1:音楽教室」カテゴリーアーカイブ

ウイズ日光 With NIKKO 5月芽吹時「 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房 」

 

 

「 With NIKKO 」ウイズ日光

 

ー  音楽に包まれた「 健光・観光・日光 」ー

「 自分を整える 」自然体づくり
” リラクセーション( relaxation )” に伴う
〜 大自然からの提案 〜

 

 

 

 

” 大自然の風を聴き ”


~ 心を歌い音楽を奏でよう ~

 

 

5月芽吹時
「 自分の正しさ 」
” 情熱 ” とは・・・・・

忙しさが終わったならば、難題が片付いたならば、付き合いが済んならば、そのような関所的な時間の考え方でいたら、解放され合間のヒマにある単なるストレス解消( 発散 )の余暇時間にしかならず、” 自分の時間を確保して ” 「 自分を突き動かす力 」を得ることなどできないだろう。
時に流される自分に対して甘いか、時を創る自分に対して甘いか、自分と自ら押し問答( 推し問答 )をするなど自分自身で押し競饅頭( おしくらまんじゅう )していててもしょうがない。

生く働く人生は、舞台でもなく舞台稽古でもない。
当たり前に人は時間の経過が速いことや変化などに驚き気づき、感慨や感嘆などを示しても、” 自分を過ごして主体性を育む時間 ” は前にしか進まない。
人が自分らしさを生かす切っ掛けは時間でしかなく、人が時間の流れに対して自分の無力さや息苦しい感慨を感じることから生まれるものは何だろうか。

待っていてても始まらない、絶対に自分らしさを生かしたいという思いに駆り立てられる、そうせずにはいられない気持ちに仕向ける。
それは、自分みずから自分自身を見返してやることであり、自分自身へ問いかけて、自分自身が前より成長できたと自分を誇らしげに自らにアピールすることができるようになることである。
そのためには先ず自分に関心を寄せて再び深く見ること考えること ” respect リスペクト ” あり、「 ありのままの相手 = 自分 」に特別な注意を払って自らを見返し、自分自身を自ら考えることから潔く前に進む。
誰よりも熱くて冷静なマインドを醸成させる ” 情熱 ” は、「 自分の個性の理解と時間の重要性 」にある。

 

 

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 5月芽吹時
「 自分の正しさ 」
” 情熱 ” とは・・・・・

 

 

趣意 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ 基本的考え方 : With NIKKO ウイズ日光

 

冒頭 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 9月創設号
” 大自然の命は待っている ”
~ 従来はそうでなかった日光での物事を始める ~

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

ウイズ日光 With NIKKO 4月根付時「 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房 」

 

 

「 With NIKKO 」ウイズ日光

 

ー  音楽に包まれた「 健光・観光・日光 」ー

「 自分を整える 」自然体づくり
” リラクセーション( relaxation )” に伴う
〜 大自然からの提案 〜

 

 

” Nemesis ” c.1501. Albrecht Dürer, 1471-1528.
The National Gallery of Victoria, popularly known as the NGV, is an art museum in Melbourne, Victoria, Australia.

 

 

” 大自然の風を聴き ”


~ 心を歌い音楽を奏でよう ~

 

 

4月根付時
「 価値ある自分を 」
” 感覚 ” とは・・・・・

思考の風と知識の帆と努力の動、風と帆による実行の根本( ねもと )と根差すもの。
人が根を張る時期は、自分の内面を育てる時期でもある。

ともすると当たり前に人は自らの変化に抵抗する傾向があり、将来の行動を予測するのが苦手である。
固執したり記憶が歪んでいたり感情的な状態や生理的な状況などに影響されたりしがちであり、いわばその場その場で生きているともいえる。
そんな当たり前の人で生きているわりには、かなわない達成できない高望みをした分不相応による必然的な結果や成果をもたらす人もいれば、理詰めで押し通すことなく道理にかなった合理による必然的な結果や成果をもたらす人もいるだろう。

人の意思決定のほとんどは、そのすべてが慎重に検討した結果ではなく、記憶の中のすぐに利用できる情報に影響されたり感情の状態や環境の状況などの中での顕著な情報に影響されたりするのが当たり前というもの。
人の思考は不十分で不正解な知識や必ずしも合理的な判断ができない対処・処理能力や感情に左右された行動を取ってしまいやすく、尚且つ不確実性を伴いつつも目先の魅力に囚われた大きな選択肢を選ぶ傾向にあったり、意思決定を行う際の筋道や脈略などへも影響される。

絶対に負けてはならない敵は、かなわない相手、手強い自分自身。
その自分に打ち勝つこと、それは自身得るべき勝利のうちで最初にして最大のものであり、難しき自らに打ち勝ち自らを制御することこそが偉大である。
決意を実行する力として判断や選択を実行に移して目標を実現させていく持続的な力である強固な意思を持つことだ。

人は決して一貫性があるとは言い切れず筋道を誤りやすく、人に自制心というものがある以上は目標を設定したとしてもその達成を妨げやすく、何かと自ら反する状況判断や行動をとってしまいがちでなのである。
人の才能・運・能力と時間は限られているので、難しい問題を最適に解決したり課題を的確に対応することは期待できそうないと見て取ることができるならば、当たり前な人としての特定の状況下において繰り返されやすいエラーやバイアスなどに気づき、自分の認識や考え方を変えてゆくことが大切だ。

ただ漠然と問題や課題と向き合っているだけでは、解決や対応をしていくことが難しくなることがあるだろう。
そのようなとき、感じることの強い人の強めな感覚 ” The Sense of ” の獲得は総じて原動力にプラスであり、行動遂行の先行要因となる目標達成に必要な能力を自分が持っていると認識する ー 可能感 ー の感覚を自ら認知して行動を起こすことが重要だ。
いわば ” どれだけ自分を信じられるか ” という結果予期と効力予期の高い低いによって人の行動は変わるので、良い結果のそれに伴う行動に自信を持つことができればポジティブに取り組むことができるようになる。
自分に対する自信を強め自らに主体性を持って問題解決や課題対応に向かう意思を持った上で、自分にとってプラスになるよう方法やスキルを一つでも身につけるという姿勢そのものが、自らの労力や尽力など一定の犠牲を払うに値するという感覚を呼び覚ましてくれる。

自らの置かれている状況に対して自分にとっての意味や目標などを見出しを理解できれば、何とか対処できそうだと感じ、ものの見方を変えてみることができるだろう。
自らの自己本道中に立ち上がって自分が望むような状況を探し回り、もし見つからなければ自らそれを創り出すことだ。

 

 

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 4月根付時
「 価値ある自分を 」
” 感覚 ” とは・・・・・

 

 

趣意 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ 基本的考え方 : With NIKKO ウイズ日光

 

冒頭 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 9月創設号
” 大自然の命は待っている ”
~ 従来はそうでなかった日光での物事を始める ~

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

ウイズ日光 With NIKKO 3月挑戦時「 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房 」

 

 

「 With NIKKO 」ウイズ日光

 

ー  音楽に包まれた「 健光・観光・日光 」ー

「 自分を整える 」自然体づくり
” リラクセーション( relaxation )” に伴う
〜 大自然からの提案 〜

 

 

” Melancholia I ” 1514. Albrecht Dürer, 1471-1528.
The Städel, officially the Städelsches Kunstinstitut und Städtische Galerie, is an art museum in Frankfurt, with one of the most important collections in Germany.

 

 

” 大自然の風を聴き ”


~ 心を歌い音楽を奏でよう ~

 

 

3月挑戦時
「 最高の自分を 」
” 冒険 ” とは・・・・・

魂合う( たまあう )友の幸いに、新しい自分を求め、、、。

友へ会う道程は、どんなに遠く険しくとも決して長くは感じないだろう。
そして、友と花を咲かせ果実を実らせて楽しく過ごす時間が早く過ぎると感じるだろう。
友から遠ざかれば、ますますその本当の姿を感じ入り見て取ることができる。
思う心が一致して ” 魂合う(たまあう)” 友の幸いは、生涯を通じて「 心と心の成長の糧 」となるだけではなく、 挑戦的な「 冒険 」への空想夢想は妄想に増し、想像( 想像力 )の imagination イマジネーション( 創作力 )は突発的に inspiration インスピレーション( 創造性 )を湧き起こす。

友の幸いとは、思う心が一つに結ばれて相生むものを呼び掛け、互いに何の煩いもなく寛ぐ安息の時と場所なのである。
最も忠実な友は自分自身のみなのであって友を探し求めるのならば自分自身に忠実な友たりえないのだとしても、自分の中から最高の自分を引き出してくれるのは他者としての友なのであり、相互いに自身を「 成熟 」と「 冒険 」へと導き合うものが総じて ” 友 ” と呼ばれるものであろう。

 

 

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 3月挑戦時
「 最高の自分を 」
” 冒険 ” とは・・・・・

 

 

趣意 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ 基本的考え方 : With NIKKO ウイズ日光

 

冒頭 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 9月創設号
” 大自然の命は待っている ”
~ 従来はそうでなかった日光での物事を始める ~

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

ウイズ日光 With NIKKO 2月自覚時「 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房 」

 

 

「 With NIKKO 」ウイズ日光

 

ー  音楽に包まれた「 健光・観光・日光 」ー

「 自分を整える 」自然体づくり
” リラクセーション( relaxation )” に伴う
〜 大自然からの提案 〜

 

 

 

 

” 大自然の風を聴き ”


~ 心を歌い音楽を奏でよう ~

 

 

2月自覚時
「 とびっきりの自分を 」
~ ” 自覚 ” とは・・・・・ ~

心は静める( 鎮める )ものであり、目を閉じて深く静かに、無心になったり何も考えずにリラックスしたり心を静めて祈ったり何かに心を集中させたり思いを巡らしたり思索・思惟することである。
人は迷う能力も試みる能力もとても大切だが、意識していない遊ぶ能力がもっと大切だ。

打開や打破して通り抜けるブレークスルーは従来に無い方法で現状の問題課題や困難などを突破することであり、新たな進捗や進歩と発見や発想などを達成することである。
縛られるルールなど一切なく、あるのは広がるスケールの感覚と思考だ。

前進を止めれば問答無用のノンストップルールと枠組み外しのスキームアウト”スケールアップ”。
これまでとは異なる視点にも増して、言葉にできない付加価値のある主観的なナレッジ( knowledge )の知見( 知識や情報 )が交差して生まれるのだが、その実際の見聞や経験のみならず個々の主観のうちに直接的または直観的に見出される身をもっての体験が功を奏する。

その中でも、雑念をはらって心を一つに集め( 抖擻 )” 通常とは違う意識状態に「 自覚 」的に切り替える ” 「 瞑想」と瞑想体験は、しっかり身につければ脳の潜在的な予備能力をも目覚めさせる。
脳を遣えば眼を瞑っているのも同然で、脳を遣わずとも眼を遣い全てに眼を呉れている。
日常の掛け合わせという慌ただしい日常から意図的に静寂の時間を作り心を整理することは、” 自分を整える ” ことでもある。

 

 

お問い合わせ
TEL:0288-25-7388
メール → KANKE GRAND 日光

 

 

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 2月自覚時
「 とびっきりの自分を 」
”  自覚 ” とは・・・・・

 

 

趣意 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ 基本的考え方 : With NIKKO ウイズ日光

 

冒頭 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 9月創設号
” 大自然の命は待っている ”
~ 従来はそうでなかった日光での物事を始める ~

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

ウイズ日光 With NIKKO 1月首途時「 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房 」

 

 

「 With NIKKO 」ウイズ日光

 

ー  音楽に包まれた「 健光・観光・日光 」ー

「 自分を整える 」自然体づくり
” リラクセーション( relaxation )” に伴う
〜 大自然からの提案 〜

 

 

 

 

” 大自然の風を聴き ”


~ 心を歌い音楽を奏でよう ~

 

 

1月首途時
「 新しい自分を 」
~ ” 覇気 ” とは・・・・・ ~

目出度松色多にて盡己竢成、めでたい先々への物事に積極的に取り組もうとする意気込みや強い意志である覇気( = 抱負 )をもって目的・目標に狙いを定める首途時( かどでどき )。

全ての人は、何事も自分の全精力を尽して努力した上で、成功や成就を期待するべきである。
そのためには、先立って自ら基礎的な体力を十分に培うべきであり、そうすれば意欲を持てたり思考や行動に集中することができ、持続力を身につけることができる。
将来に向けて学んだり努力したりすることに希望や価値を見出し、自ら学ぶことや努力することに対する意欲を持つことだ。

意欲や行動などが枠組みから逸脱した状況であるといった思い込みに惑わされず、その意欲や行動などが評価されない状態だといった決め付けに惑わされないことである。
そのためには、意欲の対象が自己完結に陥ることなく、他者や社会生活との関わりの中で達しようとする目標を持つことであり、意欲を行動に移す段階で決して躓かないことだ。

意欲を持ってはいるが行動することへの負担感が大きいなどとしていたり、意欲を持っており行動しようとしたり既に行動し始めているが適切な手段や方法が分からないとしていたりして、意欲を実現するための行動に移せない状況に陥ったり行動する前に諦める状態になったりすることを避けるべきである。
意欲を持っており既に行動したが失敗したこと等による徒労感や絶望感から抜け出せない状況に陥ったり、改めて挑戦する意欲を持って行動できない状態に陥ったり、物事に対する関心が低くなって進んで事に当たろうとする意気込み「覇気」を失なうことなど以ての外なのだ。

困難に堪える(こたえる)能力と体力は力であり、堪能(かんのう)を喫す。 
困難に屈せず耐えて(たえて)学ぶ意欲や将来に対処する知恵が、新しい自分の未来にとって大切である。
「 盡己竢成( じんきしせい )」今日を捨身の門出、” 新しい自分をはじめる ” 意を決したる「 首途 」を祝って。

 

 

お問い合わせ
TEL:0288-25-7388
メール → KANKE GRAND 日光

 

 

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 12月支度時
「 自分のための 」
” 無事 ” とは・・・・・

 

 

趣意 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ 基本的考え方 : With NIKKO ウイズ日光

 

冒頭 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 9月創設号
” 大自然の命は待っている ”
~ 従来はそうでなかった日光での物事を始める ~

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

ウイズ日光 With NIKKO 12月支度時「 音楽教室 」

 

 

「 With NIKKO 」ウイズ日光

 

ー  音楽に包まれた「 健光・観光・日光 」ー

「 自分を整える 」自然体づくり
” リラクセーション( relaxation )” に伴う
〜 大自然からの提案 〜

 

 

 

 

” 大自然の風を聴き ”


~ 心を歌い音楽を奏でよう ~

 

 

12月支度時
「 自分のための 」
~ ” 調子( リズム )” とは・・・・・ ~

看々臘月尽にて無事是貴人、得てして外に求める心があるうちは無事ではなく、放てば手に満つる求心歇む処が無事として、探し求める心がおさまれば無事安泰。

幾度となく極まる年の瀬( 極月:ごくげつ )、あらかじめ見通しを立て見当づける支度時( したくどき )。
歳月不待人、時が経つのは惜しいが時の流れは人を待ってはくれない。
それなのに人は脇道に逸れて急かせかと、何かと事物( 物事 )を目当てに外を求めて憶測を加える。
今年も残り僅かであり、看々とよくよく見れば時間はみるみるうちに過ぎ去ってしまい、人生もあっという間に終わってしまう。
ついつい思い込みに惑わされて難しいことや面倒なことなどを後回しにしがちだが、外に求めてウロウロしたり感じただけでボンヤリと生きずに自らの光を外に照らし向けて自分と向き合ってみるがいい。

あくまでも自らの関わる個々の事物( 物事 )に即している具体的な「 自分のため 」の手立てと洞察力、そして自らの新たな経験と感覚を通して得られるスキルの付与のひとつとして自らのリズムとして流れである「 自分のための ” 調子 ” 」を自らに添え持つべきこと。
物事の一番もとになっている衝動的によって生じ起こる動き( 行為や活動と行動 )その秩序とそれに結びついて自然に生まれる拍子を含め、人それぞれによって( 又は様々な場面によって )相違がある ” 緩急 ” のリズムとその調子のよさ( 動いたり考えたりする具合や加減 )とその時と場の成り行きや状況であるのだけれども、自分の信念に基づいて妥協なく徹底して追求した「 自分のため 」を加味すれば、自分自身の様々な時と場におけるライフ&ワーク スタイルとしての作法を見出すことができ、自分( 人生 )の楽しく面白い( 味わい )が生まれてくる。
ややもすると形だけで実質を伴わなかったりしがちな基本のテンポ( 物事の進み具合や速さ )は、伸び縮み時間的な長さや速さに個性を発揮できずに自由を束縛されているのではなく、逆に「 自分を生きる自由の可能性 」が確保されている( 自分で規定していける )のであり、物事の進み具合 定型化された日常を変えた自らの新たな経験と感覚を通して得られる自分を待っている爽やかな境涯( きょうがい )をちゃんと出来上げることである。
どちらにしても常に自分の心をキャッチして「 ” 自分である ” ことの用意( 準備 )」が必要であり、つまりは自分次第なのである。

半ば周囲の環境や周りの人に流されつつ思い込みに惑わさる回り道で封じ込められた「 自分のための 」に活発さと躍動をもたらす。
自らの光を外に照らし向けて自分と向き合い、自分を生きる生き方( 人生 )を知って楽しむ自分らしくあること。

自分を生きる可能性はこんなものではないと、きっと自分らしさは想うはず。

自分らしさが想って、自分を生きる自由の可能性を ” 自分で規定 ” していく自由を自ら目がける。
「 ” 自分のため ” の手立てや洞察力と自らの新たな経験と感覚を通して得られるスキルの付与 」を通して得られる自分( 人生 )の楽しく面白い( 味わい )。
自らの ” 調子( リズム )” を知る新しい自分の心延え( こころばえ )「 自分である 」ことの自分らしさへの近道。
自分の楽しい面白いは自分次第であり、お楽しみはこれからだ。

 

 

お問い合わせ
TEL:0288-25-7388
メール → KANKE GRAND 日光

 

 

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 12月支度時
「 自分のための 」
” 無事 ” とは・・・・・

 

 

趣意 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ 基本的考え方 : With NIKKO ウイズ日光

 

冒頭 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 9月創設号
” 大自然の命は待っている ”
~ 従来はそうでなかった日光での物事を始める ~

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

ウイズ日光 With NIKKO 12月支度時「 創作工房 」

 

 

「 With NIKKO 」ウイズ日光

 

ー  音楽に包まれた「 健光・観光・日光 」ー

「 自分を整える 」自然体づくり
” リラクセーション( relaxation )” に伴う
〜 大自然からの提案 〜

 

 

 

 

” 大自然の光を感じ ”


~ 着想を得て生面を拓こう ~

 

 

12月支度時
「 自分のための 」
~ ” 表現( ディピクト )” とは・・・・・ ~

看々臘月尽にて無事是貴人、得てして外に求める心があるうちは無事ではなく、放てば手に満つる求心歇む処が無事として、探し求める心がおさまれば無事安泰。

幾度となく極まる年の瀬( 極月:ごくげつ )、あらかじめ見通しを立て見当づける支度時( したくどき )。
歳月不待人、時が経つのは惜しいが時の流れは人を待ってはくれない。
それなのに人は脇道に逸れて急かせかと、何かと事物( 物事 )を目当てに外を求めて憶測を加える。
今年も残り僅かであり、看々とよくよく見れば時間はみるみるうちに過ぎ去ってしまい、人生もあっという間に終わってしまう。
ついつい思い込みに惑わされて難しいことや面倒なことなどを後回しにしがちだが、外に求めてウロウロしたり感じただけでボンヤリと生きずに自らの光を外に照らし向けて自分と向き合ってみるがいい。

あくまでも自らの関わる個々の事物( 物事 )に即している具体的な「 自分のため 」の手立てと洞察力、そして自らの新たな経験と感覚を通して得られるスキルの付与のひとつとして自らの内面的なものの客観化という描写である「 自分のための ” 表現 ” 」を自らに添え持つべきこと。
内面的や精神的(又は心理的)と主体的( 又は主観的 )な考え方や意志と心の動き( 気持ちや感情 )などを外面的且つ客観的な形あるものとして自らを的確に外へ表し描き写し出し、外面的・感性的に捉えられる形式によって伝達できるようにする。
ややもすると形だけで実質を伴わなかったりしがちな基本のスタイル( 一定の手法や形式的なやり方 )は、そのフォーマットに形式・書式や体裁など整えられるだけで個性を発揮できずに自由を束縛されているのではなく、逆に「 自分を生きる自由の可能性 」が確保されている( 自分で規定していける )。
当たり前のように似たり寄ったりの表情・身振り・態度などでの振る舞いや言語・標示・創作造形物などでの伝達を個性的に( 自分なりに )工夫した自らの新たな経験と感覚を通して得られる自分を待っている爽やかな境涯( きょうがい )をちゃんと出来上げることである。
どちらにしても常に自分の心をキャッチして「 ” 自分である ” ことの用意( 準備 )」が必要であり、つまりは自分次第なのである。

半ば周囲の環境や周りの人に流されつつ思い込みに惑わされる回り道で封じ込められた「 自分のための 」に活発さと躍動をもたらす。
自らの光を外に照らし向けて自分と向き合い、自分を生きる生き方( 人生 )を知って楽しむ自分らしくあること。

自分を生きる可能性はこんなものではないと、きっと自分らしさは想うはず。
自分らしさが想って、自分を生きる自由の可能性を ” 自分で規定 ” していく自由を自ら目がける。
「 ” 自分のため ” の手立てや洞察力と自らの新たな経験と感覚を通して得られるスキルの付与 」を通して得られる自分( 人生 )の楽しく面白い( 味わい )。
自らの ” 表現( ディピクト )” を知る新しい自分の心延え( こころばえ )「 自分である 」ことの自分らしさへの近道。
自分の楽しい面白いは自分次第であり、お楽しみはこれからだ。
 

 

お問い合わせ
TEL:0288-25-7388
メール → KANKE GRAND 日光

 

 

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 12月支度時
「 自分のための 」
” 無事 ” とは・・・・・

 

 

趣意 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ 基本的考え方 : With NIKKO ウイズ日光

 

冒頭 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 9月創設号
” 大自然の命は待っている ”
~ 従来はそうでなかった日光での物事を始める ~

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

ウイズ日光 With NIKKO 11月収穫時「 音楽教室 」

 

 

「 With NIKKO 」ウイズ日光

 

ー  音楽に包まれた「 健光・観光・日光 」ー

「 自分を整える 」自然体づくり
” リラクセーション( relaxation )” に伴う
〜 大自然からの提案 〜

 

 

 

 

” 大自然の風を聴き ”


~ 心を歌い音楽を奏でよう ~

 

 

11月収穫時《 PART – II 》
「 秋の思いに心を込めて・・・・・ 」
~ 秋上げの祝い ” 望みの歌 ” ~

経霜楓葉紅にて紅葉山川満、目一杯の錦秋にいっそう鮮やに映えるのは、骨に徹するほどの様々な労苦を経験し耐え凌ぎ初めて成し遂げる強さ。

実を結ぶ稔りの秋、穫り入れ時( どき )。
皆誰もが密かにそうなってほしいと思って期待する ” 望み ” やそのように ” 望むことができる ” ということも自らの収穫のひとつであり、ー 自分を生きる自由の可能性の機会( チャンス )として巡り合ったもの( 収穫 )を価値ある自らの成果( 実り )に変えられる ー かどうかは、人それぞれの「 思惑 」にあって自分次第なのである。
体や心が張り詰めた状態よりも身体や精神の緊張が緩んで心身ともにゆったりとリラックスしていなければ、人は意識や考え方と取り組み方などに冷静さを欠くことにもなる。

人は一生懸命になればなるぼど興奮状態に近づき、強い願望を超えた望みは烈しく昂まった息を吸い込むだけの情熱( 熱情 )で野心的な志望や大望( aspiration:アッスパレイシャン )のような帯気になってしまうだろう。
それは逆に気疲れや気苦労である心労や心痛のタネ( ストレス )となり、人の安定した状態にある落ち着きを取り乱したり、人は自分を生きる自由の可能性の機会を見逃したり、人の思惑( しわく:思い迷う修惑 )の煩悩を断ち切らせず、人の思惑( おもわく:あらかじめの考えや意図と見込み )の望みを失わせることにもなりかねない。

歌を唄えば、上手くやろうと欲を持ちすぎ、ああしよう・・・こうしよう・・・と息をつめ力を込めて気持ちが力み、張り詰める力が入りすぎて力が抜けないで過剰に息み息ばる。
逆に欲を持ってはいけないと考えるから自らを追い詰めることにもなるだろうし、淡白にやり過ごせば本来の力を入れるべきを素通りしてしまう。
「 息をする志( 熱望 )」である帯気、その息を流す強さ( 気の流れ )が多いか少ないか。
声に振動があって息の流れが強い( 強い息を流していう音 )有気音から激音まで、強い息を流していう( 息の流れが強い )有気からの激しさである切実に望む切望とは異なり、ー ” 心を集中 ” して熱心に望む熱望の「 熱唱 」は、人が ” 心を込めて ” という意味なのである。ー

収穫のひとつである ” 望み ” やそのように ” 望むことができる ” かは自らの意識の持ち方次第であり、人は意識を変えれば考え方は変わって取り組み方も変わり、ー 自分を生きる自由の可能性の機会( チャンス )として巡り合ったもの( 収穫 )を価値ある自らの成果( 実り )に変えられる ー 。
自分を生きる自由の可能性の機会に何事も如何に力まないで意識をコントロールするか、陥りがちの感情の昂りに対し、決して淡白でもない冷静さのマネージメントが必要であり、~ 情熱と冷静の間 ~ において自分の情熱( ” 自分である ” こと )を大事にしつつも冷静( スキル )を自ら身につけることでしかない。
歌を唄えば心が晴れる程度に、気張らずに望みを持てば、自分の ” 楽しく面白い ” がきっと見えてくるだろう。

半ば周囲の環境や周りの人に流されつつ思い込みに惑わされる回り道で封じ込められた自分の「 息をする志( 熱望 ) 」に活発さと躍動をもたらす。
自らの光を外に照らし向けて自分と向き合い、自分を生きる生き方( 人生 )を知って楽しむ自分らしくあること。

自分を生きる可能性はこんなものではないと、きっと自分らしさは想うはず。

自分らしさが想って、自分を生きる自由の可能性を ” 自分で規定 ” していく自由を自ら目がける。
「 ” 自分のため ” の手立てや洞察力と自らの新たな経験と感覚を通して得られるスキルの付与 」を重視した自分( 人生 )の楽しく面白い( 味わい )。
自らの ” 心を集中 心を込めて ” を知る新しい自分の心延え( こころばえ )「 自分である 」ことの自分らしさへの近道。
自分の楽しい面白いは自分次第であり、お楽しみはこれからだ。

 

 

お問い合わせ
TEL:0288-25-7388
メール → KANKE GRAND 日光

 

 

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 11月収穫時《PART-II》
「 心の組み換え 」
” チャンス ” とは・・・・・

 

 

趣意 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ 基本的考え方 : With NIKKO ウイズ日光

 

冒頭 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 9月創設号
” 大自然の命は待っている ”
~ 従来はそうでなかった日光での物事を始める ~

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

ウイズ日光 With NIKKO 10月収穫時「 音楽教室 」

 

 

「 With NIKKO 」ウイズ日光

 

ー  音楽に包まれた「 健光・観光・日光 」ー

「 自分を整える 」自然体づくり
” リラクセーション( relaxation )” に伴う
〜 大自然からの提案 〜

 

 

 

 

” 大自然の風を聴き ”


~ 心を歌い音楽を奏でよう ~

 

 

10月収穫時《 PART – I 》
「 秋風に心を知る・・・ 」
~ 秋声( しゅうせい )” 祭りの歌 ” ~

風光日々新にて一粒万々倍、人々の丹精によって増えに増えた ” 種( たね )” は、日々の新しい変化がある中で今日に至っている。

実を結ぶ稔りの秋、穫り入れ時( どき )。
大自然の力と働きを受け、大気が澄みわたる秋の大自然の中でコミュニティの全き収穫の祭として楽しく祝う歌。
つのる秋に向かう大自然の空の色や気候の移り変わりに木々が紅葉し始める秋晴れの心地良さの中で、生きているという素晴らしい実感。
秋風を感じさせる気配に心を知ることができる。
心に生まれる喜びに苦労や達成感を感じて「 心の表現 」を交わし、互いにうちとけて楽しむという音楽で心を歌い奏でることにより、生きることの中で真っ平で平坦なものが移り変わる起伏のある立体的へと ” 心の弾み ” が顕になる月。

” 自分の楽しく面白い ” という何かに洗練されたセンシビリティの感度、何でも誰でも「 歌ってみたい、聴いてもらいたい 」と思う気持ちから始めてみよう。
「 何かをしようとする、また何かをしたい 」と思う気力あふれるほど盛んな心や意識と生命の動きは気であり、感情と直感の中心にある。

~ 手触りのように耳触りな音楽の耳当たり ~ 、その洗練された感度は与え与えられた刺激と応答の関係にある。
刺激を心に深く受けとめ深い反応を呼び起こす能力としてプラスにもマイナスにも働く受動的な能力の感受性と、外からの刺激を直観的( 感覚的 )にイメージをつかみ感じとり受けとめる能力( 受動的 )とそのセンスが外に発揮される感性。
人は脳だけが能力ではなく、心も能力のひとつなのである。

「 自分への配慮 」は心を開くことも大切だが、 ~ 自ら心身の活動となる ” 元気 ” な心を育てる ~ ことによって ~ 感覚の活動を活性化させる ~ ことだ。
それは物事に出会す( でくわす )ことで何かしらと接する切っ掛けにより ” 気づき ” 、そうしたいと思う心の働きにより自ら進んで何かをしようと望む意欲的な ” 元気 ” =「 ときめく 」ことであり、まさに気力みなぎる横溢( 汪溢 )な ” 自らの豊穣 ” なのである。

半ば周囲の環境や周りの人に流されつつ思い込みに惑わされる回り道で封じ込められた自分の「 心の表現 」に活発さと躍動をもたらす。
自らの光を外に照らし向けて自分と向き合い、自分を生きる生き方( 人生 )を知って楽しむ自分らしくあること。

自分を生きる可能性はこんなものではないと、きっと自分らしさは想うはず。

自分らしさが想って、自分を生きる自由の可能性を ” 自分で規定 ” していく自由を自ら目がける。
「 ” 自分のため ” の手立てや洞察力と自らの新たな経験と感覚を通して得られるスキルの付与 」を重視した自分( 人生 )の楽しく面白い( 味わい )。
自らの ” 心の弾み ” を知る新しい自分の心延え( こころばえ )「 自分である 」ことの自分らしさへの近道。
自分の楽しい面白いは自分次第であり、お楽しみはこれからだ。

 

 

お問い合わせ
TEL:0288-25-7388
メール → KANKE GRAND 日光

 

 

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 10月収穫時《PART-I》
” 自分への配慮 ”
~「 ときめく 」こと ~

 

 

趣意 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ 基本的考え方 : With NIKKO ウイズ日光

 

冒頭 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 9月創設号
” 大自然の命は待っている ”
~ 従来はそうでなかった日光での物事を始める ~

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.

ウイズ日光 With NIKKO 9月創設号「 音楽教室 」

 

 

「 With NIKKO 」ウイズ日光

 

ー  音楽に包まれた「 健光・観光・日光 」ー

「 自分を整える 」自然体づくり
” リラクセーション( relaxation )” に伴う
〜 大自然からの提案 〜

 

 

 

 

” 大自然の風を聴き ”


~ 心を歌い音楽を奏でよう ~

 

 

「 自分のフィルター 」

明歴々露堂々にて明月清風、隠すところなど少しもなく、明らかにはっきりと顕れる大自然を友にした自在な在り方。

生きているという実感はどこにあるか。
現実的に目の前に起こる物事に対応・対処していく生活は当たり前のこと。
しかしそれだけではAIと何も変わらない。
様々な出来事を受け、咀嚼した心は一人一人のフィルターを通して表現される。
そして心に生まれる喜びや悲しみ、苦労や達成感を感じ、それを私たちは表現できるのである。
個々のフィルターを通すことにより十人十色、同じ曲を奏でても十人十色となる。
音楽というものは楽譜にある時には平坦なものであるが、奏でることにより立体化される。
立体化させることにより音楽も生きるわけである。
そう、音楽には皆誰も一人ひとりの「 自分のフィルター 」が必要である。
そのように私たちに大切な心の表現をさせてくれるものであって音楽は心の表現となる。

「 自分のフィルター 」は時と場合としては自己流と言われたり自分のルールと言われたりもして、良い事を言われないこともある。
しかし、「 自分のフィルター 」というものは音楽にとって素晴らしいものなのである。
自分を探す自らのアクティビティ活動( 或いは自らの話しや語り合い )をする時、自分でも思いがけなく浮かぶ曲や口ずさむ曲があると思う。
何故その曲が出てきた( 選曲された )のかを考え直すと、自分の ” 心 ” を自分自身が知ることが出来るのだと思われる。

コミュニケーションをとる文化が日常化してくる日常生活の中に自分の楽しい面白いを取り入れながら心身の活性化につなげるための活動全般を目指すといった皆誰もがお互いにこのような気持ちで新たに ~ 従来はそうでなかった日光での物事を始める ~

” 街・人・仕事 ” であっても「 不易流行 」として、いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも新しく変化を重ねているものをも取り入れていくことであり、その中で同じ自分でいれば人は必ず退屈で倦むに決まっている。
人は何処までいってもその人で只管その道一筋であっても ” 人は変わってゆく ” ものであり、自分が変われば同じ物事が違って見えてくる。
人が変わると当然見なされるなら人に同じ気見合いなどはなく、全てのその時その時は違う時であって大自然というものもその都度変化して違う。
人間自体も大自然の一部、自分を自分でコントロールする人と置き換えても同じである大自然という全てが抽象的であっても暈けることはない。
生活や文化にも深い関わりを持つ自然、たとえ見ているだけでも森羅万象に命あふれる大自然から教わることはできるので、そうしているうちに「 自分である 」ことの状態という何かが分かってしまう。

” 自分に生きる生き方 ” として現実の状況に依存している限り存在する ” 状況的な自分 ” とそれでは成り得ない ” 本当の自分 ” に定まり得ない自分であるよりも「 自分である 」ことの状態を見出し ” 自分を生きる生き方 ” を手に入れよう。
自分の楽しい面白いを見つけ一人ひとり目的やゴールを明確にして使い分ける環境の中で、満足度向上や目的達成に繋げるために、気軽にそれぞれ自分の実りある収穫への道を探ってみよう。
ようこそ! 自らも楽しみ人々にも多くの喜び与える「 With NIKKO 」ウイズ日光へ!!
” 大自然の命は待っている ”

半ば周囲の環境や周りの人に流されつつ思い込みに惑わされ、回り道で封じ込められた自分の満たされた「 自分のフィルター 」に活発さと躍動をもたらす。
自らの光を外に照らし向けて自分と向き合い、自分を生きる生き方( 人生 )を知って楽しむ自分らしくあること。
自分を生きる可能性はこんなものではないと、きっと自分らしさは想うはず。
自分らしさが想って、自分を生きる自由の可能性を ” 自分で規定 ” していく自由を自ら目がける。
「 ” 自分のため ” の手立てや洞察力と自らの新たな経験と感覚を通して得られるスキルの付与 」を重視した自分( 人生 )の楽しく面白い( 味わい )。
自らの ” 心 ” を知る新しい自分の心延え( こころばえ )「 自分である 」ことの自分らしさへの近道。
自分の楽しい面白いは自分次第であり、お楽しみはこれからだ。

 

 

趣意 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ 基本的考え方 : With NIKKO ウイズ日光

 

冒頭 : プロジェクト ” With NIKKO ” ウイズ日光

「 KANKE GRAND 日光 」
→ ウイズ日光 With NIKKO 9月創設号
” 大自然の命は待っている ”
~ 従来はそうでなかった日光での物事を始める ~

 

 

→ 音楽教室 | 森の茶屋・菅家亭 | 創作工房

→ KANKE GRAND 日光

→ NATSUKO KANKE

→ OFFICE KANKE HISTORY

 

 

Photo / Copyright(C)OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Image Credit With Copyright.