ESQUISSE : 110 ~ 119」カテゴリーアーカイブ

113 : 謎は遠く語らない種明かし

 

 

- 更新 It is an update on January 1, 2020. -

……………………………………………………………………………………………………………………

■ CAUTION : ご注意 |  当方のURL検索において表示される他不正サイトについて
OFFICE KANKE / ARTWORK : Weblog pen of the falcon
→ http://office-kanke.com/blog/061-:-刹那と変化を望刻に結びつつ-24657.html

……………………………………………………………………………………………………………………

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2020 )

 

 

 

 

「 眼の光 」( 春の門番 )
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

ESQUISSE : 113 「 謎は遠く語らない種明かし 」

 

 

早春の風

 

けふ一日また 金の風
大きい風には 銀の鈴
けふ一日また 金の風

女王の冠さながらに
卓の前には 腰を掛け
かびろき窓に むかひます

外吹く風は 金の風
大きい風には 銀の鈴
けふ一日また 金の風

枯草の音の かなしくて
煙は空に 身をすさび
日影たのしく 身を嫋ぶ

鳶色の土 かをるれば
物干竿は 空に往き
登る坂道 なごめども

青き女の顎かと
岡に梢の とげとげし
今日一日また 金の風

 

” 早春の風 ” ( 1922年 / 1935年 ) 『 在りしの歌( 1937年 / 1938年 )』より 
中 原 中 也
FEBIAN REZA PANE

 

 

 

 

早春散歩

 

空は晴れてても 建物には蔭があるよ
春 早春は心なびかせ、
それが まるで薄絹ででもあるやうに
ハンケチででもあるやうに
我等の心を 引千切り
きれぎれにして 風に散らせる

私はもう まるで過去がなかつたかのやうに
少くとも通つてゐる人達の 手前さうであるかの如くに感じ
風の中を吹き過ぎる
異国人のやうな眼眸をして
確固たるものの如く
また隙間風にも 消え去るものの如く

さうして この淋しい心を抱いて
今年もまた 春を迎へるものであることを
ゆるやかにも 茲に春は立返つたのであることを
土の上の日射しをみながら つめたい風に吹かれながら
土手の上を歩きながら 遠くの空を見やりながら
僕は思ふ 思ふことにも慣れきつて 僕は思ふ

 

” 早春散歩 “ 草稿詩篇( 1933年 – 1936年 )より 
中 原 中 也

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

112 : 間近に遠く時揺らぎ

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2019 )

 

 

 

 

「 盗まれた絵 」( 在りし日の歌 )
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

ESQUISSE : 112 「 間近に遠く時揺らぎ 」

 

 

無題

 

幾時代かが ありまして
茶色い戦争 ありました
幾時代かが ありまして
冬は 疾風吹きました
幾時代かが ありまして
今夜 此処での 一と殷盛り
今夜 此処での 一と殷盛り
サーカス小屋は 高い梁
そこに 一つの ブランコだ
見えるともない ブランコだ
頭倒さに 手を垂れて
汚れ木綿の屋蓋のもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
それの近くの 白い灯が
安値いリボンと息を吐き
観客様は みな鰯
咽喉が鳴ります 牡蠣殻と
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
屋外は 真ッ闇 闇の闇
夜は 劫々と更けまする
落下傘奴のノスタルジアと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

 

無題 ( サーカス / 1932年 ) 『 山羊の歌( 1932年 / 1934年 )』より 
中 原 中 也

 

 

 

 

汚れっちまった悲しみに

 

汚れつちまつた悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れつちまつた悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる
 
汚れつちまつた悲しみは
たとへば狐の革裘
汚れつちまつた悲しみは
小雪のかかつてちぢこまる
 
汚れつちまつた悲しみは
なにのぞむなくねがふなく
汚れつちまつた悲しみは
倦怠のうちに死を夢む
 
汚れつちまつた悲しみに
いたいたしくも怖気づき
汚れつちまつた悲しみに
なすところもなく日は暮れる ……

 

汚れっちまった悲しみに 『 山羊の歌 ( 1932年 / 1934年)』より 
中 原 中 也

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

111 : 美わしき魂

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2019 )

 

 

 

 

「 大地の古い掟 」( 人から離れた合図 )
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

Anniversaire

 

Le poète dort;
L’oiseau chante;
Mais près du poète endormi,
La voix de l’oiseau,plus touchante
Garde quelque chose d’ami
Le poète est mort:
La fleur brille;
Mais,près du poète
La fleur dans la goutte d’eau qui scintille,
Garde quelques chose d’un pleur.
Le poète attend: l’aube veille,
Qui,du ciel penchant les sommets,
Lui porte de sa main vermeille
Le laurier qui ne meurt jamais!

 

Anniversaire, Paul-Armand Silvestre
Jules-Emile-Frederic Massenet

 

 

アニヴァーサリー

 

詩人は 眠る
鳥が歌う
眠っている詩人の近くでは
鳥の声は 一層感傷的だ
何か親しげな響きを帯びて
詩人は 死んでいる :
花が輝いている
だが 詩人の近くでは
その花が一滴の水をきらめかす
一粒の涙をこらえているよう
詩人は 待っている : 夜明けの目覚めを
それは 空から山々の頂にさしかかる
彼は 手にしている そのバラ色の手に
月桂樹を 決して枯れることのない

 

 

… Was bleibt aber, stiften die Dichter ……

 

Hölderlins letzte Hymne Mnemosyne

 

 

…… しかし留まるものを詩人らは建立(樹立)する ……

 

 

 

 

ESQUISSE : 111 「 美わしき魂 」( 時に訪れる精神の晴れ間に )

 

 

Der Herbst( Turmgedichte )

 

Das Glänzen der Natur ist höheres Erscheinen,
Wo sich der Tag mit vielen Freuden endet,
Es ist das Jahr, das sich mit Pracht vollendet,

Wo Früchte sich mit frohem Glanz vereinen.
Das Erdenrund ist so geschmückt, und selten lärmet
Der Schall durchs offne Feld, die Sonne wärmet

Den Tag des Herbstes mild, die Felder stehen
Als eine Aussicht weit, die Lüfte wehen
Die Zweig’ und Äste durch mit frohem Rauschen,

Wenn schon mit Leere sich die Felder dann vertauschen,
Der ganze Sinn des hellen Bildes lebet
Als wie ein Bild, das goldne Pracht umschwebet.

 

Die Sagen, die der Erde sich entfernen, 
Vom Geiste, der gewesen ist und wiederkehret, 
Sie kehren zu der Menschheit sich, und vieles lernen
Wir aus der Zeit, die eilends sich verzehret. 
 
Die Bilder der Vergangenheit sind nicht verlassen
Von der Natur, als wie die Tag verblassen
Im hohen Sommer, kehrt der Herbst zur Erde neiget,    
Der Geist der Schauer findet sich am Himmel wieder. 
 
In kurzer Zeit hat vieles sich geendet,
Der Landmann, der am Pfluge sich gezeigt, 
Er sieht, wie das Jahr sich frohem Ende neiget, 
In solchen Bildern ist des Menschen Tag vollendet. 
 
Der Erde Rund mit Felsen ausgezieret, 
Ist wie die Wolke nicht, die abends sich verliert, 
Es zeiget sich mit einem goldnen Tage, 
Und die Vollkommenheit ist ohne Klage. 

 

Hölderlin, der Herbst( Turmgedichte )

 

 

秋( 塔の詩 )

 

かつて存在し 再び戻り来る霊についての
言い伝えは 大地を離れていた
その言い伝えが人の世に帰ってくる そして多くのことを
私たちは慌ただしく消えていく時から学ぶ。
 
過去に目にしたものは自然から
消え去ることはない 日々が高い夏に
色褪せれば 秋は大地に降り返り
雨の霊は再び天に在る。
 
短い間に多くのことが終わった
鋤と立つ農夫
彼は年がどのように喜びの終わりへ傾くかを見る
この光景で人の日は結実している。
 
岩で飾られた大地の円は
日暮れに消えていく雲のようではない
大地の円は金の日々とともに現れる
そして完全性は嘆きとは無縁だ。

かつて存在し また再び戻りくる魂 立ち帰ってくる生気についての
言い伝えは 大地を離れ 去っていた
その言い伝えは 人の世に帰ってくる そして多くのことを
我々は 急速に去ってゆく季節 慌ただしく消えていく時から学ぶ

過去に目にした 多くの諸々の形姿は から
棄てられはしない 消え去ることはない 陽が高い夏の盛りに
日々が色褪あせても 秋は大地にくだって降り返り
畏懼を呼びおこす雨の霊は再び天にあり その霊気は空に生まれる

またたくまの短い間に 多くのことが終わった
犂を駆って野に勤しみ 鋤と立つ農夫は見る
年がどのように喜びの終わりへ向って傾くかを
この光景のこのような形姿のうちに 人の日は 結実にて完成となる

巌をかざりとして広がる大地の円は
夕暮れに消え失せてゆく雲のようではない
その大地の円は 金色の日々とともに現われる
そして この完全性は嘆きの声とは無縁だ

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/

 

 

 

 

 

 

 

 

110 : 架空の野心

 

 

SERIES ≫  縮限に対自する漸近線 / 無限遠点における挙動の含意 ” 深遠な問 ” ( 2019 )

 

 

 

 

「 片目の月輪仮面(がちりん) 」月読み(つくよみ)
OFFICE KANKE / GK.

 

 

 

 

ESQUISSE : 110 「 架空の野心 」

 

 

Vozrozhdenie Op.46-1

 

Khudozhnik-varvar kist’ju sonnoj
Kartinu genija chernit
I svoj risunok bezzakonnyj
Nad nej bessmyslenno chertit.

No kraski chuzhdye s letami
Spadajut vetkhoj cheshuej;
Sozdan’e genija pred nami
Vykhodit s prezhnej krasotoj.

Tak ischezajut zabluzhden’ja
S izmuchennoj dushi moej,
I voznikajut v nej viden’ja
Pervonachal’nykh,chistykh dnej.

 

Vozrozhdenie Op.46-1 Chetyre romansa na slova A. Pushkina
Dimitry Shostakovich
Aleksandr Sergeyevich Pushkin

 

 

復活 / プーシキンの詩による4つのロマンス

 

野蛮人の絵描まがいは 露骨に手筆を動かし
天才の描いた絵づらを塗りったくり
自分勝手なつらして 度外れな模様を その上に
どうにかしよと いかがわしく みだらに描いている

だが 異質の絵の具は 年月が経って
古びた化けの皮ように 剥がれ落ち
そして 天才の創造物は われわれの前に
かつての美しさを取り戻す

このようにして 陳腐な誤解は消え去るのだ
私の魂を苦しめた 古臭い誤解は
そして 私に見せてくれるのだ
原初の 真新しき真実の日々を

 

 

 

 

Drawing ; Copyright (C) OFFICE KANKE. All Rights Reserved.
Integral Part Art ; Image Credit With Copyright.
Text ; Image Credit With Copyright.

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ /GK.

 

 

 

 

Official Website : TOTAL DESIGN / OFFICE KANKE
→ http://www.office-kanke.com
Weblog : pen of the hawk / ESQUISSE – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/workblog
Weblog : pen of the falcon / ARTWORK – OFFICE KANKE/GK.
→ http://www.office-kanke.com/blog/

Official Website : Mezzo Soprano / NATSUKO KANKE
→ http://www.natsuko-kanke.com
Weblog : pen of the eagle owl / MUSIC ACTIVITIES – NATSUKO KANKE
→ http://natsuko-kanke.com/blog/