066 : 越し難き間隙における運命愛

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2018 )

 

 

004_2018

 

CLICK UP ! 「 調性の変化 」
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

ESQUISSE : 066 「  越し難き間隙における運命愛 」

 

 

マーラー : 5つのリュッケルトの詩による歌曲

 

1. 歌の中まで覗きこまないでほしい

歌の中まで覗きこまないほしい
目は 下を向いてしまう
悪いことを見つかった時のように
自分でも とてもできない
この歌が どう育つのか 見届けることなど
歌の中まで覗きこまないでほしい
好奇心は 裏切り
そう 裏切り

ハチたちは 巣を作るときには
同じように 見られないようにするだろう
自分でも 見ないように
もしも 豊かなハチミツいっぱいの巣が
太陽のもとへと もたらされたとき
誰が一番最初に それを味わえるのだろうか
そう 誰かが一番最初に それを味わうことができる

 

2. ほのかな香りをかいだ

わたしは ほのかな香りをかいだ
部屋の中に
リンデ( 菩提樹 )の小枝
一本の贈り物
愛しい人の手から届けられたもの
そう リンデの香り

リンデの香り ほのかな香り
そのリンデの枝は
愛しいものが やさしく折ったもの
わたしは ほのかな香りを かすかにかぐ
このリンデの香りの中に
そう 愛のやさしい香りを

 

3. この世に忘れられて

自分は この世に忘れられた
わたしは この世とともに 多くの時間を費やしてきたが
今や この世では 自分の事を聞かなくなってから久しい
わたしは 死んでしまったと この世では思っているのだろう

この世が たとえ自分が死んでしまったと思っても
自分には 関係ないことだ
また それに対して否定もできない
それは 己がこの世から本当に死んでしまったからだ

自分は この世の喧燥から死んでしまい
静かなる地で 安らいでいる
わたしは 独りで 己の平安のなかに そして
己の愛と歌のなかに 生きている

 

4. 真夜中に

真夜中に
わたしは 目覚め
そして 天を仰いだ
ひしめき合う星たちの たったひとつとして
己には 微笑みかけなかった
そう 真夜中に

真夜中に
わたしは 思いをめぐらせた
はるかな暗い極限にまで
真夜中に
だが いかなる明るい考えも
己に 慰めをもたらさなかった
そう 真夜中に

真夜中に
わたしは 注意を向けた
自分の心臓の鼓動に
ただ苦悩の脈動だけが
猛り狂っていた
そう 真夜中に

真夜中に
わたしは 戦を戦った
おお 人類よ お前たちの悲しみに
わたしは 打ち勝つことはできなかった
自分自身の力では
そう 真夜中に

真夜中に
わたしは 自分の力を
御身の手に委ねた
主よ 死と生を司られる主よ
御身は 見守っておられる
御身は 見守っておられる
御身は 御身は 見守っておられる
そう 真夜中に

 

5. 美しさゆえに 愛するのなら

あなたが 美しさゆえに 愛するのなら
おお わたしを愛さないでほしい
太陽を愛してほしい
彼女は 輝く黄金の髪をもっているだろう

あなたが 若さゆえに 愛するのなら
おお わたしを愛さないでほしい
春を愛してほしい
彼の若さは いつも毎年のことだろう

あなたが 豊かさゆえに 愛するのなら
おお わたしを愛さないでほしい
人魚を愛してほしい
彼女は 綺麗な真珠を沢山もっているだろう

あなたが 愛ゆえに 愛するのなら
おお わたしを愛してほしい
いつまでも 愛してほしい
わたしも あなたを いつまでも愛します いつまでも

 

 

 

 

ESQUISSE_066_2

 

CLICK UP ! 「 調性の変化 」
OFFICE KANKE / GK. ( 2018 )

 

 

 

 

Gustav Mahler : Fünf nach Ruckert / Friedrich Rückert

 

1. Blicke mir nicht in die Lieder

Blicke mir nicht in die Lieder!
Meine Augen schlag’ ich nieder,
Wie ertappt auf böser Tat;
Selber darf ich nicht getrauen,
Ihrem Wachsen zuzuschauen.
Blicke mir nicht in die Lieder!
Deine Neugier ist Verrat,ist Verrat!

Bienen,wenn sie Zellen bauen,
Lassen auch nicht zu sich schauen,
Schauen selbst auch nicht zu.
Wenn die reifen Honigwaben
Sie zu Tag gefördert haben,
Dann vor allen nasche du!
Dann vor allen nasche du! Nasche du!

 

2. Ich atmet’ einen linden Duft

Ich atmet’ einen linden Duft!
Im Zimmer stand
Ein Zweig der Linde,
Ein Angebinde
Von lieber Hand.
Wie lieblich war der Lindenduft!

Wie lieblich ist der Lindenduft!
Das Lindenreis
Brachst du gelinde!
Ich atme leis
Im Duft der Linde
Der Liebe linden Duft.

 

3. Ich bin der Welt abhanden gekommen

Ich bin der Welt abhanden gekommen,
Mit der ich sonst viele Zeit verdorben,
Sie hat so lange nichts von mir vernommen,
Sie mag wohl glauben,ich sei gestorben!

Es ist mir auch gar nichts daran gelegen,
Ob sie mich für gestorben hält,
Ich kann auch gar nichts sagen dagegen,
Denn wirklich bin ich gestorben der Welt.

Ich bin gestorben dem Weltgetümmel,
Und ruh’ in einem stillen Gebiet!
Ich leb’ allein in meinem Himmel,
In meinem Lieben,in meinem Lied!

 

4. Um Mitternacht

Um Mitternacht
Hab’ ich gewacht
Und aufgeblickt zum Himmel;
Kein Stern vom Sterngewimmel
Hat mir gelacht
Um Mitternacht.

Um Mitternacht
Hab’ ich gedacht
Hinaus in dunkle Schranken.
Um Mitternacht.
Es hat kein Lichtgedanke
Mir Trost gebracht
Um Mitternacht.

Um Mitternacht
Nahm ich in Acht
Die Schläge meines Herzens;
Ein einz’ger Puls des Schmerzens
War angefacht
Um Mitternacht.

Um Mitternacht
Kämpft’ ich die Schlacht,
O Menschheit,deiner Leiden.
Nicht konnt’ ich sie entscheiden
Mit meiner Macht
Um Mitternacht.

Um Mitternacht
Hab’ ich die Macht
In deine Hand gegeben
Herr! Herr über Tod und Leben,
Du hältst die Wacht
Du hältst die Wacht
Du, Du hältst die Wacht
Um Mitternacht!

 

5. Liebst du um Schönheit

Liebst du um Schönheit,
O nicht mich liebe!
Liebe die Sonne,
Sie trägt ein goldnes Haar!

Liebst du um Jugend,
O nicht mich liebe!
Liebe den Frühling,
Der jung ist jedes Jahr!

Liebst du um Schätze,
O nicht mich liebe!
Liebe die Meerfrau,
Die hat viel Perlen klar!

Liebst du um Liebe,
O ja mich liebe!
Liebe mich immer,
Dich lieb’ ich immer,immerdar!

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

■ Official Website : OFFICE KANKE
LINK → http://www.office-kanke.com/ < TOP >
LINK → http://office-kanke.com/office/index.html < HISTORY >
LINK → http://www.office-kanke.com/contents/ < WORK >
LINK → http://www.office-kanke.com/profile/ < RESULTS >

■ Weblog : Pen of the Hawk OFFICE KANKE / GK.
LINK → http://www.office-kanke.com/workblog
 < ESQUISSE >

■ Weblog : Pen of the Falcon ( OFFICE KANKE / GK. )
LINK → http://www.office-kanke.com/blog < ARTWORK >

 

CONTACT → E-mail : OFFICE KANKE

 

 

■ Official Website Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
LINK → http://www.natsuko-kanke.com/
 < TOP >

■ Weblog : Pen of the Spotted Eagle Owl Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
LINK → http://www.natsuko-kanke.com/blog
 < DIARY >

 

CONTACT → E-mail : NATSUKO KANKE