RAPTORS

 

 

p_2 

 

CLICK UP ! “ MISS – P “ Spotted Eagle Owl ; Bubo afridanus
République de Guinée / CB parents-imprint ( Captive Bred )

 

 

“ 猛禽の美 “ という美しき誤解 “ raptor beauté ; faire le coquet “ belle incompréhension

 

 

多分一羽の猛禽の他には 誰でも敢えてそこの客として訪れることはない深淵
そうかと言って 猛禽たちは何か深遠なことを然う然う考えているわけではない
威厳あるように振舞い 尊大に構える気どった物腰で
あたかも関心を惹き付けているかのように猛禽たちは蠱惑するが
それは猛禽としての威厳であって 何も疑問視する必要はない
寝床で猛禽が その趾の鉤爪が 胸に着地して
内懐を鉤嘴で小突き 水に熱心な唇の間に尾羽を押しつけたのは
夢ではなくて 日々の現実
互いの振る舞いや目標を 理解し合うためには 常に時間がかかり
もちろん 疑いなく辛抱を要するが 唯一の方法は 信頼関係づくりを繰り返すことだ
魅力的とか 刺激的とか などというわけにはいかないが
疑いを挟む余地のない または 明確な人の威信の失墜を回避させたいならば
互いに能う限り真剣に 付き合うことが大切
猛禽との威厳の張り合いと それに伴う信頼感の完全復活に 妙薬はない
人には 猛禽ほどの 怪しげな余威はないのだから
極めつけの馬鹿以外は 美しいの意味が可愛いに変わるような かっぱらう語義変化はしない
一度でも 猛禽の忌諱に触れることがあれば 信頼関係はお釈迦になる
猛禽たちに恋することはできないからといって 何もそう釈迦力になる必要はない
威信を賭けなければならないわけではないのであって そうムキにならない
猛禽たちにムキになると 損をするだけ
無記になって 猛禽たちから答えが得られない問題は
際限のない議論に陥るだけで 何の徳にも利にもならなし かかわるべきではない
猛禽たちに 授記を与えてもらえる保証など 何一つもない
色ばむところや 泥むところとなれば 晴らすことになる
危ない試みは 一切しないほうがいい
猛禽たちに対して 先ずは 晴れやかな胸臆を明白にして
はっきりとした意識の広がりをもつべき
猛禽たちと 決して踊り狂わず 唯一 個の猛禽と仕抜きしなければ
必ずや 悋気の威圧を被り その強烈な嫉妬は冷酷であるよりも苛酷であり 過酷でもある
常に絶えず しっかりと感受して 受容さえすれば 思い切ったる死に狂いはない
ながいこと 人間のようであるとみなしてきた 爾汝の交わり火石 ( ほしい : 星 ) の遥場。
坦( あけひら )の都市 “ 仰いだ器 “ からほどよく遠い
堆( うずたか )の丘陵 “ 伏せた器 “ に
ほとんど 猛禽たちのものである 術も 技も 有り余るほどのすべての黙示に誘われて
天空に飛翔し 天地に獲物を狙う その生物種として
生態ピラミッドの頂点に立つ 大型の高次消費者 学習と その習慣の力は 偉大
風切り羽をもつ 強靭な翼で 張飛した鷹の目の猛禽たちは 鋭い鉤爪と鉤嘴で
彷徨うことなく 遣るなら核心を突いた
狩りという習性に基づく 収斂進化の結果として 余勢を駆る猛禽たちにとっては
張飛する生態系の頂点に 君臨する証でもあった
精密な羽毛の衣を羽織る 美しく品格のある 気高いばかりの猛禽たちは
ながいこと目で視てきた人間の視られた世界に 順応してはいなかった
猛禽は 信頼関係が成り立った者に限り 人間が本質において何であるかを知らしめた
狭匙( 切匙 )で腹を切る人間を 深く知り
強い者を助け 勇気を与え 大胆に振舞う者の味方をする
猛禽たちを 未だ深く知って書き記した者はいない 猛禽たちが本質において何であるかを
幾人( いくたり )か その本質の幾つかを 何かしら認知したようだが
猛禽は 臆することなく その他の多くの者を むしろ不承不承 只々 前を通らせたにすぎない
数多の神話伝説を 人間に与えざるを得ず
速さと強さや高貴と権力の地位象徴さえも 人類に授けざるを得なかった
天空に張飛する 威厳に充ち満ちたものとして
飛び振り返りざまに 北叟笑む( ほくそえむ )余威があった
さあ、ついて来い 一緒に飛べるだろうと
チョウとの数億年前 或いは キノコとの数十億年前の共通祖先は別として
一億数千万年前 もしかしたら 二億数千万年前からの猛禽たちと
恐竜が絶滅する少し前の数千万年前から 数百万年前 数十万年前にデビューした人間
その人間は 猛禽たちの狩猟本能をまったく知らない
犬は この人間を安全だとして導くが 猛禽は その人間を危険だとして導かない
危険のほうが 安全よりも いっそう安全であり 信じることができると
犬は 人を惹き付け そぞろ揺すって 選び待ち 誘って駆り立て そぞろあるく
猛禽は 人を突き放し そそり揺すって 選び分け 強いて駆り立て あまそそる
軽佻浮薄な挑戦を能書き垂れる怪しき人の 自碇の挙動に対し
時世の一ムード的意味を伴う空想未来の奮闘馳駆を謳い鼓吹する浮ついた人の信念痴態に対し
疑いを挟む余地のない または明確な人の威信の失墜をそそる猛禽
現実であるよりも現実的である 猛禽の美という美しき誤解
されど されど猛禽は美しい

 

 

 

 

OFFICE KANKE/GK. : Seyou Kobayashi 小 林 世 英 ( こばやし せよう )

 

 

 

 

→ http://www.office-kanke.com/contents/ < FLASH >

 

 

regina_b

 

CLICK UP ! “ REGINA “ Harris’s Hawk ; Parabuteo unicinctus
Koninkrijk België / CB parents-imprint ( Captive Bred )

 

 

 

 

regina_s

 

CLICK UP ! “ REGINA “ Harris’s Hawk ; Parabuteo unicinctus
Koninkrijk België / CB parents-imprint ( Captive Bred )

 

 

 

 

miss_p_b

 

CLICK UP ! “ MISS – P “ Spotted Eagle Owl ; Bubo afridanus
République de Guinée / CB parents-imprint ( Captive Bred )

 

 

 

 

miss_p_s

 

CLICK UP ! “ MISS – P “ Spotted Eagle Owl ; Bubo afridanus
République de Guinée / CB parents-imprint ( Captive Bred )

 

 

 

 

giada_b

 

CLICK UP ! “ GIADA “ Altai Saker ; Falco cherrug
Canada / WC parents-nonimprint ( Wild Caught )

 

 

 

 

giada_s

 

CLICK UP ! “ GIADA “ Altai Saker ; Falco cherrug
Canada / WC parents-nonimprint ( Wild Caught )

 

 

 

 

Text ; Image Credit With Copyright.
Photo ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

■ Official Website : OFFICE KANKE
LINK → http://www.office-kanke.com/ < TOP >
LINK → http://office-kanke.com/office/index.html < HISTORY >
LINK → http://www.office-kanke.com/contents/ < WORK >
LINK → http://www.office-kanke.com/profile/ < RESULTS >

■ Weblog : Pen of the Hawk OFFICE KANKE / GK.
LINK → http://www.office-kanke.com/workblog
 < ESQUISSE >

■ Weblog : Pen of the Falcon ( OFFICE KANKE / GK. )
LINK → http://www.office-kanke.com/blog < ARTWORK >

 

CONTACT → E-mail : OFFICE KANKE

 

 

■ Official Website Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
LINK → http://www.natsuko-kanke.com/
 < TOP >

■ Weblog : Pen of the Spotted Eagle Owl Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
LINK → http://www.natsuko-kanke.com/blog
 < DIARY >

 

CONTACT → E-mail : NATSUKO KANKE