1:音楽教室」カテゴリーアーカイブ

5月:「レッスン」音楽教室

 

 

歌う、とは自分を表現する時間です。
私はこういう人だ・・・
私は周りからこういう人だと思われている・・・
しかし「歌う」ことにより、
奥底の自分を発見できます。
レッスンでは歌の向上は当然ですが、
ご自分と向き合うことをも導いています。

 

 

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

4月:「ピアノの調律」音楽教室

 

 

音色はピアノ自体によっても変わります、
調律師さんによっても変わります・・・。
今回は「明るい音」をオーダーしました!
新年度、明るい音色でスタートです。

 

 

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

3月:「声のひびき」音楽教室

 

 

言葉が先にあったのではなく、
一人ひとり自分の心のなかが先にあって、
そうして言葉が出てきたし、
その言葉そのものは、声のひびきから始まった。
その声とは、いのちのもつ心のなかの言葉であり、
言葉によってこの世が分別され、
音はこの世のすべてを表す。

 

 

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

2月:「朝の祈り」音楽教室

 

 

吸い込む息も苦しいほどの凛とした空気のなか
朝陽を待つ・・・
エネルギーに満ちた光に包まれても
朝陽は暖かくはない・・・
しかし何故 朝陽を待つのだろう
まるで神様を待つかのように一点を見つめて・・・

 

 

 

 

Morgen!

Und morgen wird die Sonne wieder scheinen
Und auf dem Wege,den ich gehen werde,
Wird uns,die Glücklichen,sie wieder einen
Inmitten dieser sonnenatmenden Erde …

Und zu dem Strand,dem weiten,wogenblauen,
Werden wir still und langsam niedersteigen,
Stumm werden wir uns in die Augen schauen,
Und auf uns sinkt des Glükkes stummes Schweigen …

R. Strauss : Morgen!  Op.27-4 TrV 170  Vier Lieder
John Henry Mackay ” Morgen! ”

 

「 朝 」 ~ 4つの歌曲より ~

そして朝、太陽は再び輝くでしょう
そして私の歩む道すがら
再びあの人に会わせ幸せにしてくれるでしょう
陽光の溢れるこの大地で・・・

そして青い波の寄せる広々とした岸辺に
私たちは静かにゆっくりと降りて行き
そして私たちは黙したまま目を見つめ合う・・・
すると、息をのむ幸せな沈黙が私たちを包み込んでくれる・・・

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.