺らぐ目で見上げた
太陽に向かって まるでそこにあるかのように
俺の嘆きを聴いてくれる耳が
俺のもののような心が 俺と同じ 苦しむ者を憐れむ心があるかのように
打ちひしがれた者に慈悲を与えてくれる心が

誰が 俺を助けてくれるというのか
高慢な巨人 ( ティタン ) どもの横暴に対して 俺を助け出したのか
死から救い出したのか 誰が 死から俺を救ってくれるというのか
奴隷の境遇から その暮らしから
お前は そのすべてを自分で お前自身が すべて成し遂げたのではないか
神々しく燃え立つ心よ 俺の心よ
そして お前は 若々しく 未熟で 善良にも燃え上がらせたのだ
騙され 欺かれた その救いの 感謝の思いを そして 捧げ
天で惰眠を貪っている者に対して

俺が お前を讃えるだと お前を歌う 何のために
お前が かつて 苦しむ者の痛みをやわらげてくれたことがあったか
重荷を背負っている者の
お前が 涙を静めてくれたことがあったか
不安におののき さいなまれている者の
俺を 男に鍛え上げたのは
全能の時間ではなかったのか
そして 永遠の運命ではなかったのか
俺の主人であり また お前の主人でもある

お前は 思っているのだろう しかし お前は 勘違いしているのでは
私が 生を厭うているはずだと 人生に嫌気をさして
荒野へと 逃れ出し 去っていくのだろうと
すべての 花のような夢が 実るわけではなく
そのすべては 実現しないからといって

ここに 俺は 座って 己の姿をかたどり 人間なるものを創造している
俺自身の姿に 似せて 一族を
そう 俺と同じ様な種族を 俺と同じように
悩み 苦しみ 泣き
喜び 楽しむ
そして お前を敬ったり崇拝したりしない者を
俺のように 俺と同じ様に

 

 

Prometheus

 

Bedecke deinen Himmel, Zeus,
Mit Wolkendunst
Und übe, dem Knaben gleich,
Der Disteln köpft,
An Eichen dich und Bergeshöhn;
Mußt mir meine Erde
Doch lassen stehn
Und meine Hütte, die du nicht gebaut,
Und meinen Herd,
Um dessen Glut
Du mich beneidest.

Ich kenne nichts Ärmeres
Unter der Sonn als euch, Götter!
Ihr nähret kümmerlich
Von Opfersteuern
Und Gebetshauch
Eure Majestät
Und darbtet, wären
Nicht Kinder und Bettler
Hoffnungsvolle Toren.

Da ich ein Kind war,
Nicht wußte, wo aus noch ein,
Kehrt ich mein verirrtes Auge
Zur Sonne, als wenn drüber wär
Ein Ohr, zu hören meine Klage,
Ein Herz wie meins,
Sich des Bedrängten zu erbarmen.

Wer half mir
Wider der Titanen Übermut?
Wer rettete vom Tode mich,
Von Sklaverei?
Hast du nicht alles selbst vollendet,
Heilig glühend Herz?
Und glühtest jung und gut,
Betrogen, Rettungsdank
Dem Schlafenden da droben?

Ich dich ehren? Wofür?
Hast du die Schmerzen gelindert
Je des Beladenen?
Hast du die Tränen gestillet
Je des Geängsteten?
Hat nicht mich zum Manne geschmiedet
Die allmächtige Zeit
Und das ewige Schicksal,
Meine Herrn und deine?

Wähntest du etwa,
Ich sollte das Leben hassen,
In Wüsten fliehen,
Weil nicht alle
Blütenträume reiften?

Hier sitz ich, forme Menschen
Nach meinem Bilde,
Ein Geschlecht, das mir gleich sei,
Zu leiden, zu weinen,
Zu genießen und zu freuen sich,
Und dein nich zu achten,
Wie ich!

 

 

Franz Peter Schubert, Prometheus D 674.
Johann Wolfgang von Goethe
Hugo Wolf, Lieder nach Texten von Johann Wolfgang von Goethe, “ Prometheus ”

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

■ Official Website : OFFICE KANKE
LINK → http://www.office-kanke.com/ < TOP >
LINK → http://office-kanke.com/office/index.html < HISTORY >
LINK → http://www.office-kanke.com/contents/ < WORK >
LINK → http://www.office-kanke.com/profile/ < RESULTS >

■ Weblog : Pen of the Falcon ( OFFICE KANKE / GK. )
LINK → http://www.office-kanke.com/blog < ARTWORK >

■ Weblog : Pen of the Hawk OFFICE KANKE / GK.
LINK → http://www.office-kanke.com/workblog
 < ESQUISSE >

 

CONTACT → E-mail : OFFICE KANKE

 

 

■ Official Website Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
LINK → http://www.natsuko-kanke.com/
 < TOP >

■ Weblog : Pen of the Spotted Eagle Owl Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
LINK → http://www.natsuko-kanke.com/blog
 < DIARY >

 

CONTACT → E-mail : NATSUKO KANKE