075 : 的追い的外れ

 

 

SERIES ≫  無限定に相対する写像 / 射影配景における切断の意味 ” 華麗な罠 ” ( 2018 )

 

 

Die Sünde _With frame_2

 

CLICK UP ! 「 Lamia / Die Sünde ; The sin 」 With frame
Franz von Stuck ( 1905 )
Current location : Auckland Art Gallery
From Wikimedia Commons, the free media repository, https://commons.wikimedia.org/wiki/File:John_Waterhouse_-_Lamia_-_Google_Art_Project.jpg

 

 

 

 

ARTWORK : 075 「 的追い的外れ ( 罪 ) 」

 

 

レイミア ( ラミアー ) / 第一部

 

…… 彼女の頭は 蛇だったが ああ ほろ苦い
彼女は 貝から出でた 月の雫ほどに美しい光沢に富む真珠の 口をしていた
人魚の涙ほど輝く眼 そのような彼女の目は何を物語るのだろうか
泣くに泣いて ……

…… 彼女の喉は 蛇だった 彼女が言った
さあ 泡立つ蜜のように 愛のために ……

…… 滑らかすぎるほどの口をした蛇
ゆっくりとしかし的確に 疑うごとのない見事な触発 憂鬱な目をする花輪 ……
…… 蛇を返す 宣誓で封印 正しい神
誓いは 蛇の棒によって ……

…… そして あなたの目によって そして あなたの星の王冠によって
吹かれた花の中で 光り ……

…… 自分自身に任せて 蛇が今始まった ……

…… 何故 この公正な生き物が とても公平に選んだのか
延々と続く道のりによって 我々は 見ることができるであろう
しかし 先ずはじめに 彼女がどうやって 入神することができるのかを
そして 夢 蛇の世界(( 獄 )で 蛇の時 ……

 

 

Lamia / Part Ⅰ

 

… Her head was serpent, but ah, bitter-sweet!
She had a woman’s mouth with all its pearls complete:
And for her eyes: what could such eyes do there
But weep, and weep, ……

…… Her throat was serpent, but the words she spake
Came, as through bubbling honey, for Love’s sake, ……

…… “Thou smooth-lipp’d serpent, surely high inspired!
“Thou beauteous wreath, with melancholy eyes, ……

…… Return’d the snake, “but seal with oaths, fair God!”
“I swear,” said Hermes, “by my serpent rod,
“And by thine eyes, and by thy starry crown!” ……
Light flew ……

…… Left to herself, the serpent now began ……

…… Why this fair creature chose so fairily
By the wayside to linger, we shall see;
But first ’tis fit to tell how she could muse
And dream, when in the serpent prison-house, ……

 

 

John Keats, ” Lamia ” / Part Ⅰ
Edward MacDowell’s symphonic poem, Lamia, Opus 29.

 

 

 

 

004_Without frame_1

 

CLICK UP ! 「 Lamia / Die Sünde ; The sin 」 ohne Rahmen ; Without frame
Franz von Stuck ( 1905 )
Current location : Auckland Art Gallery
From Wikimedia Commons, the free media repository, https://commons.wikimedia.org/wiki/File:John_Waterhouse_-_Lamia_-_Google_Art_Project.jpg

 

 

 

 

レイミア ( ラミアー ) / 第ニ部

 

…… 全ての魅力が 飛び去るわけではない
冷たい哲学 その単なる触れ合いだけで
かつて 天国には 荘厳な虹があった
我々は 知っている 彼女の見た目と感触 肌理の感じ 与えられた彼女の
道義上の 退屈な蔵書の その目録で
哲学 ( 学問 ) は 天使の翼を 切り裂き
全ての謎を克服する 驚嘆する精神が 正確 ( 厳密 ) すぎるほど
虚空は 空っぽ 怒る精 宝の箱 ( 宝庫 )
そう 虹は ばらばらに打ち砕かれ 醸造されたように
そうして 壊れやすく傷つきやすいラミアは その美しい色合いは 陰へと溶け込む

…… その後 ラミアは 死の息を呼んだ
巧妙な目 冷たい哲学 ( 学問 ) 鋭い槍のように 彼女を完全に通り抜け ……

…… 余りにも虚しく
彼は 見返した まさか
蛇! 思わず彼は叫んだ そう言うや否や
その恐ろしい叫び声よりも先に 彼女は消え去った ……

その同じ夜 彼の人生の肢は終わった
高いソファーの上に 彼は眠る
彼の友人は見舞った
彼を看回ったが すでに脈拍も息もなかった
結婚を奪った衣装 そう 体の重い傷だけだった ……

 

 

Lamia / Part Ⅱ

 

…… Do not all charms fly
At the mere touch of cold philosophy?
There was an awful rainbow once in heaven:
We know her woof, her texture; she is given
In the dull catalogue of common things.
Philosophy will clip an Angel’s wings,
Conquer all mysteries by rule and line,
Empty the haunted air, and gnomèd mine—
Unweave a rainbow, as it erewhile made
The tender-person’d Lamia melt into a shade. ……

…… Then Lamia breath’d death breath; the sophist’s eye,
Like a sharp spear, went through her utterly, ……

…… ; vainly so,
He look’d and look’d again a level – No!
“A Serpent!” echoed he; no sooner said,
Than with a frightful scream she vanished: ……

…… As were his limbs of life, from that same night.
On the high couch he lay! – his friends came round -
Supported him – no pulse, or breath they found,
And, in its marriage robe, the heavy body wound. On the high couch he lay! ……

 

 

John Keats, ” Lamia ” / Part Ⅱ
Edward MacDowell’s symphonic poem, Lamia, Opus 29.

 

 

 

 

John_Waterhouse__Lamia

 

CLICK UP ! 「 Lamia 」
John William Waterhouse  ( 1905 )
Current location : Auckland City Art Gallery
From Wikimedia Commons, the free media repository,https://commons.wikimedia.org/wiki/File:John Waterhouse – Lamia – Google Art Project.jpg

 

 

 

 

創世記 3章 1 ~ 7節 / 14節 / 15節 / 16 ~ 19節 [ 新改訳 ]

 

…… 1. 神である主が造られたあらゆる野の獣のうちで 蛇が一番狡猾であった
蛇は 女に言った あなたがたは 園のどんな木からも食べてはならない
と神は ほんとうに言われたのか
2. 女は 蛇に言った 私たちは 園にある木の実を食べてよいのです
3. しかし 園の中央にある木の実について 神は
あなたがたは それを食べてはならない それに触れてもいけない
あなたがたが 死ぬといけないからだ と仰せになった
4. そこで 蛇は 女に言った あなたがたは 決して死にません
5. あなたがたが それを食べるその時 あなたがたの目が開け
あなたがたが 神のようになり 善悪を知るようになることを 神は 知っているのです
6a. そこで女が見ると その木は まことに食べるのに良く
目に慕わしく 賢くするというその木は いかにも好ましかった
6b. それで 女は その実を取って食べ いっしょにいた夫にも与えたので 夫も食べた
7. このようにして ふたりの目は 開かれ それで 彼らは 自分たちが 裸であることを知った
そこで 彼らは いちじくの葉をつづり合わせて 自分たちの腰の覆いを作った ……

…… 14. 神である主は 蛇に仰せられた
おまえが こんな事をしたので おまえは あらゆる家畜 あらゆる野の獣よりも呪われる
おまえは 一生 腹ばいで歩き ちりを食べなければならない
15. わたしは おまえと女との間に また おまえの子孫と女の子孫との間に 敵意を置く
彼は おまえの頭を踏み砕き おまえは 彼の踵に咬みつくかみつく ……

…… 16. 女には こう仰せられた
わたしは あなたのうめきと苦しみを大いに増す
あなたは 苦しんで子を産まなければならない
しかも あなたは 夫を恋い慕うが 彼は あなたを支配することになる
17. また 人に仰せられた あなたが 妻の声に聞き従い
食べてはならないと わたしが 命じておいた木から食べたので
18. 土地は あなたのゆえに呪われてしまった
あなたは 一生 苦しんで 食を得なければならない
土地は あなたのために イバラとアザミを生えさせ
あなたは 野の草を食べなければならない
19. あなたは 顔に汗を流して糧を得 ついに あなたは 土に帰る
あなたは そこから取られたのだから
あなたは 塵だから 塵に帰らなければならない ……

 

 

Genesis 3 : 1 ~ 7 / 14 / 15 / 16 ~ 19 [ NLT ]

 

…… 1. The serpent was the shrewdest of all the wild animals the Lord God had made. One day he asked the woman, “Did God really say you must not eat the fruit from any of the trees in the garden?”
2. “Of course we may eat fruit from the trees in the garden,” the woman replied.
3. “It’s only the fruit from the tree in the middle of the garden that we are not allowed to eat. God said, ‘You must not eat it or even touch it; if you do, you will die.’”
4. “You won’t die!” the serpent replied to the woman.
5. “God knows that your eyes will be opened as soon as you eat it, and you will be like God, knowing both good and evil.”
6a. The woman was convinced. She saw that the tree was beautiful and its fruit looked delicious, and she wanted the wisdom it would give her.
6b. So she took some of the fruit and ate it. Then she gave some to her husband, who was with her, and he ate it, too.
7. At that moment their eyes were opened, and they suddenly felt shame at their nakedness. So they sewed fig leaves together to cover themselves. ……

…… 14. Then the Lord God said to the serpent, “Because you have done this, you are cursed more than all animals, domestic and wild. You will crawl on your belly, groveling in the dust as long as you live.
15. And I will cause hostility between you and the woman, and between your offspring and her offspring. He will strike[b] your head, and you will strike his heel.” ……

…… 16. Then he said to the woman, “I will sharpen the pain of your pregnancy, and in pain you will give birth. And you will desire to control your husband, but he will rule over you.”
17. And to the man he said, “Since you listened to your wife and ate from the tree whose fruit I commanded you not to eat, the ground is cursed because of you. All your life you will struggle to scratch a living from it.
18. It will grow thorns and thistles for you, though you will eat of its grains. ……
19. By the sweat of your brow will you have food to eat until you return to the ground from which you were made. For you were made from dust, and to dust you will return.” ……

 

 

 

 

Picture, Drawing & Photo, Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

■ Official Website : OFFICE KANKE
LINK → http://www.office-kanke.com/ < TOP >
LINK → http://office-kanke.com/office/index.html < HISTORY >
LINK → http://www.office-kanke.com/contents/ < WORK >
LINK → http://www.office-kanke.com/profile/ < RESULTS >

■ Weblog : Pen of the Falcon ( OFFICE KANKE / GK. )
LINK → http://www.office-kanke.com/blog < ARTWORK >

■ Weblog : Pen of the Hawk OFFICE KANKE / GK.
LINK → http://www.office-kanke.com/workblog
 < ESQUISSE >

 

CONTACT → E-mail : OFFICE KANKE

 

 

■ Official Website Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
LINK → http://www.natsuko-kanke.com/
 < TOP >

■ Weblog : Pen of the Spotted Eagle Owl Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
LINK → http://www.natsuko-kanke.com/blog
 < DIARY >

 

CONTACT → E-mail : NATSUKO KANKE