102 : 空間畏怖

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2019 )

 

 

ESQUISEE_102_up_final

 

CLICK UP !「 イマジンの醸造蔵 / 後図 : horror vacui ” 答案の冒頭 ” / 末尾と極致 」
Provision Future Ⅷ  IMAGINE BODEGA Musics & Mathematics / Provision Future EMPTY SPACE BODEGA Op. 102 – ESQUISSE : 080 INTEGRATE ” Mathematics( Complex dynamics )of the Julia Set Fractal( 2D )”

An integral part : Julia Set Fractal ( portion )
Description : A julia set with seed coordinates ( -0.726895347709114071439, 0.188887129043845954792 )〔 disconnected 〕.
Source : English Wikipedia, original upload 25 November 2004 by Eequor
This work has been released into the public domain by its author, Eequor. This standard applies worldwide. In some countries this may not be legally possible. Then:Eequor grants anyone the right to use this work for any purpose, without any conditions, unless such conditions are required by law.
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Julia_set_( ice ).png

 

 

 

 

MUSICS – MATHEMATICS

Musics is the mathematics of sense , mathematics is the music of reason.

James Joseph Sylvester

 

音楽は 感覚の数学であり 数学は 理性の音楽である

 

 

 

 

ESQUISSE : 102 「 空間畏怖 horror vacui( 空虚への標徴 )」/ よき地平
< OMNIBUS > 見える音 / 音影の刻印 ” discriminate : 音価と色価の望刻 ”

 

 

 

 

ESQUISEE_102_0002

 

CLICK UP !「 イマジンの醸造蔵 / 後図 : horror vacui ” 答案の冒頭 ” / 末尾と極致 」
Provision Future Ⅷ  IMAGINE BODEGA Musics & Mathematics / Provision Future EMPTY SPACE BODEGA Op. 102 – ESQUISSE : 080

 

 

 

 

Weber’s law, Ernst Heinrich Weber.
Weber–Fechner law, Gustav Theodor Fechner.

difference threshold ; difference limen( D.L.)
just noticeable difference, jnd.

 

感覚について 刺激を与えたとき その違いを知覚できる弁別閾は 刺激の強さに比例する
ある空間の標徴は distinctive : 弁別的な価値を持つ
すなわち 視感の違いは 意味の違いをもたらす
ある音楽を感じ取ることができる空間の実際の音容は
その周囲の音価と色価とが相貌する空間から 予測可能である

 

 

 

 

ESQUISEE_102_down_final

 

CLICK UP !「 イマジンの醸造蔵 / 後図 : horror vacui ” 答案の冒頭 ” / 末尾と極致 」
Provision Future Ⅷ  IMAGINE BODEGA Musics & Mathematics / Provision Future EMPTY SPACE BODEGA Op. 102 – ESQUISSE : 080 INTEGRATE ” Geometry of The Great Ditrigonal Icosidodecahedron( Type Uniform star polyhedron )”

An integral part : Great ditrigonal icosidodecahedron ( portion )
Author : Robert Webb
Source : http://www.software3d.com/Stella.php
The original uploader was Tomruen at English Wikipedia.
The copyright holder of this file, Robert Webb, allows anyone to use it for any
purpose, provided that the copyright holder is properly attributed. Redistribution, derivative work, commercial use, and all other use is permitted.
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Great_ditrigonal_icosidodecahedron.png

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the falcon : ARTWORK
→ http://www.office-kanke.com/blog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

101 : ねかし釃む

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2019 )

 

 

ESQUISSE_100_up

 

CLICK UP ! 「 BODEGA DOOR / イマジンの醸造蔵 ” ねかし釃む “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA brewing / process AGING BODEGA Op. 101 – ESQUISSE : 082
OFFICE KANKE / GK. ( 2019 )

 

 

 

 

ESQUISSE : 101 「 ねかし釃む / 醅さ釃む突釃( わささしたむつきこし )” 熟成と経時 ” 」

突釃( つきこし ): 明治官製辞典『 古事類苑 』飲食部十 酒上 醸酒 第 43 巻 723 頁 
童蒙酒造記( 酒言葉之事 )醸造仕法「 突釃 : 突釃とは笊籬( いかき )にて醅を釃事也 」

 

 

…… To those who inquire as to the purpose of mathematics, the usual answer will be that it facilitates the making of machines, the travelling from place to place, and the victory over foreign nations, whether in war or commerce. … The reasoning faculty itself is generally conceived, by those who urge its cultivation, as merely a means for the avoidance of pitfalls and a help in the discovery of rules for the guidance of practical life.

Mathematics, rightly viewed, possesses not only truth, but supreme beauty – a beauty cold and austere, like that of sculpture, without appeal to any part of our weaker nature, without the gorgeous trappings of painting or music, yet sublimely pure, and capable of a stern perfection such as only the greatest art can show. The true spirit of delight, the exaltation, the sense of being more than Man, which is the touchstone of highest excellence, is to be found in mathematics as surely as in poetry. What is best in mathematics deserves not merely to be learnt as a task, but to be assimilated as a part of daily thought, and brought again and again before the mind with ever-renewed encouragement.

Real life is, to most men, a long second-best, a perpetual compromise between the ideal and the possible; but the world of pure reason knows no compromise, no practical limitations, no barrier to the creative activity embodying in splendid edifices the passionate aspiration after the perfect from which all great work springs. Remote from human passions, remote even from the pitiful facts of nature, the generations have gradually created an ordered cosmos, where pure thought can dwell as in its natural home, and where one, at least, of our nobler impulses can escape from the dreary exile of the actual world.
The rules of logic are to mathematics what those of structure are to architecture.
Mathematics takes us still further from what is human, into the region of absolute necessity, to which not only the world, but every possible world, must conform. ……

 

Bertrand Arthur William Russell, 3rd Earl Russell, ” The Study of Mathematics “.

 

 

 

 

ESQUISSE_100_up

 

CLICK UP ! 「 BODEGA DOOR / イマジンの醸造蔵 ” ねかし釃む “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA brewing / process AGING BODEGA Op. 101 – ESQUISSE : 082
OFFICE KANKE / GK. ( 2019 )

 

 

 

 

…… それを正しく考察された数学にあるものは 真実のみではない
そこには 至高の美 即ち 彫刻が持つような冷淡で厳粛な美
人間の弱い性質が惹き付けられることなく
絵画や音楽の華麗な罠なしに 依然として崇高で純粋な
そして 偉大な芸術のみが見せることができる強固な完成度の有能性を備えている
真の歓喜の精神は 高揚 人類以上のものであるという感覚
最も卓越した優越性の試金石であり
詩がそうであるように確実に数学において見つかるものだ
数学の中で最も優れているのは 単に仕事として学ばれるのではなく
日々の思考の一部として同化され 常に更新された励ましで
心の前に何度も持ち込まれる価値がある ……

 

 

 

 

ESQUISSE_100_up

 

CLICK UP ! 「 BODEGA DOOR / イマジンの醸造蔵 ” ねかし釃む “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA brewing / process AGING BODEGA Op. 101 – ESQUISSE : 082
OFFICE KANKE / GK. ( 2019 )

 

 

 

 

The time you enjoy wasting is not wasted time.

 

Bertrand Arthur William Russell, 3rd Earl Russell

 

浪費するのを楽しんだ時間は 浪費された時間ではない

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the falcon : ARTWORK
→ http://www.office-kanke.com/blog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

100 : 拱く居と座

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2018 )

 

 

100_test

 

CLICK UP ! 「 MATHEMATICAL BODEGA / イマジンの醸造蔵 ” 拱く居と座 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA beauty in mathematics / kathedrak in cathedral stylealchemia BEAUTY IN MATHEMATICAL BODEGA Op. 100 – ESQUISSE : 008
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

ESQUISSE : 100 「 拱く居と座( 貴醸な衝動の貯蔵処 )” 風通と蒸散 ” 」

 

 

I do not know what I may appear to the world, but to myself I seem to have been only like a boy playing on the sea-shore, and diverting myself in now and then finding a smoother pebble or a prettier shell than ordinary, whilst the great ocean of truth lay all undiscovered before me.

 

Sir Isaac Newton

 

 

 

 

ESQUISSE_100_up

 

CLICK UP ! 「 MATHEMATICAL BODEGA / イマジンの醸造蔵 ” 拱く居と座 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA beauty in mathematics / kathedrak in cathedral stylealchemia BEAUTY IN MATHEMATICAL BODEGA Op. 100 – ESQUISSE : 008
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

私は 何が世界に表れるのかもしれないのか 分からないが
私自身は 海辺(海岸)で遊んでいる少年のようで
今は 自分を転用して ときおり
普通のものよりも滑らかな小石やかわいい貝殻を見つけて夢中になっている
真理の偉大なる大海は すべてが私の前に未発見のまま
目の前に広がっているというのに

 

 

 

 

ESQUISSE_100_down

 

CLICK UP ! 「 MATHEMATICAL BODEGA / イマジンの醸造蔵 ” 拱く居と座 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA beauty in mathematics / kathedrak in cathedral stylealchemia BEAUTY IN MATHEMATICAL BODEGA Op. 100 – ESQUISSE : 008
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

望海  

 

鵬際晴開九萬天
無人之島定何邊
追風狂浪如奔馬
忽觸巉礁砕作烟

 

酔士 雨香仙史 / 竹外 ( 1807 ~ 1866 )

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the falcon : ARTWORK
→ http://www.office-kanke.com/blog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

099 : 優曇華

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2018 )

 

 

ESQUISSE_099_up

 

CLICK UP ! 「 UTPALA BODEGA / イマジンの醸造蔵 ” 拈華微笑 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )的々相承 」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA Gautama Śiddhārtha / Mahākāśyapa  UTPALA BODEGA Op. 099 – ESQUISSE : 004
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

ESQUISSE : 099 「 優曇華 ( 霊瑞と希有 )” 以心伝心不立文字 ” 」

 

 

清流無間斷 碧樹不曾凋

 

禅書 雷庵正受編

 

 

 

 

ESQUISSE_099_up

 

CLICK UP ! 「 UTPALA BODEGA / イマジンの醸造蔵 ” 金波羅華 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )緯間一目 」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA Gautama Śiddhārtha / Mahākāśyapa  UTPALA BODEGA Op. 099 – ESQUISSE : 004
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

拈華微笑

 

世尊在霊山会上
拈華示衆
衆皆黙然
唯迦葉破顔微笑
世尊云
吾有正法眼蔵
涅槃妙心
実相無相
微妙法門
不立文字
教外別伝
付属摩訶迦葉

 

聯燈会要 釈迦牟尼仏章 偽経 : 大梵天王問仏決疑経

 

 

 

 

ESQUISSE_099_up

 

CLICK UP ! 「 UTPALA BODEGA / イマジンの醸造蔵 ” 清寥々白的々 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )虚静恬淡 」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA Gautama Śiddhārtha / Mahākāśyapa  UTPALA BODEGA Op. 099 – ESQUISSE : 004
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

正法眼蔵

 

涅槃妙心 微妙法門あり 文字を立てず 教外に別伝して 迦葉に付属す

 

大梵天王問仏決疑経

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the falcon : ARTWORK
→ http://www.office-kanke.com/blog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

098 : 心力と凝念の礼賛

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2018 )

 

 

ESQUISSE_091

 

CLICK UP ! 「 INSPIRED BODEGA / イマジンの醸造蔵 ” 心力と凝念の礼賛 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )一乗 」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA artistic instinct / spiritual power INSPIRED BODEGA Op. 98 – ESQUISSE : 061
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

ESQUISSE : 098 「 心力と凝念の礼賛( 画心と功力 )” 霊格 “ 」

 

 

wàn shuǐ qiān shān

 

万水千山 wàn shuǐ qiān shān

 

汉语成语

 

 

 

 

ESQUISSE_098_center

 

CLICK UP ! 「 INSPIRED BODEGA / イマジンの醸造蔵 ” 心力と凝念の礼賛 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )一心 」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA artistic instinct / spiritual power INSPIRED BODEGA Op. 98 – ESQUISSE : 061
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

万水千山 / 千山万水

 

莫説青山多障碍
風也急風也勁
白云過山峰也可伝情
莫説水中多変幻
水也清水也静
柔情似水愛共永
未怕罡風吹散了熱愛
万水千山総是情
聚散也有天注定
不怨天不怨命
但求有山水共作証

 

顧愷之 千巌万壑 ( 344? – 405 )
宗之問 万水千山 / 千山万水 ( 656? – 712 )    
賈島 万水千山 「 送耿処士 」詩 ( 779 – 843 )
禅僧 如月寿印 抄物 中華若木詩抄・上  …… 千山万水 ……( 1601 – 1700 )
大橋 乙羽 紀行文集『 千山万水 』 博文館 ( 1899 )
大橋 又太郎( 本名 )『 続千山萬水 』 博文館 ( 1900 )

 

 

 

 

ESQUISSE_098_center

 

CLICK UP ! 「 INSPIRED BODEGA / イマジンの醸造蔵 ” 心力と凝念の礼賛 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )一如 」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA artistic instinct / spiritual power INSPIRED BODEGA Op. 98 – ESQUISSE : 061
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the falcon : ARTWORK
→ http://www.office-kanke.com/blog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

097 : 古今の絶唱

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2018 )

 

 

ESQUISSE_097_up_test

 

CLICK UP ! 「 TRADITION BODEGA / イマジンの醸造蔵 ” 古今の絶唱 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )銀襴の白海 」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA history / convention TRADITION BODEGA Op. 97 – ESQUISSE : Werk ohne Opuszahl
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

ESQUISSE : 097 「 古今の絶唱( 流儀と様式 )” 天蓋 “ 」

 

 

一草一木の裡 あるいは鬼神力宿り あるいは観音力宿る

 

泉 鏡花

 

 

 

 

僕は随分な迷信家だ
いずれそれには親ゆずりといったようなことがあるのは云う迄もない
父が熱心な信心家であったこともその一つの原因であろう
僕の幼時には物見遊山に行くということよりも お寺詣( まい)りに連れられる方が多かった
僕は明( あきら)かに 世に二つの大( おおい )なる超自然力のあることを信ずる
これを強いて一纏( まと )めに命名すると
一を観音力( かんのんりき ) 他を鬼神力とでも呼ぼうか
共に人間はこれに対して到底不可抗力のものである
鬼神力が具体的に吾人の前に現顕する時は
三つ目小僧ともなり 大入道ともなり 一本脚傘の化物ともなる
世にいわゆる妖怪変化の類( たぐい )は すべてこれ鬼神力の具体的現前に外ならぬ
鬼神力が三つ目小僧となり 大入道となるように
また観音力の微妙なる影向( えこう )のあるを見ることを疑わぬ
僕は人の手に作られた石の地蔵に かしこくも自在の力ましますし
観世音に無量無辺の福徳ましまして その功力測るべからずと信ずるのである
乃至( ないし ) 一草一木の裡( うち) あるいは鬼神力宿り あるいは観音力宿る
必ずしも白蓮( びゃくれん )に観音立ち給い
必ずしも紫陽花( あじさい )に鬼神隠るというではない
我が心の照応する所境によって変幻極りない
僕が御幣を担ぎ そを信ずるものは 実にこの故である
僕は一方鬼神力に対しては大なる畏( おそれ )を有( も )っている
けれどもまた一方観音力の絶大なる加護を信ずる
この故に念々頭々かの観音力を念ずる時んば
例えばいかなる形において鬼神力の現前することがあるとも
それに向ってついに何等の畏れも抱くことがない
されば自分に取っては最も畏るべき鬼神力も
またある時は最も親( したし )むべき友たることが少くない
さらば僕はいかに観音力を念じ いかに観音の加護を信ずるかというに
由来が執拗( しつよう )なる迷信に執( とら )えられた僕であれば
もとよりあるいは玄妙なる哲学的見地に立って
そこに立命の基礎を作り またあるいは深奥なる宗教的見地に居( お )って
そこに安心の( ほぞ )を定めるという世にいわゆる学者
宗教家達とは自( おのずか )らその信仰状態を異にする気の毒さはいう迄もない
僕はかの観音経を読誦( どくしゅ )するに
「 彼の観音力を念ずれば 」という訓読法を用いないで
「 念彼観音力( ねんびかんのりき )」という音読法を用いる
蓋( けだ )し僕には観音経の文句 ―― なお一層適切に云えば文句の調子 ――
そのものが難有( ありがた )いのであって
その現( あらわ )してある文句が何事を意味しようとも
そんな事には少しも関係を有( も )たぬのである
この故に観音経を誦( じゅ )するも
あえて箇中の真意を闡明( せんめい )しようというようなことは
いまだかつて考え企てたことがない
否( い )な僕はかくのごとき妙法に向って
かくのごとく考えかくのごとく企つべきものでないと信じている
僕はただかの自( おのずか )ら敬虔( けいけん )の情を禁じあたわざるがごとき
微妙なる音調を尚( とうと )しとするものである
そこで文章の死活がまたしばしば音調の巧拙に支配せらるる事の少からざるを思うに ……

 

泉 鏡花 「おばけずきのいわれ少々と処女作」より

 

 

 

 

ESQUISSE_097_center

 

CLICK UP ! 「 TRADITION BODEGA / イマジンの醸造蔵 ” 古今の絶唱 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )金襴の懸蓋 」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA history / convention TRADITION BODEGA Op. 97 – ESQUISSE : Werk ohne Opuszahl < 密陀僧( 密陀絵 )色 Massicot / Litharge 紙上 >
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

人間の水は南 星は北に拱( たんだ )く乃 天( あま )の海面( うみづら )雲の波立ち添ふや

 

謡曲「 天鼓 」

 

 

 

 

天鼓

 

名宣

ワキ 「これは唐土( もろこし )後漢の帝に仕へ奉る臣下なり さてもこの國乃傍に
   王伯( おうはく )王母とて夫婦の者あり
   かの者一人の子を持つ その名を天鼓( てんこ )と名づく
   彼を天鼓と名づくる事は 彼が母( はわ )夢中に天より一つの鼓降り下り
   胎内に宿ると見て出生( しゅっしょう )したる子なればとて その名を天鼓と名づく
   その後天( にょ )より眞の鼓降り下り 打てばその聲 妙( たえ )にして  
   聞く人 感を( の )催せり
   この由帝聞し召され 鼓を内裏に召されしに 天鼓深く惜しみ 鼓を抱き山中に隠れぬ
   然れども何処か王地ならねば 官人を( の )以って捜し出し 天鼓をば呂水の江に沈め
   鼓をば内裏に召され 阿房( あぼう )殿雲龍閣に据ゑ置かれて候
   又その後かの鼓を打たせらるれども更に 鳴る事なし
   いかさま主( ぬし )の別れを歎き鳴らぬと
   思し召さるヽ間 かの者乃父王伯を召して打たせよとの宣旨に任せ
   只今王伯が私宅へと急ぎ候

一セイ

シテ 「露の世に なほ老( おい )乃身の何時までか 又この秋に 残るらん
   「傅( つた )へ聞く孔子は鯉魚に別れて 思ひの火を胸に焚き
   白居易( はっきょい )は子を先だてヽ 枕に残る薬を恨む
   これみな仁義禮智信の祖師 文道( ぶんとう )の大祖たり
   我等が歎くは科( とが )ならじと 思ふ思ひに堪へかぬる
   涙いとなき 袂かな 
   
   *鯉魚 : 孔子の亡き息子

下歌

   「思はじと思ふ心乃などやらん
   夢にもあらず現( うつつ )にも なき世の中ぞ悲しき なき世の中ぞ悲しき

上歌 

小謡 「よしさらば 思ひ出でじと思ひ寝の
   思ひ出でじと思ひ寝の
   闇乃現( うつつ )に生( ん )まれ来て 忘れんと思ふ心こそ忘れぬよりは思ひなれ
   ただ何故( なにゆえ )の憂き身の命のみこそ 恨みなれ 命のみこそ恨みなれ
ワキ 「いかにこの屋乃内に 王伯があるか
シテ 「誰にて渡り候ぞ
ワキ 「これは帝よりの宣旨にてあるぞ
シテ 「宣旨とはあら思ひ寄らずや何事にて御座候ぞ
ワキ 「さても天鼓が鼓内裏に召されて後( のち ) 色々打たせらるれども更に 鳴る事なし
   いかさま主( ぬし )の別れを歎き鳴らぬと思し召さるヽ間
   王伯に参りて仕れとの宣旨にてあるぞ急いで参内仕り候へ
シテ 「仰せ畏って承り候 さりながら
   勅命にだに鳴らぬ鼓の 老人が参りて打ちたればとて 何しに聲の出づべきぞ
   いやいやこれも心得たり
   勅命を背きし者の父なれば
   「重ねて失はれん為にてぞあるらん
   よしよしそれも力なし
   我が子乃ために 失はれんは( な ) それこそ老の望みなれ
   あら歎くまじややがて参り候べし
ワキ 「いやいやさやうの宣旨ならず ただただ鼓を打たせんとの
   その為ばかり乃勅諚( ちょくじょう )なり
   急いで参り給ふべし

上歌

シテ 「假令( たとい )罪には沈むとも
地  「假令( たとい )罪には沈むとも
   又は罪にも沈まずとも憂きながら我が子乃形見に帝を拝み 参らせん 帝を拝み参らせん
ワキ 「急ぐ間( あいだ )程なく内裏にてあるぞ
   此方へ来り候へ
シテ 「勅諚( ちょくじょう )にて候程に これまでは参りて候へども
   「老人が事をば、御免あ( な )るべく候
ワキ 「申す所は理( ことわり )なれども まづ鼓を仕り候へ
   鳴らずは力なき事急いで仕り候へ
シテ 「さては辞すとも叶ふまじ
   勅に應じて打つ鼓乃 聲もし出でばそれこそは 我が子の形見と夕月の
   「上にかヽやく玉殿に はじめて臨む老( おい )の身乃

次第
  
地  「生きてある身は久方の 生きてある身は久方の 天( あま )乃鼓を打たうよ
   「その蹟礫( せきれき )に習って 玉淵( ぎょくえん )を( の )窺はざるは
   驪龍( りりょう )の蟠( わだかま )る所を知らざるなり
   
   *その蹟礫以下 : 平家物語 長門本 巻第九 翫其積礫不窺玉淵者 未知驪龍之所蟠
   *驪龍 : 黒龍 全身の鱗が黒く 前足が2本しかない 光を苦手としている

シテ 「 げにや世々毎の假乃親子に生( ん )まれ来て
地  「 愛別離苦の思ひ深く 恨むまじき人を恨み 悲しむまじき身を歎きて われと心乃闇深く
   輪廻の波に漂( ただよ )ふ事 生々世々( しょうじょうせせ )も何時までの
シテ 「 思ひのきづな、長き世の
地  「 苦しみ乃海に沈むとかや
   「 地を走る獣( けだもの ) 空を翔( かけ )る翼まで親子のあはれ知らざるや
   況( いわ )んや( にゃ )佛性( ぶっしょ )
   同體( どうたい )の人間この生( しょう )に
   この身を浮めずは何時の時か生死( しょうじ )の海を渡り山を越えて 彼岸に到るべき
シテ 「親子は三界の首枷( くびかせ )と
   
   *三界の首枷 : 三界 すべての世界親は子を思う心に引かされて 一生自由を束縛される

地  「 聞けば實( まこと )に老心( おいごころ )
   別れの涙乃雨の袖
   しをれぞ増( まさ )る草衣身を恨みてもそのかひの
   亡き世に沈む罪科( とが )はただ命なれや明暮の  
   時乃鼓の現( うつつ )とも思はれぬ 身こそ恨みなれ

ロンギ
 
   「鼓の時も移るなり。涙を止めて老人よ( にょ )
   急いで鼓打つべし
シテ 「げにげにこれは大君の かたじけなしや勅命の 老乃時も移るなり
   急いで鼓打たうよ
地  「打つや打たずや老波( おいなみ )の 立ち寄る影も夕月の
シテ 「雲龍閣の光さす
地  「玉の階( きざはし )
シテ 「玉乃床に
地  「老の歩みも足弱く薄氷を履( ふ )む如くにて 心も危( あよお )きこの鼓
   打てば不思議やその聲乃
   心耳( しんに )を澄ます聲出でて
   げにも親子乃證( しるし )の聲
   君も哀れと思し召して 龍顔( りょうがん )に御( おん )涙を 浮かめ給ふぞありがたき
ワキ 「いかに老人
   只今鼓の音( ね )乃出でたる事、實( まこと )に哀れと思し召さるヽ間
   老人には數の寶を下さるヽなり
   また天鼓が跡をば
   管弦講( かげんこう )にて御(おん)弔ひあるべきとの勅諚( ちょくじょう)なり
   心安く存じ まづまづ老人は( な )私宅に歸り候へ
   
   *管弦講 : 管弦を以って弔う法事

シテ 「あらありがたや候
   さらば老人は( な )私宅に帰り候べし

中入

ワキ 「さても天鼓が身を沈めし 呂水( ろすい )の堤(つつみ )に御幸( みゆき )なって
   同じく天( あま )の鼓を据ゑ

待謡
      
   「糸竹呂律( しちくりょりつ )の聲々に 糸竹呂律の聲々に 法事を為して亡き跡を
   御( おん )弔ひぞありがたき。頃は初秋の空なれば
   はや三伏( さんぷく )乃夏闌( た )け
   風一聲( いっせい )の秋乃空夕月の色も照り添ひて
   水滔々( とうとう )として 波悠々たり
   
   *糸竹呂律 : 音楽と音階
   *三伏 : 陰陽五行説に基づく選日の一初つ 初伏 / 中伏 / 末伏の総称
   *滔々 : 世の風潮の勢いに乗って流れいくさま

後シテ「あらありがたの御( おん )弔ひやな
   勅を背きし天罰にて、呂水( ろすい )に沈みし身にしあれば 後の世までも苦しみの
   海に沈み 波に打たれて 呵責( かしゃく )乃 責( せめ )も隙( ひま )なかりしに
   思はざる外( ほか )の御弔ひに 浮かみ出でたる呂水の上
   曇らぬ御代( みよ )の ありがたさよ
ワキ 「不思議やなはや更け過ぐる水の面に 化( け )したる人の見えたるは
   如何なる者ぞ名を名のれ
シテ 「これは天鼓が亡霊なるが 御( おん )弔ひのありがたさに これまで現れ参りたり
ワキ 「さては天鼓が亡霊なるかや
   然らばかヽる音楽の 舞楽も天鼓が手向( たむけ )の鼓
   打ちてその聲出づならば
   「げにも天鼓が證(しるし)なるべしはやはや鼓を仕( つかまつ )れ
シテ 「嬉しやさては勅諚ぞと、夕月かヽやく玉座の邊( あたり )
ワキ 「玉の笛乃音( ね )聲( こえ )澄みて
シテ 「月宮の昔もかくやとばかり        

*月宮 : 月の中にある都 又月の都にあると信じられた宮殿

ワキ 「天人も影向( ようごう )       

*影向 : 神仏が時に応じて 仮にその姿を現す

シテ 「菩薩も此處に
シテ・ワキ 「天降( あまくだ )ります気色にて、同じく打つなり天( あま )の鼓

上歌
  
地  「打ち鳴らすその聲の 打ち鳴らすその聲乃
   呂水(ろすい)の 波は滔々( とうとう )と
   打つなり打つなり汀の聲乃 寄り引く
   糸竹( いとたけ )の手向乃舞楽はありがたや
シテ 「面白や時もげに
地  「面白や時もげに 秋風楽( しゅうふうらく )なれや松の聲
   柳葉( りゅうよう )を拂って月も涼しく星も相逢ふ空なれや
   烏鵲( うじゃく )の 橋乃もとに 紅葉を敷き 二星( じせい )の 館乃前に風
   冷やかに夜も更けて 夜半楽( やはんらく )にもはやなりぬ
   人間の水は南 星は北に拱( たんだ )く乃
   天(あま)の海面( うみづら )雲の波立ち添ふや

   呂水( ろすい )の堤の月に嘯( うそむ )き水に戯れ波を穿ち 袖を返すや
   夜遊( やいう )の舞楽も時去りて 五更( ごこう )の一點鐘も鳴り
   鶏( とり )は八聲( やこえ )のほのぼのと 夜も明け白む 時の鼓
   數は六つ( むつ )の巷乃聲に また打ち寄りて現( うつつ )か夢か
   また打ち寄りて現か夢幻とこそ なりにけれ
   
   *秋風楽 : 雅楽の曲名 七夕の日に楽工の養良が作り長生殿で奏すると 
    冷たい風が吹いてきたので秋風楽と名付ける
   *烏鵲 : からすとかささぎ
   *夜半楽 : 雅楽の曲名 夜になってこの曲を演奏し
    退出音声( 参会者が退場する時の音楽 )として奏す
   *二星 : 牽牛・織女の二星    
   *五更 : 一夜を五つに分けたもの
    初更・二更・三更・四更・五更の総称 一更は約二時間

 

演能 四番目物

 

 

 

 

ESQUISSE_097_under

 

CLICK UP ! 「 TRADITION BODEGA / イマジンの醸造蔵 ” 古今の絶唱 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )黄金の秩序 」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA history / convention TRADITION BODEGA Op. 95 – ESQUISSE : Werk ohne Opuszahl
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the falcon : ARTWORK
→ http://www.office-kanke.com/blog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

096 : 星と泉の美禄

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2018 )

 

 

ESQUISSE_096

 

CLICK UP ! 「 一升花 / イマジンの醸造蔵 ” 星と泉の美禄 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA 千々の清祓と予兆 Op. 96 – ESQUISSE : 083
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

ESQUISSE : 096 「 星と泉の美禄( 精粋と賞翫 )” 月影の望刻 “ 」

月は神々の酒盃 / सोम soma 神酒への讃歌 < 梨倶吠陀 ऋग्वेद ṛgveda ; Rigveda >(9:)

 

 

月下独酌 

 

花間一壼酒 獨酌無相親 舉杯邀明月 對影成三人 月既不解飮 影徒隨我身 暫伴月將影 
行樂須及春 我歌月徘徊 我舞影零亂 醒時同交歡 醉後各分散 永結無情遊 相期遥雲漢
天若不愛酒 酒星不在天 地若不愛酒 地應無酒泉 天地既愛酒 愛酒不愧天 已聞清比聖 
復道濁如賢 賢聖既已飲 何必求神仙 三盃通大道 一斗合自然 但得酒中趣 勿為醒者傳

 

李白

 

 

 

 

ESQUISSE_096_center

 

CLICK UP ! 「 花染 / イマジンの醸造蔵 ” 星と泉の美禄 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA 千々の清粋と波調 Op. 95 – ESQUISSE : 083
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

月ぬ美しゃ( つきぬかいしゃ )/ 月ぬ夜

 

一.
月ぬ美しゃ 十日三日 女童美しゃ 十七ツ

二.
東から上がりょる 大月ぬ夜 沖縄ん八重山ん 照ぃらしょうり

三.
あんだぎなーぬ 月ぬ夜 我がげら 遊びょうら

四.
寺ぬ大札んが 絹花 黄金花 咲かりょうり

五.
ぴらまぬ家ぬ 東んたんが むりく花ぬ 咲かりょうり 
うり取り 彼り取り なつぃきばし びらまぬ家ぬ花ぶんなー

六.
女童家ぬ 門なんが 花染手布ば 切り落し うり取り 彼り取り なつぃきばし
女童家ぬ 見舞いす

 

沖縄民謡( 童歌 )八重山地方

 

 

 

 

ESQUISSE_096_down

 

CLICK UP ! 「 月天心 / イマジンの醸造蔵 ” 星と泉の美禄 “( 不滅の賜物と時に縛られた生 )」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA 千々の清夜と眺聴 Op. 95 – ESQUISSE : 083
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

清夜吟

 

月到天心処 風来水面時 一般清意味 料得少人知

 

邵雍

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the falcon : ARTWORK
→ http://www.office-kanke.com/blog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

095 : 命の水と術

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2018 )

 

 

ESQUISSE_091

 

CLICK UP ! 「 BODEGA DOOR / イマジンの醸造蔵 ” 一生一石の扉 “( 精錬の気・精・神 )」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA magnum opus / alchemia BODEGA DOOR Op. 95 – ESQUISSE : 037 < 密陀僧( 密陀絵 )色 Massicot / Litharge 紙上 >
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

ESQUISSE : 095 「 命の水と術( 不滅の賜物と時に縛られた生 )” 月影の望刻 “ 」

 

 

INTRODUCTORY SONNET / The House of Life

 

A Sonnet is a moment’s monument,–
Memorial from the Soul’s eternity
To one dead deathless hour. Look that it be,
Whether for lustral rite or dire portent,
Of its own arduous fulness reverent:
Carve it in ivory or in ebony,
As Day or Night may rule; and let Time see
Its flowering crest impearled and orient.

A Sonnet is a coin: its face reveals
The soul,–its converse, to what Power ’tis due:–
Whether for tribute to the august appeals
Of Life, or dower in Love’s high retinue,
It serve; or, ‘mid the dark wharf’s cavernous breath,
In Charon’s palm it pay the toll to Death.

 

Dante Gabriel Rossetti, Introductory Sonnet / The House of Life.

 

 

 

 

ESQUISSE_095_center

 

CLICK UP ! 「 BODEGA DOOR / イマジンの醸造蔵 ” 強い生の扉 “( 未来の準備 )」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA Overpowered / Provision Future BODEGA DOOR Op. 95 – ESQUISSE : 037
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

ソネット

 

ソネットとは ある瞬間のモニュメント
永遠の魂が 無限の 時間の
一瞬に捧げるメモリアル
それが 輝かしい祝祭にせよ 不吉な前触れにせよ
敬虔の全き姿において
象牙 或いは 黒檀に書きとめよ
そして 時の移りかわりを乗り越えて
永遠に輝かしめよ

ソネットは コインのようなもの
表では 魂を表示し 裏側では 価値を表示する
夏の収穫の年貢の代金として
或いは 嫁入りの際の持参金として 用いよ
でなければ 三途の川の波止場で
シャロンへの渡し賃として 支払え

 

 

 

 

ESQUISSE_095_2

 

CLICK UP ! 「 BODEGA DOOR / イマジンの醸造蔵 ” 一生一水の扉 “( 精留の気・精・神 )」
Provision Future Ⅷ IMAGINE BODEGA aqua vitae / uisce beatha BODEGA DOOR Op.95 – ESQUISSE : 037
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the falcon : ARTWORK
→ http://www.office-kanke.com/blog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

094 : 確からしさ

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2018 )

 

 

040_2018

 

CLICK UP ! 「 可能な限りの近似 ( 変化の重なり )」
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

ESQUISSE : 094 「 確からしさ( 身を尽くし )」

 

 

希望

 

語り 夢見る 人間たちは数多く
より良き未来の日々のことを
幸福そうに金色に輝くゴールに目指して
見えるであろう 人間たちが走り 追い求めている姿が
世界は 年老いて そしてまたよみがえる
だが人間は 望むのだ 常により良くなることを

希望は 人に命を吹き込む
希望は 陽気な少年たちのまわりを飛び回り
若者を魅了する その魔法の輝きで
希望は 老人といっしょに埋葬されてしまうことはない
なぜなら 老人が墓の中で疲れた人生を終わらせようとするときにも
なお彼は 墓の脇に植えるのだから 希望を

それは 決して空しい 消え去りゆく幻影ではない
愚か者の頭の中で生み出される
胸の中でそれは 高らかに告げているのだ
よりよくなるために われらは 生まれたのだと
そして その内心の声は
欺いたりはしないのだ 希望を抱く魂を

 

 

Hoffnung Op.87-2 D 637  

 

Es reden und träumen die Menschen viel
Von bessern künftigen Tagen;
Nach einem glücklichen,goldenen Ziel
Sieht man sie rennen und jagen.
Die Welt wird alt und wird wieder jung,
Doch der Mensch hofft immer Verbesserung.

Die Hoffnung führt ihn ins Leben ein,
Sie umflattert den fröhlichen Knaben,
Den Jüngling begeistert ihr Zauberschein,
Sie wird mit dem Greis nicht begraben;
Denn beschließt er im Grabe den müden Lauf,
Noch am Grabe pflanzt er – die Hoffnung auf.

Es ist kein leerer,schmeichelnder Wahn,
Erzeugt im Gehirne des Toren.
Im Herzen kündet es laut sich an:
“Zu was Besserm sind wir geboren!”
Und was die innere Stimme spricht,
Das täuscht die hoffende Seele nicht.

 

 

Friedrich von Schiller, Hoffnung.
Franz Peter Schubert, Hoffnung Op.87-2 D 637. 

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the falcon : ARTWORK
→ http://www.office-kanke.com/blog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

093 : 永遠性の抽出

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2018 )

 

 

043_2018

 

CLICK UP ! 「 反芻の跡( 変化の重なり )」
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

ESQUISSE : 093 「 永遠性の抽出( とらわれの身に )」

 

 

山々

 

われらが眼差しを上へ向ければ
心は信じるのだ 困難に打ち勝てると
天上の世界まで
心は飛んで行きつこうする
人間は 舞い上がれば
もう信じている 雲を突き破ったのだと

だがすぐに 彼は驚きながら気づかざるを得ない
どれほど長くしっかりと 私たちは自分の中に根をおろしているかを
それから探し求める しっかりした仕事の中で
すべての行為が 結びあわされる
決して揺らぐことのない土台に
そして築くのだ 岩のような思考の構造を

そして新たな喜びの中で
彼は見る 険しい断崖をあざけりながら
すべての苦しみを忘れ
彼は ただひとつの願いを感じている
奈落のそばで 陽気でいたいという
気高い勇気が 彼の気高い心の中で膨らんでいるから

 

 

Die Berge Op.57-2 D 634   

 

Sieht uns der Blick gehoben,
So glaubt das Herz,die Schwere zu besiegen,
Zu den Himmlischen oben
Will es dringen und fliegen;
Der Mensch emporgeschwungen,
Glaubt schon,er sei durch die Wolken gedrungen.

Bald muß er staunend merken,
Wie ewig fest wir auf uns selbst begründet;
Dann strebt in sichern Werken
Sein ganzes Tun,verbündet,
Vom Grunde nie zu wanken,
Und baut wie Felsen den Bau der Gedanken.

Und dann in neuen Freuden
Sieht er die kühnen Klippen spottend hangen;
Vergessend aller Leiden,
Fühlt er einzig Verlangen
An dem Abgrund zu scherzen,
Denn hoher Mut schwillt ihm in hohem Herzen.

 

 

Karl Wilhelm Friedrich von Schlegel, Die Berge.
Franz Peter Schubert, Die Berge Op.57-2 D 634

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : OFFICE KANKE / GK.
→ http://www.office-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the falcon : ARTWORK
→ http://www.office-kanke.com/blog

 

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com/
→ CONTACT

pen of the eagle owl : MUSIC ACTIVITIES
→ http://natsuko-kanke.com/blog/