119 : 目まで歌いさざめく

 

 

- 更新 It is an update on July 1, 2020. -

……………………………………………………………………………………………………………………

■ CAUTION : ご注意 |  当方のURL検索において表示される他不正サイトについて
OFFICE KANKE / ARTWORK : Weblog pen of the falcon
→ http://office-kanke.com/blog/061-:-刹那と変化を望刻に結びつつ-24657.html

……………………………………………………………………………………………………………………

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2020 )

 

 

 

「 目に生命の火花を与え / 背景の無い一つの絵 」
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

ESQUISSE : 119 「 目まで歌いさざめく 」

 

 

L’aurore s’allume

 

L’aurore s’allume,
L’ombre épaisse fuit;
Le rêve et la brume
Vont où va la nuit;
Paupières et roses
S’ouvrent demi-closes;
Du réveil des choses;
On entend le bruit.

Tout chante et murmure,
Tout parle à la fois,
Fumée et verdure,
Les nids et les toits;
Le vent parle aux chênes,
L’eau parle aux fontaines;
Toutes les haleines
Deviennent des voix!

Tout reprend son âme,
L’enfant son hochet,
Le foyer sa flamme,
Le luth son archet;
Folie ou démence,
Dans le monde immense,
Chacun recommence
Ce qu’il ébauchait.

 

L’aurore s’allume, Vicomte Victor Marie Hugo, Les Chants du Crépuscule 20 L’aurore s’allume
Gabriel Fauré, “L’aurore s’allume”

 

 

夜明けが広がり

 

夜明けが広がり 朝焼けが
あけぼのに 深い暗闇は逃げ去りゆく
夢も そして 霧も
闇夜の去った彼方へと 飛び去り
瞼も そしてバラの蕾も
どうにか 半分だけ開けるのだ
辺り一面 ありとあらゆるものの目覚め
その音や風の 僅かな変化が 聞こえるのだ

すべてのものが 歌い波立つ 賑やかに
辺り一面 あらゆるものが 一度に喋りだす
煙も 青い草も
鳥の巣も 屋根も
風は カシの木に話しかけ
水は 噴水に話しかけ
ありとあらゆる息づくものが
声を発するのだ

すべてのものが 魂を取り戻す
赤ん坊には ガラガラ
暖炉には 炎
リュートには 弓
狂っていようと馬鹿げていようと
世界は また始まるのだ
人それぞれに また
予め決めておいたことを

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

118 : 瞬く間に

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2020 )

 

 

 

「 かげろう / 陽炎 」
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

ESQUISSE : 118 「 瞬く間に 」

 

 

Un rêve

 

En des visions de la nuit sombre,
j’ai bien rêvé de joie défunte,
mais voici qu’un rêve tout éveillé
de joie et de lumière m’a laissé le coeur brisé.

Ah! qu’est-ce qui n’est pas un rêve le jour,
pour celui dont les yeux portent
sur les choses d’alentour
un éclat retourné au passé?

Ce rêve béni,ce rêve béni,
pendant que le monde entier grondait,
m’a réjoui comme un rayon cher
guidant un esprit solitaire.

Oui,quoique cette lumière,
dans l’orage et la nuit,tremblât comme de loin,
que pouvait-il y avoir,brillant avec plus de pureté,
sous l’astre de jour de Vérité!

 

A dream : Edgar Allan Poe “Tamerlane and Other Poems”
Stéphane Mallarmé
Marie-Joseph-Alexandre Déodat de Séverac

 

 

ある夢

 

暗い夜の幻影の中で
私は 夢見てきた なくした喜びを
だが 今 覚めて見る夢
喜びと光の夢は 私を傷心のままにはしてくれない

ああ 夢と同じものではあるまいか 昼間も
その瞳を 向ける者にとっては
周囲のものに
過ぎた昔を 振り返る光を求めて

あの祝福された夢 祝福された夢は
世界中が私を 咎めたときにも
私を喜ばせてくれたのだ 親しげな光のように
この孤独な魂を導いて

そうだ たとえその光が
嵐や夜の中 遠くで震えていても
他に何があり得ただろうか 一層清らかに輝くことが
真理というこの昼間の星より以上に

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

117 : 贈り物に秘める

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2020 )

 

 

 

「 人同士の対称性 」( 互酬性:集団の対称性 )
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

ESQUISSE : 117 「 贈り物に秘める( 憐憫 ) / 同じ尺度 」

 

 

La tombe et la rose

 

La tombe dit à la rose:
Des pleurs dont l’aube t’arrose
Que fais-tu,fleur des amours?
La rose dit à la tombe:
Que fais-tu de ce qui tombe
Dans ton gouffre ouvert toujours?

La rose dit: tombeau sombre,
De ces pleurs je fais dans l’ombre
Un parfum d’ambre et de miel.
La tombe dit: fleur plaintive,
De chaque âme qui m’arrive
Je fais un ange du ciel.

 

Vicomte Victor Marie Hugo, Les voix intérieures 31 La tombe dit à la rose  
Franz Liszt, La tombe et la rose S.285  
Richard Wagner, La tombe et la rose WWV 56

 

 

墓とバラ

 

墓が バラに言う
朝焼けが お前に流させる涙で
お前は 何をするんだ 愛の花よ
バラが 墓に言う
お前は 何をするのだ 落ちてくるもので
永遠に開いているお前の穴の中に

バラは 言った
暗い墓よ
この涙から私は作るのだ 暗闇の中で
琥珀と蜜の香りを
墓は 言った
悲しみの花よ
私のところに来るすべての魂から
私は天国の天使を作るのだ

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

116 : 聖の復帰

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2020 )

 

 

 

「 始期 / 着手の混沌 」( 時の誕生 : 秘密はやがて明らかになるだろう )
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

ESQUISSE : 116 「 聖の復帰 / 日知りの誕生 」

 

 

La chanson du fou

 

Au soleil couchant,
Toi qui vas cherchant
Fortune,
Prends garde de choir;
La terre,le soir,
Est brune.
L’océan trompeur
Couvre de vapeur
La dune.
Vois,à l’horizon,
Aucune maison
Aucune!

Maint voleur te suit,
La chose est,la nuit,
Commune.
Les dames des bois
Nous gardent parfois
Rancune.
Elles vont errer:
Crains d’en rencontrer
Quelqu’une.
Les lutins de l’air
Vont danser au clair
De lune.

 

Vicomte Victor Marie Hugo
Georges Bizet, La chanson du fou
Cécille Louise Stéphanie Chaminade, La chanson du fou

 

 

夢見る男の歌

 

日が沈むとき
お前は 求め行く
幸運を
転ばぬように 気をつけろ
地面の上は 夜には
灰色だ
裏切りの海は
靄で 覆い隠すのだ
砂浜を
地平線まで 見渡す限り
一つの家もない
一つも

沢山の泥棒が お前についてゆく
あらゆるものが 夜には
一般的だ
森の淑女たちは
俺たちに時折
腹を立てる
彼女らは 彷徨い歩くが
出会いたいとは 思ってはいない
誰にも
大気の中の妖精たちは
踊りたいのだ 光の傍で
あの月の

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

115 : 一陣の風

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2020 )

 

 

 

「 前後のまとまった時間 」( ある時を中心として )
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

ESQUISSE : 115 「 一陣の風 / ひとっきり 」

 

 

Iz kraja v kraj

 

Iz kraja v kraj,iz grada v grad
Sud’ba,kak vikhr’,ljudej metet,
I rad li ty ili ne rad,
Chto nuzhdy ej?.. Vpered,vpered!

Znakomyj zvuk nam vetr prines:
Ljubvi poslednee prosti…
Za nami mnogo,mnogo slez,
Tuman,bezvestnost’ vperedi!..

«O,ogljanisja,o,postoj,
Kuda bezhat’,zachem bezhat’?..
Ljubov’ ostalas’ za toboj,
Gde zh v mire luchshego syskat’?

Ljubov’ ostalas’ za toboj,
V slezakh,s otchajan’em v grudi…
O,szhal’sja nad svoej toskoj,
Svoe blazhenstvo poshchadi!

Blazhenstvo stol’kikh,stol’kikh dnej
Sebe na pamjat’ privedi…
Vse miloe dushe tvoej
Ty pokidaesh’ na puti!…»

Ne vremja vyklikat’ tenej:
I tak uzh etot mrachen chas.
Usopshikh obraz tem strashnej,
Chem v zhizni byl milej dlja nas.

Iz kraja v kraj,iz grada v grad
Moguchij vikhr’ ljudej metet,
I rad li ty ili ne rad,
Ne sprosit on… Vpered,vpered!

 

Iz kraja v kraj Op.10  
Fyodor Ivanovich Tyutchev
Sergei Ivanovich Taneyev

 

 

土地から土地へと

 

土地から土地へと 街から街へと
運命は つむじ風のように人々を吹き散らす
そして そのことを お前が嬉しかろうとなかろうと
何の問題があるんだ 進め 進め

慣れ親しんだ音を われらのもとに 風は運んで来た
愛の最後の別れを
われらの後ろには たくさんの たくさんの涙が
霧が 知り得ぬものが 行く手には

おお 振り返れ おお 止まれ
どこへ急ぐのだ なぜ急ぐのだ
愛は 置いて行かれている お前の後に
この世のどこに これ以上のところを見つけられるか

愛は 置いて行かれている お前の後に
涙にくれて 胸には 絶望を抱いて
おお その苦しみに同情を
その至福に慈しみを

その とても とても多くの日々の至福を
記憶にとどめるのだ
お前の魂にとって甘美なすべてのものを
お前は 途中に置いて行っているのだ

今は 亡霊を呼び出す時ではない
もうこんなに暗くなってしまっている
死んだものの姿は 一層恐ろしいのだ
生きていた時に愛しかったものほど

土地から土地へと 街から街へと
運命は つむじ風のように人々を吹き散らす
そして そのことをお前が嬉しかろうとなかろうと
尋ねたりはするな 進め 進め

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

114 : ある冬の晩

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2020 )

 

 

 

「 鼓動が早くなるような話 」( キシキシ音をたてる生半ば )
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

Wie raffit’ ich mich auf in der Nacht

 

Wie rafft’ ich mich auf in der Nacht,in der Nacht,
Und fühlte mich fürder gezogen,
Die Gassen verließ ich vom Wächter bewacht,
Durchwandelte sacht in der Nacht,in der Nacht,
Das Tor mit dem gotischen Bogen.

Der Mühlbach rauschte durch felsigen Schacht,
Ich lehnte mich über die Brücke,
Tief unter mir nahm ich der Wogen in Acht,
Die wallten so sacht,in der Nacht,in der Nacht,
Doch wallte nicht eine zurücke.

Es drehte sich oben,unzählig entfacht
Melodischer Wandel der Sterne,
Mit ihnen der Mond in beruhigter Pracht,
Sie funkelten sacht in der Nacht,in der Nacht,
Durch täuschend entlegene Ferne.

Ich blickte hinauf in der Nacht,in der Nacht,
Und blickte hinunter aufs neue:
O wehe,wie hast du die Tage verbracht,
Nun stille du sacht in der Nacht,in der Nacht,
Im pochenden Herzen die Reue!

 

Wie raffit’ ich mich auf in der Nacht Op.32-1 Neun Lieder und Gesänge
Karl August von Platen-Hallermünde
Johannes Brahms

 

 

なんと夜中に飛び起きて

 

なんと夜中に飛び起きた私は
どうしようもなく 先に引かれるものを感じて
夜番の見張る路地を過ぎ
ゆっくりと この夜中に 通り抜けていった
ゴチック風アーチの門を

水車用の小川が 岩穴の中を ざわめき流れていく
橋から身を乗り出した私は
下方に深く沸き起こる波に 目をこらすと
それは この夜中に あまりにもかすかに波立つものの
打ち返すことはなかった

上方には 無数にきらめきながら
メロディーを奏でる星の運行が 円を描いていく
なだめるような 壮麗な光を放つ月と共に
穏やかに 夜中に輝いていた
見まがうほどに 遥か遠くから

私は この夜中に天空を仰ぎ見ると
再び 視線を下ろした
ああ お前は 本当に なんという日々を送ってきたのだ
さあ もう悔やむのをやめるがいい この夜中に
脈打つ心の中に 潜む悔悟の念よ

 

 

 

 

ESQUISSE : 114 「 ある冬の晩 」

 

 

Stikhi,sochinjonnyje noch’ju vo vremja bessonnicy

 

Mne ne spitsja,net ognja;
Vsjudu mrak i son dokuchnyj.
KHod chasov lish’ odnozvuchnyj
Razdaetsja bliz menja.
Parki bab’e lepetan’e,
Spjashchej nochi trepetan’e,
Zhizni mysh’ja begotnja…
Chto trevozhish’ ty menja?
Chto ty znachish’,skuchnyj shopot?
Ukorizna,ili ropot
Mnoj utrachennogo dnja?
Ot menja chego ty khochesh’?
Ty zovesh’ ili prorochish’?
Ja ponjat’ tebja khochu,
Smysla ja v tebe ishchu…

 

Stikhi,sochinjonnyje noch’ju vo vremja bessonnicy  Op.76-6 Ekho Po`eta
Aleksandr Sergeyevich Pushkin
Edward Benjamin Britten

 

 

夜 眠れぬ時に書かれた歌 / 詩人のこだま

 

私は 眠れない 灯りもなく
まどろみと倦怠の闇に包まれている
ただ単調な時計の心音だけが
私の安らぎを乱すのだ
運命の女神は つぶやき
眠りの夜は 震えている
走りまわるネズミのような命の鼓動
なぜ お前は 私の心を静めてはくれぬ
何を言いたいのだ 物憂げなつぶやきよ
非難しているのか それとも ぼやきなのか
私が 空しく費やした一日への
私から お前は何を求めているのだ
お前は 呼んでいるのか それとも予言しているのか
私は お前を理解したいのだ
その意味を 私は お前のうちに探し求める

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

113 : 謎は遠く語らない種明かし

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2020 )

 

 

 

 

「 眼の光 」( 春の門番 )
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

ESQUISSE : 113 「 謎は遠く語らない種明かし 」

 

 

早春の風

 

けふ一日また 金の風
大きい風には 銀の鈴
けふ一日また 金の風

女王の冠さながらに
卓の前には 腰を掛け
かびろき窓に むかひます

外吹く風は 金の風
大きい風には 銀の鈴
けふ一日また 金の風

枯草の音の かなしくて
煙は空に 身をすさび
日影たのしく 身を嫋ぶ

鳶色の土 かをるれば
物干竿は 空に往き
登る坂道 なごめども

青き女の顎かと
岡に梢の とげとげし
今日一日また 金の風

 

” 早春の風 ” ( 1922年 / 1935年 ) 『 在りしの歌( 1937年 / 1938年 )』より 
中 原 中 也
FEBIAN REZA PANE

 

 

 

 

早春散歩

 

空は晴れてても 建物には蔭があるよ
春 早春は心なびかせ、
それが まるで薄絹ででもあるやうに
ハンケチででもあるやうに
我等の心を 引千切り
きれぎれにして 風に散らせる

私はもう まるで過去がなかつたかのやうに
少くとも通つてゐる人達の 手前さうであるかの如くに感じ
風の中を吹き過ぎる
異国人のやうな眼眸をして
確固たるものの如く
また隙間風にも 消え去るものの如く

さうして この淋しい心を抱いて
今年もまた 春を迎へるものであることを
ゆるやかにも 茲に春は立返つたのであることを
土の上の日射しをみながら つめたい風に吹かれながら
土手の上を歩きながら 遠くの空を見やりながら
僕は思ふ 思ふことにも慣れきつて 僕は思ふ

 

” 早春散歩 “ 草稿詩篇( 1933年 – 1936年 )より 
中 原 中 也

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

112 : 間近に遠く時揺らぎ

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2019 )

 

 

 

 

「 盗まれた絵 」( 在りし日の歌 )
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

ESQUISSE : 112 「 間近に遠く時揺らぎ 」

 

 

無題

 

幾時代かが ありまして
茶色い戦争 ありました
幾時代かが ありまして
冬は 疾風吹きました
幾時代かが ありまして
今夜 此処での 一と殷盛り
今夜 此処での 一と殷盛り
サーカス小屋は 高い梁
そこに 一つの ブランコだ
見えるともない ブランコだ
頭倒さに 手を垂れて
汚れ木綿の屋蓋のもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
それの近くの 白い灯が
安値いリボンと息を吐き
観客様は みな鰯
咽喉が鳴ります 牡蠣殻と
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
屋外は 真ッ闇 闇の闇
夜は 劫々と更けまする
落下傘奴のノスタルジアと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

 

無題 ( サーカス / 1932年 ) 『 山羊の歌( 1932年 / 1934年 )』より 
中 原 中 也

 

 

 

 

汚れっちまった悲しみに

 

汚れつちまつた悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れつちまつた悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる
 
汚れつちまつた悲しみは
たとへば狐の革裘
汚れつちまつた悲しみは
小雪のかかつてちぢこまる
 
汚れつちまつた悲しみは
なにのぞむなくねがふなく
汚れつちまつた悲しみは
倦怠のうちに死を夢む
 
汚れつちまつた悲しみに
いたいたしくも怖気づき
汚れつちまつた悲しみに
なすところもなく日は暮れる ……

 

汚れっちまった悲しみに 『 山羊の歌 ( 1932年 / 1934年)』より 
中 原 中 也

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

111 : 美わしき魂

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2019 )

 

 

 

 

「 大地の古い掟 」( 人から離れた合図 )
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

Anniversaire

 

Le poète dort;
L’oiseau chante;
Mais près du poète endormi,
La voix de l’oiseau,plus touchante
Garde quelque chose d’ami
Le poète est mort:
La fleur brille;
Mais,près du poète
La fleur dans la goutte d’eau qui scintille,
Garde quelques chose d’un pleur.
Le poète attend: l’aube veille,
Qui,du ciel penchant les sommets,
Lui porte de sa main vermeille
Le laurier qui ne meurt jamais!

 

Anniversaire, Paul-Armand Silvestre
Jules-Emile-Frederic Massenet

 

 

アニヴァーサリー

 

詩人は 眠る
鳥が歌う
眠っている詩人の近くでは
鳥の声は 一層感傷的だ
何か親しげな響きを帯びて
詩人は 死んでいる :
花が輝いている
だが 詩人の近くでは
その花が一滴の水をきらめかす
一粒の涙をこらえているよう
詩人は 待っている : 夜明けの目覚めを
それは 空から山々の頂にさしかかる
彼は 手にしている そのバラ色の手に
月桂樹を 決して枯れることのない

 

 

… Was bleibt aber, stiften die Dichter ……

 

Hölderlins letzte Hymne Mnemosyne

 

 

…… しかし留まるものを詩人らは建立(樹立)する ……

 

 

 

 

ESQUISSE : 111 「 美わしき魂 」( 時に訪れる精神の晴れ間に )

 

 

Der Herbst( Turmgedichte )

 

Das Glänzen der Natur ist höheres Erscheinen,
Wo sich der Tag mit vielen Freuden endet,
Es ist das Jahr, das sich mit Pracht vollendet,

Wo Früchte sich mit frohem Glanz vereinen.
Das Erdenrund ist so geschmückt, und selten lärmet
Der Schall durchs offne Feld, die Sonne wärmet

Den Tag des Herbstes mild, die Felder stehen
Als eine Aussicht weit, die Lüfte wehen
Die Zweig’ und Äste durch mit frohem Rauschen,

Wenn schon mit Leere sich die Felder dann vertauschen,
Der ganze Sinn des hellen Bildes lebet
Als wie ein Bild, das goldne Pracht umschwebet.

 

Die Sagen, die der Erde sich entfernen, 
Vom Geiste, der gewesen ist und wiederkehret, 
Sie kehren zu der Menschheit sich, und vieles lernen
Wir aus der Zeit, die eilends sich verzehret. 
 
Die Bilder der Vergangenheit sind nicht verlassen
Von der Natur, als wie die Tag verblassen
Im hohen Sommer, kehrt der Herbst zur Erde neiget,    
Der Geist der Schauer findet sich am Himmel wieder. 
 
In kurzer Zeit hat vieles sich geendet,
Der Landmann, der am Pfluge sich gezeigt, 
Er sieht, wie das Jahr sich frohem Ende neiget, 
In solchen Bildern ist des Menschen Tag vollendet. 
 
Der Erde Rund mit Felsen ausgezieret, 
Ist wie die Wolke nicht, die abends sich verliert, 
Es zeiget sich mit einem goldnen Tage, 
Und die Vollkommenheit ist ohne Klage. 

 

Hölderlin, der Herbst( Turmgedichte )

 

 

秋( 塔の詩 )

 

かつて存在し 再び戻り来る霊についての
言い伝えは 大地を離れていた
その言い伝えが人の世に帰ってくる そして多くのことを
私たちは慌ただしく消えていく時から学ぶ。
 
過去に目にしたものは自然から
消え去ることはない 日々が高い夏に
色褪せれば 秋は大地に降り返り
雨の霊は再び天に在る。
 
短い間に多くのことが終わった
鋤と立つ農夫
彼は年がどのように喜びの終わりへ傾くかを見る
この光景で人の日は結実している。
 
岩で飾られた大地の円は
日暮れに消えていく雲のようではない
大地の円は金の日々とともに現れる
そして完全性は嘆きとは無縁だ。

かつて存在し また再び戻りくる魂 立ち帰ってくる生気についての
言い伝えは 大地を離れ 去っていた
その言い伝えは 人の世に帰ってくる そして多くのことを
我々は 急速に去ってゆく季節 慌ただしく消えていく時から学ぶ

過去に目にした 多くの諸々の形姿は から
棄てられはしない 消え去ることはない 陽が高い夏の盛りに
日々が色褪あせても 秋は大地にくだって降り返り
畏懼を呼びおこす雨の霊は再び天にあり その霊気は空に生まれる

またたくまの短い間に 多くのことが終わった
犂を駆って野に勤しみ 鋤と立つ農夫は見る
年がどのように喜びの終わりへ向って傾くかを
この光景のこのような形姿のうちに 人の日は 結実にて完成となる

巌をかざりとして広がる大地の円は
夕暮れに消え失せてゆく雲のようではない
その大地の円は 金色の日々とともに現われる
そして この完全性は嘆きの声とは無縁だ

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

110 : 架空の野心

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2019 )

 

 

 

 

「 片目の月輪仮面(がちりん) 」月読み(つくよみ)
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

ESQUISSE : 110 「 架空の野心 」

 

 

Vozrozhdenie Op.46-1

 

Khudozhnik-varvar kist’ju sonnoj
Kartinu genija chernit
I svoj risunok bezzakonnyj
Nad nej bessmyslenno chertit.

No kraski chuzhdye s letami
Spadajut vetkhoj cheshuej;
Sozdan’e genija pred nami
Vykhodit s prezhnej krasotoj.

Tak ischezajut zabluzhden’ja
S izmuchennoj dushi moej,
I voznikajut v nej viden’ja
Pervonachal’nykh,chistykh dnej.

 

Vozrozhdenie Op.46-1 Chetyre romansa na slova A. Pushkina
Dimitry Shostakovich
Aleksandr Sergeyevich Pushkin

 

 

復活 / プーシキンの詩による4つのロマンス

 

野蛮人の絵描まがいは 露骨に手筆を動かし
天才の描いた絵づらを塗りったくり
自分勝手なつらして 度外れな模様を その上に
どうにかしよと いかがわしく みだらに描いている

だが 異質の絵の具は 年月が経って
古びた化けの皮ように 剥がれ落ち
そして 天才の創造物は われわれの前に
かつての美しさを取り戻す

このようにして 陳腐な誤解は消え去るのだ
私の魂を苦しめた 古臭い誤解は
そして 私に見せてくれるのだ
原初の 真新しき真実の日々を

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/